パソコンとの戯れ

1977年秋、LKIT-16を所有して以来、パソコンとの戯れ(LKIT-16は、マイコンと言うべきかな)が続いている。当時,マイコンという言葉に始めて触れて,猛烈に欲しくなり,アルバイトの金を全額はたいて買った記憶がある。NECのTK-80が一番人気だったが,唯一の16bit機であるLKIT-16に惚れて購入した。

通勤で利用している銀座線末広町駅からは秋葉原電気街も近く,所有パソコンのサポート面でもなにかと便利。現在は、埼京線浮間舟渡駅を利用しているので、不便になったが、大宮駅前のソフマップは品揃えも豊富なので助かります。などと言っているうちに、今度は、東京駅を利用するようになった。

 
No. 機種名 購入時期 現状 ワンポイント
01 PANAFACOM LKIT-16 1977年10月 △(動くか?) マイコンキット〜拡張の道
02 SHARP X1 1983年 売却 パソコンテレビ
03 SHARP X1-turbo 1986年以降? 売却 ターボが流行り
04 EPSON PC-286** 1988年あたり? 売却 互換機の走り
05 NEC PC-9801DA* 1991年以降? 売却 パソコンと言えばNEC
06 NEC PC-9801NS/L 1992年以降? 売却 モバイルノートの走り
07 GATEWAY P5-90 1994年7月 売却 DOS/Vマシン直輸入
08 HP 200LX 1994年頃 ○(完動→お蔵入り) PDAの秀逸品
09 GATEWAY P5-133XL 1995年6月 2011年8月:廃棄 最新マシンを直輸入
10 Panasonic Let's note AL-N2 1997年7月 △(稀に動作?) レッツラーの仲間入り

11代目の後継機選び・・2000年2月 ★番外編(自分のじゃないけど)

11 Panasonic Let's note CF-B5V 2000年7月8日 △(お役御免) レッツラー道まっしぐら
12 Sigmarion 2001年3月3日 売却 軟弱CEに浮気
13 hp pavilion 2000/566 2001年3月29日 2011年8月:廃棄 安いよね
14 SigmarionU 2001年10月30日 CEにちょっと本気
15 Panasonic Let's note CF-R1 2002年5月18日 レッツノート三代目
16 DELL  2004年3月7日  
17 Panasonic Let's note CF-R3 2004年11月25日 レッツノート四代目
18 DELL 2007年5月 ◎娘用  
19 Panasonic Let's note CF-R7 2009年4月4日 △私用 レッツノート五代目
20 Panasonic Let's note CF-R7 2009年4月4日 ◎息子用
21 ASUS Eee PC 1001PXD-WHITE 2011年5月 ◎愛妻用
22 Panasonic Let's note CF-SX1 2012年4月19日発注 ◎私用 レッツノート六代目

@PANAFACOM LKIT-16・・1977年10月

マイコン”なるものが入手可能となる。当時、最も有名なものは、NECのTK-80であった。国産では、他 に、東芝、日立、パナファコムの製品があったと記憶している。当時のCPUは8ビットだったが,パナファコムだけは16ビットだったので選定したと記憶している。製品といっても、キットの状態で、はんだ付けは全て自分で行うというものだ。キーは48個くらいあるのだが,1個1個はめ込んで、裏の配線も自分でやるというものだ。LSIは静電気に弱いと脅かされ、下宿先の調理場のステンレス台の上で、手に銅線巻いて水道管に接続しアースを取りながら、はんだ付けした記憶がある。最も、大事なCPUをソケットに挿入する時は、細心の注意で作業したが、足がうまく入らず、押した瞬間に全ての足がぐにゃりと曲がってしまった。ラジオペンチで足を戻しながら、壊れたかなと思ったが、幸いに大丈夫であった。プラグラムは,アセンブラ言語で行った。表示部分は、8桁LEDのみである。メモリも数KBしかなかった。しかし、これだけで結構遊べた。翌年には、BASIC言語を搭載したROM、カラーTV接続ボード、フルキーボードの接続ができるようになり、BASIC言語とアセンブラ言語で、オセロゲームや**を付くって遊んでいた。年末に,実家に行き,ガラクタの入ったダンボール箱を見ていたら,Lkit-16の残骸を発見した。当時のマニュアルや自分で作った,フローチャートやソースコードが見つかり,一人悦にいっている。下記写真は,翌年にBASICなども使えるようにシステムアップされた後の姿であり,TVモニターも接続されている。脇に少し見えるラジカセは,プログラムの保存&ロード用に使っていた。下段の写真は,外部記憶装置として接続しようとしていた,電電公社(現NTT)払い下げの8インチFDD装置だ。メモリ容量が,数KB単位だった当時,320KBの容量は画期的だった。しかし、最後まで動作せず、涙を飲む(笑)。

78年,CRTとフルキーボードが付いた ぐちょぐちょの配線
外部記憶装置としてつけようしていた8インチFDD はんだ付けして作った接続用インターフェース基盤

A1983年**月:X1(SHARP製)・・個人の方に売却

社会人となり、パソコンを購入。パソコンテレビというもので、テレビも見ることができた。よく、ナイター中継を見ながら、オーバーレイ表示でプログラムを書いていた。こいつがすごいのは、カセットの能力だ。当時、2400ボー(2700かも?)というスピードで読み書きができた上に、BASICからランダムアクセスメディアとして使用できた。

B198*年:X1-turbo(SHARP製)・・個人の方に売却

5インチフロッピーが使えるようになった。グラフィック性能も向上。当時のLIFEBOAT社(現SOFTBOAT社)から出ていたCインタプリンタを入手して,C言語で遊んだ。しかし,このCはかなり制約の多いもので,プログラミングをするには物足りなかった。

CPC286**(EPSON)・・売却

主流は、PC-98ということで、SHARP路線からの独立を考える。本家NECにしないで、互換機EPSONを選択するところが、自分らしい。CPUは、80286(16bit)。この後、SONYのワープロを購入した。目的は不明。年賀状用だったのか?保存メディアは、2.5"という特殊FD?で、データ交換用に、PCにドライブを購入して接続した記憶がある。この機種で始めて,BASICにしてもアセンブラにしてもC言語にしても,まともに使えたという記憶がある。

DPC-9801DA(NEC)・・売却

5代目にして遂にNECの国民機を購入した。初代でTK-80にしなかったことが、ここまで国民機の購入を遅らせた原因のような気がする。CPUは、80386(32bit)。PC286も嫌いではなかったが,遂に16bitCPUの性能の限界が見え始めたことと,当時のアプリケーションが互換機ですぐ動作しない(EPSONが対応に追われていたと記憶)ことで,互換機の限界を感じ,本家本元に。やはり,国民機は環境的に恵まれていた。プログラミングも全盛の時であった。

EPC-9801 NOTE NS/L(NEC)・・個人の方に売却

同じく、国民機のノート。薄くて軽くて重宝だった。専ら,会社で使っていたが,週末は自宅に持ちかえっていた。モバイルが可能な機種だった。自宅で、TVの脇に置いておいて躓きがてら、蹴飛ばして、底面に凹みと亀裂が入ってしまい,がっかりした記憶がある。幸いに壊れなかった。確か、2kg程度の重量で薄かったと記憶している。業務用ということで,当時は,dbSOFTのP1EXEを愛用していた。軽快に動作し,文章と図形が簡単に書ける点が好きだった。PC/AT互換機やWindowsが全盛となるまで,しばし重宝した。

FGATEWAY P5-90・・個人の方に売却

IBM互換機が盛んに取り上げられ、欲しくてたまらなくなる。NIFTYでGATEWAY2000の直輸入の話題に触れ、購入を決意。この牛柄の箱が届いた時は、うれしかったな・・。IntelのPentiumバグ騒ぎもあり、日本のIntelに交渉して交換CPUを送ってもらった記憶がある。購入後に、HDDを1個追加した。おまけのCD-ROMも付いてきて結構楽しかったのだが,アプリケーションが全て英語版だったことで,余り使えなかった。そこで,MSのOffice4.3,WindowsNT WS,MS accessなどを購入。

 

 

G200LX(HP製)

パームトップタイプ。重量は、300g台だけど、立派なDOSマシン。単3アルカリ電池2本で、1ヶ月以上使える点がとても気に入っている。電車の中で、立ちながら、文字打ちできる。PIMソフトの出来が秀逸だ。Iのlet's noteとも,赤外線通信ポートを使用して,データの送受信ができる。E-Mailの環境作りにもチャレンジしたが,アプリケーションを入れるためのMemory容量不足とモデムカードの消費電力の多さから,モバイルでの使用は無理と判断して断念した。まあ,今はIのノートを常時持ち歩いているので,不要になったとも言える。メモリ+モデムの一体カードで消費電力が少ないものがあれば使えると思うのだが・・。

H1995年6月:GATEWAY P5-133XL・・愛用

HDDの容量不足、CPUの性能不足、メモリの容量不足のグレードアップ費用を考えるうちに、下取り出して新台購入が良いと判断。発注しようと思っていた矢先、米国で133MHz機の発表があり、発注。Pentium133MHz、32MBメモリ、1GB-HDD、Ethernetカード含む。発注後、急速に円安基調となり、80円台から一挙に100円台に。幸いに、決済レートは85円であり、円高メリットを享受できた。この年の9月より日本法人ができることになり、直輸入はできなくなった。現在、メモリとHDDが増設され、64MBメモリ、1GB+4GB-HDD構成となっている。Windows98とLinuxのデュアルブート対応である。

P5-133XLの銘板が無い! 最近は剥き出しになっている 下段のHDD(C:)は、時々たたかないと起動しない

初代は、デスクトップ型であったが、2代目は、ようやく憧れのタワーケースだ。しかし、何故か、P5-133XLの銘板が無い。何度もクレームを入れたが、ついぞ、とりあってもらえず(FAXでのやり取りだったので、意図が通じなかったのかもしれない)少し、心の傷となった。その後、モデル名のシールが付いたGATEWAY本が発売され,購入した。このシールで,なんとか我が愛機も外から見ても,P5-133XLと判るようになった。少し気分を良くしている。C:ドライブになっている1GB-HDDは、数日以上、電源が入らないと起動しなくなってしまう。ドライバなどで適度な刺激を与えると起動するようになる。たたくために、剥き出しになっている。HDDをたたいて起動するなんで、まともじゃないけれど。

I1997年7月:Let's note AL-N2(Panasonic製)

新幹線通勤時間の有効活用という名目でノートPCを購入した。MN128-SOHOで家庭内LANが構築されている。移動先でも、PHS32Kbpsで、NIFTYやInternetが使用できるので、とりあえず満足だ。Pentium MMX 150MHz仕様、32MBメモリ、1.6GB-HDD、800x600 TFT液晶。周辺機器では、PD/CDドライブ。プリンタは、CanonのBJC-400Jが新製品だった頃購入し、現在も使用中。デジカメ画像の印字用にPhotoプリント品質のプリンタも欲しいが,当分無理だろう。それにしても,計算してみると,のノートは年間9万kmを移動していることになる。会社・出張時を 問わず,このノートは常時持ち歩いている。ドアツードアの往復で376km,年間240日会社に行くと約9万kmだ。10年持つかどうかは不明だが,持ったら90万kmだ。凄いかもしれない。

※番外編(自分のじゃないけど)

CASSIOPEIA E551998年12月30日,K君が昨日購入したという,CASSIOPEIA E55を持ってきた。Windows CEの新しいタイプとのこと。キーボードはなく,液晶パネルとペンで操作。彼が常用しているOutlookとの連携ができる点が売りらしい。左写真は,愛機のLibretto100と接続してソフトのダウンロードをしているところ。ちょっと,触らせてもらったが,軽快に動作する。録音機能もある。この日は,赤外線通信がうまくいかなくて,シリアルケーブルに甘んじていた。


J2000年7月8日:Let's note CF-B5V(Panasonic製)

Let's note AL-N2で快適な新幹線通勤を行っていたが、遂に、1週間前にお亡くなりになった(購入からまる3年)。泡の出る水をかけてしまったこと(1999/1/12)や、落下試験を行ったこと(2000/4/30)など、痛めつけたしまったことも寿命を縮める遠因(原因?)になったかもしれない。新幹線通勤のお供で年間9万kmを移動していたことになるので3年で約27万kmを移動したことになる。本当に、ご苦労様であった。この間、思い出せるだけでも、数々のトラブルがあった。バッテリーの異常(Panasonicさんの真摯な対応により、2回ほど無償交換)、キーボード(一つのキーが折れる→無償交換、最近ではEnterキーの戻りが悪く押下状態になることがしばしば)、赤外線ポートの故障、ACアダプタ内部の断線(自分で修理)、上蓋ロック機構の破損、背面滑り止め全てはがれて紛失。キーボードを修理すると2万はかかると言われており、さらに今回の症状では、マザーボードとHDDの交換が必要になりそうで、修理費用は14万ほどかかることになるので、新台購入を決意。もともと、後継機を物色してはいたのだが、トラックボール採用機がなくて、今一つ醒めていた。そこへ、トラックボール復活の知らせ。何というタイミングの良さ。

6月24日発売予定の機種だったが、店頭出荷は少し遅れたようである。しかし、店頭に並ぶのは、SONY、NEC、IBM、TOSHIBAなどでPanasonicの展示は無い。あっても、旧型機(処分価格で)。AL-N2が登場した際に、最高のモバイルPCとして、ほとんどの店頭に並んだ頃が懐かしい。自分の知っている店には展示が無く、カタログをもらい、価格をきく(オープンプライスなので)にとどまる。カタログを見ると、CF-B5Vなどは、受注生産と記されており店頭に並ぶ気配も無い。少し高いような気がするが、トラックボール搭載機など他にはなく、選択の余地は無い。B5R(PentiumV/600MHz)とB5V(Mobile Celeron/500MHz)のどちらにするかだけである。前者は、電池の持ちが30分ほど長いという優位性も持っている。しかし4万円ほどのメリットは感じられず、B5Vを、いかに安く買うかということになる。そして1週間前壊れたことにより思い切る。会社の近くの九十九電機に在庫があるのを発見したが、結局、Yahooショッピングで見つけた奈良のお店に決定。一番安く、在庫もあった。5日(水)の11AM前に入金して、約束通り3日目の8日(土)午前に届く。

主要なスペックは、CPUがMobile Celeron(500MHz)、Memoryが64MB、HDDが10GB、液晶10.4インチTFT(1024x768画素)。重量は、現行機と同等(100gほど軽い)。サイズは、奥行きが増して、若干薄くなった。薄くなったのは、トラックボールの直径を19mmから16mmにサイズダウンしたことによるものと思われる。使い勝手では3mmダウンの影響を心配したが、慣れの問題で、特に支障はなさそうである。ポート類は充実、外部ディスプレス、パラレル、シリアル、USB×2、PCMCIAカード(Type2×2)、10/100BASE-LAN、Modem/FAX、携帯・PHS接続I/F、マイク、オーディオOUT、赤外線など全て本体標準。新たに、Private keyというセキュリティ関係の機能が新設。FDD(USB)ドライブは外付けで標準付属品。ソフトでは、Windows98SEのリカバリーCD-ROMが付属。こんなところである。気になるところも若干あるが、Private Keyの使い勝手と併せて、後日レポートしたい。

CF-B5V全景 トラックボール径は3mmダウン 奥行きはアップ
若干薄くなる この傾きが気になる