2003年4月

[本日: 、昨日: 、通算(02/07/07以降):]


先月去年二年前三年前四年前来月最近のインデックス一昨年のインデックスそれ以前のインデックス)・・・・文字サイズはブラウザで調整してね!
 
 

もしかして

最近見た夢

目標霜降り

ボケた夫婦

第9回オフ

いよいよか

手動扱い中

仄かな期待

だらだらと
10
春の珍事?
11
春の珍事!
12
特大サイズ
13
非燃焼系
14
ジンクス
15
何気ない朝
16
人生は精進
17
汗対策急募
18
あと一週間
19
今日は花見
20
敷居が高い
21
旅に出たい
22
知らぬ間に
23
シグマリV
24
絵空事かな
25
WEDGE
26
いざ出発!
27
いざ大山!
28
尻がピンチ
29
有福温泉!
30
旅の終わり
 
 
 


★★日記ランキング★★ ・・エントリー中です。応援していただける方は、一日一回、投票をお願いいたします!
最新の日付の日記のみ、文字サイズを変更することができます。
2003年4月30日(水):旅の終わり

道の駅「ゆうひパーク三隅」 津和野まで10km(青野山付近) ドライブインより津和野の町並みを臨む 昨日は、割と順調な滑り出しであったが、連日の疲れもあるのか、次第にペースダウン。強い向かい風の中の上りも結構こたえた。津和野町には、当初の予定より1時間遅れで到着。昼食を取った後、しばし、昼寝をむさぼる。注意力散漫になっていたのか、水を補給したボトルをテーブルに置き忘れ、店の方から「お客さん忘れ物ですよ」と声をかけられる始末。いかん、いかん、気を引き締めねば。再び、ヘロヘロ走りで坂を上っていると、対向車線からthomさん達のレガシーがやってきた。当初の待ち合わせ場所である「長門峡」への到着が遅れそうと見越して、ここまで見に来てくれた模様。thomさんとは大宮以来、せっちゃんとは小倉以来の再会だ。レガシーの屋根には、SPECIALIZEDのマシンが積まれている(thomさんも、やる気らしい)。しばし歓談後、thomさんの「どうします?」の問いかけに、取りあえず県境を通過して山口県まで走ることにした。リュックを預かってもらうと、体がぐっと軽くなり、尻の痛みも消えた。何本かトンネルをクリアし山口県に入る。先回りして待機していたthomさん達の姿を目にした瞬間、もう降りよう!と思った。ここまでの走行距離102km。ゴールの湯田温泉まで残り40+αkmという地点。thomさんの「良いんですか?」の問いに、何の迷いもなく、自転車を畳み、ピックアップしてもらうことにした。本当なら、もう少し先あたりで、一緒に走れたのかもしれないのに、ゴメンナサイね>thomさん。いつか、どこかで、走りましょうね。こうして、長いようでもあり、あっという間でもあった、山陰ツーリングは終わりを迎えた。・・・・・その後は、楽しく宴会。店を出る頃には、雨も降り出していたが、雨に濡れるのが好きなthomさんを先頭に「春雨じゃ濡れてまいろう」とホテルに戻り、また、酒を飲む。オネムになったところで自分の部屋に戻るが、暗証番号を忘れ入れず、宿直担当の方から教えてもらうことに。どうも、自転車でエネルギーを使い果たし、脳に糖分が行き渡らないようだ、当分、このままかもしれない。

お洗濯もしなかったし、自転車も輪行袋に入れてしまったし、後は、山口宇部空港から帰るのみ。・・・・・お天気が回復基調となるも、輪行袋から自転車を取り出すこともなく、thomさんの駆るレガシーにて、秋芳洞を外側から見学(笑)、昼は、たなかの「瓦そば」を満喫。今回のツーリングで唯一、観光らしい観光をさせていただいた(感謝)。空港まで送っていただき、送迎デッキからのお見送りまで、本当にありがとうございました。来月は、thomさんを迎えての鳥こまちオフが開催される可能性あり(予告)。・・・・・機内で返信メールなどをしたためたまでは良かったが、着陸に入る際に、シートのポケットにCF-R1を入れたまま降りてしまった自分。自転車を受け取る前にメールを送信しようと思いたたなければ、そのまま、気付かず、空港を後にしてしまったかもしれない。やっぱり、脳内の血糖値が不足気味のようです。息を切らせながら走って、CF-R1を届けてくれたお姉さん、ありがとう!・・・・・ちなみに、行きのJAL便では無かったが、帰りのANA便で有ったもの。それは、誓約書。自転車を預ける際に、壊れても文句を言わないみたいな奴。行きは、無事に届いた自転車ですが、帰りは、ざっとみた感じで、スピードメーターのワイヤレスセンサーがぶっ壊れてました(トホホ)。宇部空港を16:25に飛び立ち、東京18:44発なすの号に飛び乗ることができたのはラッキー。
2003年4月29日(火):有福温泉!

宍道湖を望む たじまや旅館 御前湯は最高 日焼け AirH"圏外の有福温泉「たじまや旅館」での朝。どうやら宿泊客は自分一人だけだったようである。昨夕に続き、今朝も300円を握り締めて、「御前湯」に入ってきた。自分の部屋の前が裏玄関になっており、下駄をはいて外に出ると、左に数十歩で「御前湯」、右に数十歩で「やよい湯」、他に「さつき湯」もある。全て入る楽しみもあるのだろうが、たまたま、昨夕入った「御前湯」に一目惚れ。何でも、西暦651年に起源を持つ美肌温泉らしい。日焼けした肌、サドルやリュックに擦れてヒリヒリする肌を鎮める効果もあるような気がする。後で知ったのだが、「御前湯」は、テレビでも紹介されたそうで、その筋には有名な温泉らしい。

荷物を最小限に抑えているため、毎日、洗濯の日々。この温泉街では、洗濯できそうな場所もないとは思いつつ、「近くにランドリーありませんか?」と聞いてみた。洗濯機を使わせてもらえたらなあという気持ちもあったのだが、「洗ってあげるから出しておきなさい」、てな展開となり、ちゃっかり洗濯してもらっちゃいました(感謝)。・・・おまけに、今朝は、「珈琲いれましょうか?」と予定していない嬉しいお言葉。たっぷり二杯いただき大満足。

走り出してから、次の日以降の事に、全く頭がまわらず、朝食時点になってようやくコースの確認をするといった感じだった。昨日は、そんなに辛い峠もないだろうし、ただ走れば良いと思っていたのだが、前夜のthomさんとの電話で、距離がある事を改めて意識することに。ざくっと計算したら、160kmほどある。今回のツーリングで最長区間。好天に恵まれたのは嬉しいが、走るには、暑く、日差しもきつい。どこそこに立ち寄る元気もなく、ただただ走る一日となった。・・・そんな中でも、朝、応援に駆けつけてくれたAirさん、116km地点で対向車線から発見してくれたオサムさん、ありがとうございました。元気をもらいました。

本日アップの写真は4点。ほとんど写真を撮らなかったからなあ(撮る余裕がなかった・・笑)。宍道湖を望む写真、「御前湯」から見た「たじまや旅館」、「御前湯」、日焼けの段差。・・・・・今日は、有福温泉〜浜田〜益田〜津和野〜長門峡(道の駅)〜湯田温泉の予定。距離を計算してみると、約140kmほどある。長門峡では、thomさんと待ち合わせ。津和野あたりで、リタイヤしちゃうかもしれないけれど、さあ出発。

11:00、益田市到着。約60kmを走り、津和野まで32kmを残す。上り・下りの繰り返しに加えて、強い向かい風にハンドルを取られそうになることもあるが、まあ、ここまでは順調。但し、この先が自信なし。まあ、ちんたら走ろう。栄養補給ということで、茶店に入り、お冷を一気飲みし、ココア&ホットケーキをオーダー(今、体が欲しているもの)。小休止してから出発予定。
2003年4月28日(月):尻がピンチ

鳥取砂丘(馬の背) 浜村の覗石? 県道34号、気付くと山の上に 大山方面を見やる おはようございます。最高のお天気です。今、海を眺めながら朝食を済ませてきました。二時近くに寝たせいか、起きたのは、六時半、既に、太陽も大分高く昇っており、日の出を見ることはできませんでした。

本日アップした写真4点は、昨日撮影したものです。鳥取砂丘に寄って長靴に履き替え砂丘を歩いてきました。馬の背を上るチャレンジャーも後を絶たず楽しそうです。ラクダもおりまして、皆、嬉しそうに乗っています。そこへ小さな子供がやってきて砂遊びを始めた。すると、らくだ係りの兄ちゃん「おい僕、ラクダのそばの砂はバッチイぞ」、ラクダの○○チって、どんな奴なんだろう?馬並み?・・・砂丘を後にして、日本一広い「湖山池」にも寄りました。確かに広い。で、それ以上のコメントはお許しください>ウエちゃん。一応、写真だけは、撮影しました。いずれ、山陰ツーリングのページを完成させる折りには、その写真も登場する予定です。・・・倉吉駅前に到着したのは、昼ちょいと前。走行距離は、約60km。なんか、結構、疲れました。リュックの重みが、肩や背中や腰にのしかかってきます。スタミナ付けないといかんなと思い、迷わず、焼肉屋さんに直行。肉、飯、麺、そして、禁断の魔法の水まで飲んでしまいました。40分ほど休憩の後、いよいよ大山方面へ。・・・予定では、県道?45号線に入るはずだったのだが、何を間違えたか、34号線に入る。このあたりの道路は、平地を走っていると思っても、いつのまにか延々と上らされ、眺めの良い山の上に来ている。やっと上ったかと思うと、延々、下らされる。何とか、本来のコースにリカバリーできそうなところまで来たものの、その時点で、ヘロヘロ。これ以上、大山に向かうのは困難と判断し、大父木地あたりから、海の方に下る。そして、一路、皆生温泉を目指す。右手には日本海、左手には大山が、最高の眺めです。17:30頃に、宿泊地である皆生シーサイドホテルに到着。走行距離は、約142km。・・・尻が痛くてなりません(涙)。

温泉に三度つかり、先ほど、久しぶりの珈琲も飲み、ほっと一息。昨日の大山、学生時代なら、どんな無理をしてでも初志貫徹したんだろうけど、さすがに、今はある程度の分別はつくようになった。目標をたてても、目標事態に無理があるのか、自分の実力が足りないのか、軌道修正が必要になるものだ。安直だけど、どこか人生も同じなんだよな、このシチュエーション。・・・日付変更線を回った頃に、家内からメールが入った。自分は見ていなかったのだが、「情熱大陸」を見たとかで、その中で誰かのコメントを書いてきた、「44才にして学ぶべき事がたくさんある、鍛えねばならない自分がある、そんな幸せがあってもいいんじゃないか」と。しばらくして、「かわいい娘より」という件名のメールも入る。自分勝手に人生を楽しませてもらった上に、家族からの励まし、なんか幸せだなあ。それに、ネット上のお友達の皆さんから応援、実に、感謝です。今日は、お二方と初めてお会いできる模様。
2003年4月27日(日):いざ大山!

ここから鳥取県 写真は、昨日の山場、岡山と鳥取の県境付近の写真である。出発時の気温が19度ぐらいで、県境付近は9度。それでも、汗と霧雨でシッポリ濡れました。・・・本日は、お天気もよろしく、昨日より気温も上昇する見込み。朝食を済ませた後、温泉につかる。やっぱり宿泊地は、温泉にして良かったと実感。洗いたてのウエアは、サッパリして心地よい。さて、本日の予定は、日本一と名のつく、鳥取砂丘と湖山池を、さっと見て(走りが主体なので、実は、あまり見物には興味がなかったりする・・笑)、本日のテーマである大山を満喫する予定。一応、朝食を食べながら考えたルートは、倉吉江府溝口線(45号線)でアプローチ、大神山神社付近までグルリと回って、米子大山道路で米子、皆生温泉(本日の宿泊地)に向かうというもの。幾つかの峠があるようで、それなりにシンドイような気もするが、その苦しさもまたツーリングの醍醐味なのよね。では、ぼちぼち、出発。
2003年4月26日(土):いざ出発!

モノレール内での輪行袋 手荷物検査で中身がバッチリ写る ソファーで目覚める。前祝のワインで気持ち良くなってしまい、お布団までたどりつけなかったのだ。起きてから、最後の準備(まだ、終わってなかったんかい・・と言われそうですが)に取り掛かる。なんとか家を出る数分前に輪行袋に自転車も詰め終える。本日は、娘の学校で授業参観があり、家内と息子が行くため、早起きしていた家族全員(含むリッキー)から見送られて、いざ出発。・・・娘「寂しくなったらお姉ちゃんの顔を思い浮かべてね。泣いたらだめよ(笑)」、バカヤロー!、誰が泣くかい!(言葉は悪いですが、我が家の恒例の挨拶です)・・・てな感じで、いってきま〜す。

今日は、JAL483便(羽田10:10→岡山11:25)で岡山入り、昼頃から鳥取を目指して走り出す予定。自転車ツーリングの場合、昼前までに、どれだけ距離をかせげるかが重要なポイント。昼スタートの初日は、ちょっとキツイかもしれないけれど、正直言って、自分でもどれぐらい走れるのか分からないところがあり、まあ、焦らずゴールを目指そうと思う。ツーリングの事で頭も胸も飽和状態になりつつある。

羽田空港にて自転車を預けて、ほっと一息。輪行袋の中を透視した画面をみたんだけど、くっきり綺麗に映るもんだね。・・・使用機遅れで出発がやや遅れる。大丈夫か、この先と不安がよぎるが、定刻より10分遅れで、まあ、大きな影響はなし。岡山空港は、晴れている。気温も19度位でまずまず。自転車を組み立て、12時に岡山空港を出発。
2003年4月25日(金):WEDGE

昨晩、新幹線の中で「WEDGE」をパラパラとめくっていたら、品川駅開業による輸送力増強の事が分かりやすく書かれていた。東海道新幹線は、15本/時の運行キャパがあるのだが、大井車両基地〜東京間の回送列車用に4本/時のキャパを必要とするため、差し引き、11本/時の運行が限界。品川駅を開業することにより、品川〜東京間のキャパは、11本/時のままだが、品川〜新横浜〜を、11本/時→15本/時まで増強可能というもの。停車駅が一つ増えるだけかと安直に思っていたのだが、こんな目的があったんだんだね。JR東海さんの宣伝になってしまうが、ついでにもう一つ。10/1の品川駅開業・ダイヤ改正に合わせて、全車両が、270km/h走行可能な700系と300系に統一される。これらの車両は、電力回生ブレーキ(減速時にモーターを発電機として働かせ減速、発電した電力を架線に戻す)を採用しており、電力消費量の削減が見込まれる。700系では、270km/hから停止までの一回の減速で回生する電力は、25型テレビ3,000台を1時間つけることができるほどになるそうだ。恐るべし。以上、「WEDGE」(MAY 2003)より。

宇都宮駅を過ぎて、メールチェックをしたら、ホテルモナーク鳥取より「前日確認メール」が届いていた。前日になると予約者に自動で送信されるものらしい。いよいよ、明日からなんだよな。今週は、部材の調達こそ、何とか片付けたものの、タイヤ交換、クリート交換、ブレーキシューのゴム交換、テールランプの取り付け・・など多くの作業を残している。小物では、ランプ用のバッテリー、CF-R1を包むジップロック、チェーン錠などの調達がまだ。散髪もしたいし、脛毛のお手当ても(笑)。まあ、仕事も準備も、今日が勝負ですな。頑張ろう。・・・掲示板をチェックしたら、ウエちゃんから涙が出るような書き込みを発見(涙)。天気は完璧ではないながら、西日本は明日の午後から晴れるとの予報もあるので、良くなることを期待したいと思います。最後の宿泊地では、thomさんとの合流計画もあり、楽しみがまた一つ増えました。

今日も、ばたばたと忙しかった。それでも、東京19:44発やまびこ号に飛び乗る。チェリーの店主さんが、「散髪もしたい」と書いたら、時間が遅くともどうぞと暖かいお誘い。すみません、お言葉に甘えさせていただきます(感謝、感謝)。
2003年4月24日(木):絵空事かな

何とも言えないテーブル この姿はちょっと・・・ 会社に小一時間寄った後、「のぞみ」、そして在来線特急などを乗り継ぎ出張する。目的地へは、午後1時頃に到着の予定。当初の予定だと、一泊して、明日金曜日の終電で白河に戻るのがやっとだった。幸いに相手先都合により、本日中に白河に戻れることになりホッとしている。明日の終電で戻れなかったら、山陰ツーリングへの出発予定が崩れてしまうからね。今日、明日、無事に終了してくれることを祈るのみ。

55年ぶりに14番目のビタミン(PQQ)を理化学研究所のグループが発見。1910年、鈴木梅太郎教授が、初めてビタミン(B1)を発見して以来、日本人としては二番目の発見。鈴木梅太郎教授、懐かしい響きです。お名前に梅がつくせいか、ビタミン発見と聞くと、梅干が頭に浮かんで、唾液が分泌されてしまうのは、私だけでしょうか?(でしょうね)。「生物」の授業が懐かしくなりますね。最近、Rh−のB型を探せ!といったメールが飛び交っているようですが、生物の授業で、血液型の検査をすることになり、隣同士で相手の耳たぶに針を刺して血液を採り、AとBの抗体反応から血液型判定の実験をしたことを思い出します。男子校だったこともあり、学生服に身を包んだカラス軍団(黒いという意味で)が、互いに向いあって相手の耳たぶに針を刺し合っている光景は、一種異様なものではなかったかと思います。ちょっとマイナーな「地学」の授業も興味深かったですね。地球から月、火星や木星にロケットを飛ばせる時代になっても、我々が踏みしめている大地(地球)の内部は未知の世界。ほんの表層部分に穴を開けたりしているに過ぎない。ゆで卵で言えば、殻すらも通過できていない。内部の白身や黄身の部分は、どんな世界なんだろうか。子供の頃に、なんかの本に書いてあった、地球の裏側までトンネルを掘る話には夢があった。そのトンネル内部を真空に近くし、トンネルとの摩擦を極力ゼロに近づけたカプセル型の乗り物を通すのだ。カプセル型の乗り物は、重力によって、どんどん加速、中心部を過ぎると、重力によって減速され、出口付近で、ちょうど停止するといった具合。地球の裏側のブラジルまで、あっという間に、到着する。こんな絵空事が、いつの日か実現するものと信じていたんですが、やっぱり、絵空事だったんですね。

どきどきしながらも、なんとか、「のぞみ26号」に乗車。東京着21:26、東京発21:32の終電に乗換え可能な最終の新幹線だ。あいいくと、グリーン車しか空いていない(泣)。それにしても、このテーブル、真中が蝶番になっていて凹んでおり、なんか、いずい(「いずい」は、家内と結婚して10年ほどして、ようやく体感した言葉です・・笑)。・・・東北新幹線に無事乗換え。そういえば、「のぞみ」を降りる際に、客室乗務員の方が、バッグに付けていた、「新幹線通勤の日々バッジ」を、興味しんしんといった感じで眺めてありました。何だろう?何だろう?・・そんな雰囲気を感じました。・・・車中で、斜め前に座った方の髪型が、とっても微妙だったので、目が釘付けになりました。段差があるんです。そして、その段差を境に色も髪質も変っているんです。証拠写真を撮りたい衝動にかられたのですが、自粛しました。自分だって、同じ立場になっていていもおかしくないし。そんな不埒な事を考えたことを反省。その後、掲示板へのレスを書いたり、気分は上々だったんだけど、那須塩原を通過する頃に、CF-R1のバッテリーが切れる。ここで切れたのが運の尽き。手持ちぶさたになり、うとうとしてしまい、気付けば、郡山。幸いに車掌さんに出会うが、駅で相談して、駅では、しっかり乗り越し料金を請求される。世の中は甘くないらしい。郡山駅で在来線の矢吹行きを待っていると、階段に座って何か食っているお嬢さんと、○○○座りして煙草を吸うお嬢さんを発見、驚く(写真)。これぐらいボケていれば許されるかな(だめ?)。
2003年4月23日(水):シグマリV

パーツが届く 現在、休眠中のSigmarionUだが、SigmarionVが姿を現した。詳細は、プレスリリースを見ていただくことにして、自分なりに注目するポイントを挙げてみると、1)液晶:800x480(縦方向の狭さに泣いていた方には朗報、TFTで画質もアップ)、2)ブラウザ等:IE5.5(JAVAのバージョン等で表示できなかったサイトも見られる)、3)スロット:CF+SD(EXILIMのSDカードを直接ハンドリングできる)、4)CPU:Intel PXA255/400MHz(処理速度向上で快適になる)、5)バッテリー(駆動時間が短くなった分、オプションで大容量バッテリーを準備)、6)その他(PDFを読めるようになった)・・こんなところだろうか。脆弱なキートップが改良されていたら素晴らしいんだけど、それは分からない。いつ頃、いくら位で発売されるんだろうか?・・しばし注目。

新白河駅の入り口に、赤と黄のチューリップが飾られた。詳しくは見なかったが、おそらく、白河フラワーセンターから寄贈されたものではないかと思う(違っていたらごめんなさい)。その赤いチューリップを目にした時、昨日の帰りの新幹線車内の光景が思い出された。隣に女性が座った直後、視界の左下部に赤い花のようなものがパッと現れた。何だろうと思い、その方向に視線を向けたら、隣の女性の足だった。そう、靴を脱ぎ、生足を背もたれの網ポケット部分に伸ばしていたのだ。その爪に塗られた赤いマニキュアが目に入ったというわけ。あまりの大胆さというか潔さに、思わず、左足の小指から右足の小指まで、10個の爪を順番にチェックしてしまいました。ちょっと不揃いで、塗りむらもあったけど、髪の長い可愛い女性でした(多分)。

昨晩、お願いしていたパーツが届いていた(写真)。チューブラータイヤ、リムセメント、クリート、ブレーキシューゴム、スプレーグリス、輪行袋。チューブラータイヤのパンク修理セットは在庫切れだった。最近は、チューブラータイヤのパンク修理をする方も、ほとんど居ないらしい。通常のWOタイヤなら、タイヤをリムから外して中のチューブを引っ張り出してパンクしている部分にパッチを貼っておしまい。チューブラータイヤの場合は、タイヤ部分が糸で縫合されているため、糸を切り腹を割いてチューブを取り出し、パンク修理した後に再び縫合しなければならない。そんな訳で、その場での修理にはむいておらず、宿に着いてから針仕事をするような感じでパンク修理をするのだ。この作業、割と好きだったりするのだが、なんか寂しい。・・・・・今朝、しおちゃんと会った際に、ツーリングの予算は?と訊かれた。詳細には詰めていないのだが、交通費(飛行機往復、東京駅<->羽田空港)で25,000円程度。宿泊費(食事)が、1万円/泊として4万円。まあ、最低限必要なのは7万円位。後は飲み代だが、これが読めない(爆)。今回は、たまたまタイミングよく、ネット経由でのコラボレーション企画への参画を依頼されており、そのお手当てで収支がトントンとなる見込み。金は貯まらないけど、小金には縁があるのかもしれません。
2003年4月22日(火):知らぬ間に

からっと晴れ上がり、爽やかな朝。これから、新緑の時期は、本当に気持ち良い。数日前から体調低下気味の娘は、風邪でダウン。早くも、皆勤賞の夢は潰えた(はなから狙ってないか)。何でも、昨日は、告られたんだと。ほほう、青春だねえ。気になる返事だが、高校生活も始まったばかり、友達でねと、お返事の電話をしたとのこと。この分だと、彼氏が出来たとかいう話を聞かされる日も、そんなに先ではないのかもしれない。ところで、日記に書いちゃったけど、こんな内容ならOKだよな>娘、「ラジャー!」と笑い飛ばしてくれ。

今週は、知らぬ間に、次々と予定が入れられている。でも、謹んでお受けします。今週末からのツーリングに暖かい理解を示してくれた皆様の為に、今週は、文句を言わずに仕事に打ち込むのだ。

『Yomiuri Weekly』(5/4・11合併号、P86)に、我らがウエちゃんの著書&インタービュー記事が掲載されているそうです。ウエちゃんファンの皆様も、誰?って言う方も、早速、本屋に走りチェックしましょう。私も、丸善日本橋店に走ってみたいと思います。

マイクロソフトが、「オフィス2003」の評価プログラムを発表、テスター7,000人を募集している。まあ、どんなものか見てみようかと思い申し込む。それに先立ち、「Microsoft(R) .NET Passport」への登録が必要らしい。パスワードなんぞを入力すると、案の定、パスワードを忘れた場合の秘密の質問を選択しなくてはならない。どんな質問があるのかを眺めてみる。真っ先に目についたのは、「愛するペットの名前は?」。これ良いじゃんと思ったけど、自分の場合、答えが「リッキー」であることがバレバレなんで、秘密の質問にならないね(笑)。他の質問はと・・「母の旧姓?」、これも、分かる人には分かるよな。「初恋の人の名前は?」なんていうのもある。これなら、バレナイかもね。あれれ、ところで、初恋の人の名前・・・えーと、思い出せない(爆)。皆さんは、初恋の相手の名前を覚えていますか?(覚えているに決まっているよね、やっぱり。自分も、はっきりと覚えています)。
2003年4月21日(月):旅に出たい

今朝は、始発の新幹線。昨日からの雨が残る車窓の田園風景は、どんよりとしているが、目にはとても優しい。カーテンを開けたままにして、時々、外を眺めるのも良いものだ。今日は、この先、三回の乗り継ぎを控えている。通常は飛行機でアクセスするエリアなんだけど、空港に行くのが億劫で、多少時間がかかっても新幹線を利用してしまうJR贔屓の自分(笑)。但し、週末からの山陰ツーリングは、時間とコストの両面から、迷い無く飛行機を選択。昨日は、ツーリング前の最後の休日とあって、あれこれ準備を行った。まずは、持物チェックリストの作成。あらかたの荷物を一箇所に集め、容量と重量の把握。それに合わせてザックを購入。雨天時対策としてレインカバー付きのものにした。加えて、ゴアテックスのアウターウェアをゲット。持参する電脳ツールは、SigmarionUではなくレッツノートCF-R1に決定。ツーリング期間中は、日中は走り、夜は宿で酒を飲みながらツーリングレポートをアップする日々になりそうだ。自転車関係で必要なパーツ類を調達する時間がなくなってしまったので、カネコイングス(朝霞市)さんに電話を入れて、代引きで送ってもらうことにした。取りあえず、前後のチューブラータイヤ、ブレーキシュー、シューズのクリートを新品に交換、輪行袋は新調することにした。それから行程表の作成。往復で利用する乗り物、宿泊先の連絡先なども書き入れて、家内に渡す。そして、初日のコースを詳細に検討、走行ルートの確定、大まかなペース配分も行った。後は、機材が故障せず、お天気が良いことを祈るのみ。勿論、体調も。万が一に備えて、津山、智頭あたりから輪行での鳥取入りの際の時刻も調べた。これで、何とかなりそうな気がしてきた(ホッ)。準備に目処がついた頃より、左胸上部がチクリチクリ痛みを始める。迫りくるツーリングへの期待と緊張から来るもののように思えたが、よく考えると、土曜日の花見の際に、逆立ち歩きをしたことによる筋肉痛ではと思えてきた。以前のように肩こそ痛めなかったものの、鍛えていない胸の筋肉が悲鳴をあげているのだ(多分)。ああ、情けなや。スポーツクラブに行ってもバイクを漕いで時間切れとなってしまう日々だが、今後は、筋トレもやらねばならんね。

アット・ニフティは、23日から「mobile P32」の受付を開始する。低価格な32k定額つなぎ放題コースだ。先の「mobile P128」発表の際、128kまで要らない、32kで十分と結論付けた自分のような層をターゲットにしている模様。自分の場合(フレッツISDN+AirH"32k使い放題)で、毎月の料金が現在より、千円以上安くなる計算だ。カード代が発生するが、これも、一年以内には元が取れる計算だ。ところで、この専用カードは、32k/128k兼用タイプ。128kパケット通信時の消費電流は、200mA(32kパケット通信時は不明)。現在使用しているCFE-02は、32kパケット通信時で80mA。専用カードの方が、消費電流が大きそうだ。やや気になる点。

次回オフ(第10回)の開催日が、7月18日(金)に決定です。もう少し間近になったら、正式に案内しますが、今からご予定ください。幹事の水元正介さんの方で、お店の方も押さえられたようです。新白河&日光組が最後までお付き合いできない時間まで、ゆっくりできるそうですので、お楽しみに。既に、参加表明も受け付けております(笑)。

日記同盟、今週のお題は「ふと旅に出たくなる瞬間」。まさしく、今週末から自転車ツーリングの旅に出る自分だが、自転車で旅をしたくなるのは、自転車乗りの性。時間と金が許せば、いつでも行きたいと思っている。家族同伴の旅も然り、全員の都合と金が許せば、いつでも行きたいと思っている。そんな訳で、通常は、ふと旅に出たくなる瞬間はあまりない。ただ、過去を振り返れば、結婚してからでも、数度、そう思い旅に出たことがある。旭川二泊三日、秋田日帰り、山形日帰りというものだから、旅というほど大袈裟なものではないが。いずれも、仕事関係でヘロヘロになっていた時かな。このままでは、壊れてしまう、或いは、自分が自分でいられなくなるって感じた時に、自己防衛本能が働いたというか、安全弁が作動してというか、北に向かいたくなるのだ。そんな自分の思いを、いつも察してくれたのが家内。何も聞かずに、「行ってらっしゃいよ」と優しく送り出してくれた。今、改めて、そんな家内に感謝の気持ちで一杯だ。おかげさまで、もうそんな弱音を吐くこともなくなった気がする。山陰をツーリングしてくるからと、我侭は言うけれど。
2003年4月20日(日):敷居が高い

今週は、月、木、金と東海道新幹線を利用する。そんな訳で、JR東海さんのホームページにアクセスしてみると、リニア試乗会(6月20・21日)と公衆無線LAN実験(2003年4月21日〜)のお知らせが目にはいる。リニアモーターカーは、以前から試乗してみたいと思っていたので、早速、申込みフォームに必要事項を入力して応募登録ボタンを押すが、良く目にするエラー(検索中のページには問題があるため表示できません)が発生。数度トライするが駄目だった。フォームに入力されたパラメータをASPプログラム(form.asp)に引き渡す作りになっているようだが、何がいけないんだろう? 自分の環境に何か問題があるのかな。ホームページからの申込以外にも、官製ハガキや携帯でも申込ができるようだ。それではと、無線LAN実験の方をチェック。以前参加していた、JR東日本と日本テレコムの実験と同じようなものかな。来年7月からは有料サービス化を予定している。「のぞみ」停車駅の指定エリアで使用できるようだけど、早く「のぞみ」車内で利用できるようにして欲しいと思う。明日から実験開始というので、モニターに応募してみようかと思ったのだが、現時点では、参加ISPの中に@niftyが見当たらなかった。本日は、JR東海さん関連のネタが多かったが、ちょっと敷居が高かったようだ(残念)。

@niftyと言えば、先月から新しくなったWebメールが使いやすくなった。従来利用していたインターウェイの方では、文字化けするメールがあったり、動き自体も鈍い面があったのだが、新Webメールは、なかなか使い勝手がよろしい。こうした模様替え(内部の機能アップを含め)が行われるのは大歓迎。新鮮な気分になって好感度アップだ。自分が遊びに行くホームページの管理人の皆様も、結構、リニューアルされる方が多いようで、トップにアクセスして、「おっ!」と思う事がある。そうした刺激があるのは、良い事だと思う。自分も、やってみたいんだけど、そっち方面のエネルギーが持続しなくて、いつも完結しないままに挫折している(トホホ)。通勤日記の更新を一週間ほどお休みして、浮いた時間でリニューアルするという考えもあるんだけど、通勤日記を書くことは自分にとって大事な息抜きタイム、やめられない とまらない かっぱえびせん状態なのだ。それに、時間があれば出来るというものではなく、情熱とエネルギーの問題なのだと思う。・・・・・某ビジネス情報誌から取材の申し込みがあった。詳細は不明だが、ビジネスの観点ではなく、新幹線通勤を楽しむorホームページを楽しむ親父という観点での取材だろうと思う。喜ぶべきなのか、悲しむべきことなのか。それはさておいて、かつての、日経ビジネスさんの取材が余りにも楽しかったので(笑)、二つ返事でお受けすることにしました。

今朝は、地元ソフトボールの朝練に参加する予定。先週は、「竹の子狩り」で欠席したため、今日が、今シーズン初参加となる。昨年は、数回の練習で市民総体に臨み、惜しくも初戦敗退という悔しい結果。その後、継続的に練習を続け、チームもかなりまとまってきた感がある。今年は、昨年の雪辱をはらせそうな気がする。・・・・・昨日は、予定どおり、花見を楽しんできた。家族4人で公園というのも本当に久しぶりである。最近、ビデオカメラに凝っている娘は、ナレーション入りであれこれ撮影。芝生の上に散った桜の花びら、それを拾い集める幼子、そこへまた風に乗って花びらが散る、そこからカメラは桜の枝に移動するのだが、写っていたのは、オバサンさんが枝を揺すって花びらを散らしている光景(唖然)。白鳥のコスチュームに身を包んだ怪しい人間も出没。まあ、いいか、お花見だから。自分も浮かれて逆立ちなどしてみたくなる。過去に、いきなり逆立ちをして、自重と反動に耐え切れず、肩を痛めた苦い経験があるので、入念に両腕のストレッチを行う。今回は大丈夫だった。少し歩いてみる。出来る、出来る。そんな親父を撮影する娘「凄い、凄い、父・・きっと、十年後に、このビデオを見たら感動するよ、うん!」。十年後、54歳(ひえー)。
2003年4月19日(土):今日は花見

白河は桜が満開 中央通り これから何処へ行くの? 今日は、家族で花見を楽しもうと思う。近場で南湖公園か小峰城址公園あたりに行こうと思う。その為には、手際よく出張準備を済ませねば。データだけなら、モバイルアクセスも可能なんだろうけど、モノも必要となると、人間がモノのあるところまで行くしかない。そんな訳で、いつもの通勤時間帯の新幹線で会社に向かっているところ。写真左は、駅に向かう道路脇で数日前から満開の桜。

JR九州では、「九州新幹線レールウオーク」(5/11)への参加者(定員2,000名)を募集(往復はがきorJR九州のホームページにて)している。開業前の九州新幹線の線路を歩くイベントだそうで、出水駅からの10kmのコース。開業前の道路や橋を歩いたり、自転車で走るイベントは、良く耳にするけど、新幹線の線路を歩くというイベントは滅多になさそうなんで、お近くの方やマニアの方は、是非、ご検討ください。かつて、開業前の高速道路でロードレースが開催された事があるんだけど、あれは、どこだったんだろう。テレコムセンターが受付場所だったから、お台場エリアだと思うのだが。面白い企画だったんだけど、当日は、ミゾレ混じりの冷たい雨という最悪のコンディション、ただただ、辛く寒いだけで、景色を楽しむ余裕はありませんでした。

パーソナルメディアが、15日に発売を開始した、BTRON準拠の「超漢字4」とXP professionalのデュアルブート仕様のCF-R1が、即日で、受注予定数量(100台)に達したとのこと。同日放送のプロジェクトX「家電革命 トロンの衝撃」の効果だそうだ。大国や巨大企業の圧力に苦渋を飲まされ敗退したかに見えても、優れた機能、オープンな思想、出会いと運もあって、広く受け入れられることになったのだろうと思う。Linuxなんかもそうだよね。・・・最近、プロジェクトXは、ほとんど見ていないんだけど、次回(4月22日)は、「通勤ラッシュを退治せよ」〜世界初 自動改札機誕生〜である。見たいね。

準備を終えて会社を後にする。お休みとあって中央通りの交通量も少ない(写真中)。ここを自転車で走ったら気持ちよさそう。・・・帰りの新幹線は、東京10:44発やまびこ号(はやて車両)。東北新幹線にしては珍しく20番線ホーム。発車までの待ち時間に東海道本線のホームを見ると、これから、旅行に行くような方々ばかりで表情も明るい。あるグループさんは、アサヒ缶ビールを3箱も持参するらしい(写真右)、余計なお世話だね。・・・車内アナンスが流れる。大宮−新白河間の特急券を拾得しているという内容。時間をおいて二度目の放送。落とし主さんは、気付いているんだろうか?
2003年4月18日(金):あと一週間

汗かいても、雨降っても安心 今日の東京は最高気温26度の予報。白河でも24度の予報。暖かいというより暑いという感じだね。そういえば、昨日も暑かった。3pmから、関係会社の会議に出たんだけど、むしむしして、ジッと座って数字を追いかけるのが辛かった。そんなこともあり、会議終了後に、「軽く一杯どう?」の誘いに、ふらふらと。ビール一杯飲んで会社に戻る予定だったが、しっかり3時間近くも居座り、赤ら顔で会社に戻ることに(笑)。明るいうちから飲むビール、とっても、美味かった。ご一緒したメンバーの皆さん、そんなに上の方という認識はなかったのだが、今夏、来年春、二年後、三年後に定年を控えている方々だった。一回り以上も上の大先輩ばかりだったのかあ(驚)。全員、単身赴任も経験されており、どれぐらいのペースで家に帰ったとか、奥さんが会いに来ただとか、単身赴任先によって、どんな名所旧跡を回ったとかの話で、しばし盛り上がる。皆さん、結構、愛妻家(恐妻家?)らしく、仲良くされている様子。まだ、経験したことのない単身赴任、自分がそういう立場になったら、我が家は、どんなことになるのだろうか?と少しだけ考えてみた。と、女性社員の話に。こちらでも、皆さん、それぞれの気苦労がある(あった)ようだ。飲めば分かるというノリは通用しないし、女性社員同士の人間関係にまで発展してしまうと、とっても悩ましい事態に・・・単身赴任は良いけど、後者のゴタゴタは嫌だね。幸いに、現在まで、そういう状況に直面したことはないけれど、この先も、遭遇しないことを祈るのみ。

山陰ツーリング(4月26日〜30日)の準備期間も残すところ一週間程度となる。早くから計画した割には、その後の詰めと実際の準備が全く進んでいない。今週末が勝負だ。自転車の整備(タイヤ交換含め)、携行品の調達(輪行袋、雨具、工具類、バッグなど)、シューズのクリート交換、ルートの確認と地図の整備、自転車で走れなくなった場合に切り替え可能な輪行経路、チェックリストの作成などなど、やる事は山のようにある。前回の北東北ツーリング(2001年5月3日〜5日)では、出発当日の朝に、行くことを決断し、そこから準備をして宿の手配もないまま出発したんだけど、あれは無謀だったよな。結果オーライだったけど。今回は、初めて足を踏み入れる地域だけに、準備は用意周到に、行動は大胆に行きたいものである。ロードレーサーでのツーリングの場合、荷物は背負うのが一般的だと思うが、長距離走る際、特に疲れてくると、そんな荷物が辛くなる。そこで、今回は、ハンドル部分にフロントバッグを付けることで、身につける荷物を減らすことを漠然と考えていた。しかし、よくよく自転車の構造を思い返してみると、変速レバーを兼ねるブレーキレバーからは、変速機へのケーブルも出ており、これが、フロントバッグと干渉する。だめじゃん。がっくり。

今週は、取りあえず無事に終了。東西奔走の一日であり、かつ、その合間にジックリと腰を落ち着けて相対する一日であった。バタバタと終電に駆け込む。ただでさえ暑い一日だったので、シートに腰を落ち着けてから汗がジワーと。最近、運動し始めている効果もあり走る事は平気なんだけど、この汗が鬱陶しい。昼飯を食いはぐれた事もあり、お腹がキューっと鳴いた。そんな中でも、本日発売のEXILIM用防水ケースをゲットしている自分(笑)。これで、雨の日も、汗の多い日も安心である。山陰ツーリングでは、きっと、威力を発揮してくれるはず。・・・・・新白河で降りて、改札を抜けて、エスカレータを下る頃、死にそうな勢いでヘロヘロになりながら、エスカレータを駆け上ってくる方を発見。自分が降りた下りの新幹線(終電)に乗りたい模様。でも、もう発車した頃、幾ら走っても間に合うはずはない。どうしたんだろう、あの方。
2003年4月17日(木):汗対策急募

こそばゆい感じに目を覚ます。リッキーの尻尾が顔をなでなでしていたのだ。犬が西向きゃ・・てな感じで、リッキーが背を向ければ、長い尻尾がこっちに向くっていうわけだ。自分が早起きするので、リッキーもつられて眠い眼をこすりながら起きてくるという構図だったのに、今では、リッキーに起こされることが多くなってしまった。今朝もエンジン全開のリッキー。・・・子供達の学校生活は楽しく推移しているようでなにより。家内は忙しいようで、ドジをする余裕が減ったようだ。そんな時に、我々三人と一匹が、下らぬことを仕出かすと、おっ家内に変身しかねないので、皆、それなりには、気を遣っている(笑)。どうも、長男が(息子ではなく)一番、だめらしい。

スポーツクラブに行く準備をして月曜日からスタンバイしていたが、昨晩、ようやく行くことができた。行くと、体も心もリフレッシュ出来て生き返るんだけど、運動後の汗がひかなくて困る。これ以上は出ないだろうと思うほどの汗をかいて(運動後、汗でビショビショの短パン&Tシャツを着てはかる体重と脱いではかる体重では2kg以上差があります)、シャワーや温浴でサッパリし、しばし体を冷ますものの、着替えて駅に向かうまでに汗だくになってしまう。昨晩は、新たな試みとして、スーツ姿ではなく、予め持参していた、トレパン&Tシャツ姿で帰ってきたのだが、これでも汗だく。一体、自分の汗腺はどうなっているんだろうか。・・・シャワーや温浴を済ませた皆さんの、その後の行動は、十人十色だ。すぐ着替えて平然と帰っていく人もいれば、ドライヤーで髪を乾かしながら整える方、中には、髭を剃ったり、歯を磨いている方までいる。その格好も様々。タオルを腰に巻く方、パンツ姿の方、シャツだけ着て下がスッポンポン、Yシャツ&ネクタイ姿で靴下まで履いているがパンツ姿の方、勿論、スッポンポンの方もいる。そんな各人各様の姿で鏡に向かっている訳で、ちょっと異様な光景でもある。貴方は?、私は、タオル派です。何せ汗がひきませんので、すぐに、着替えられないのです。些細な疑問なんですが、女性の場合も、いろいろな方がいるんでしょうか?

ASPプログラムでBasp21の機能を使い、E-Mailを送信する機能を持たせていたんだけど、最近、社内のメールサーバーが更新された途端に動かなくなった。原因を調べてみると、送信者アドレスが実在するアドレスでない場合、読み捨てるように機能強化された模様。あるサーバーから機械的に送信するE-Mailなんで、返信を返されても困るので、サーバー名(適当な名前)をダミーとして入れておいた。従来は、それでOKだったのだ。この機能を使えば、勝手なアドレスを放り込むことによって、なりすましメールが送れるということになるから、セキュリティ上は、好ましくないなあとは思っていたのは事実。さすがに、システム担当者も、同じことを考えていた模様。

駅に向かう途中にある桜が満開だった。週末は、花見だね。
2003年4月16日(水):人生は精進

息子は、那須ハイランドパークへ遠足。一応、社会見学という建前らしいが、パーク内での自由時間5時間、どう見てもレジャー(笑)。今日は、お天気も良いから、楽しいだろうな。引率でついて行きたいぐらいだ。・・・・・朝のテレビで、24年ぶりに再結成のフォーリーブスのステージを紹介していた。目が点になったのは、北公次さんのバク転。54歳とは思えない動きにビックリ、恐るべし、芸能人、精進の賜なのでしょう。江木さんを見ると、やっぱり思い出すのは、「マグマ大使」だね。当時、自分から見ると、最も美男子だったのが青山さんだが、すっかり普通のおじさんっぽく。・・・・・昨日に続きテレビ占い。本日は5位、「待ちに待った嬉しいニュースが届く」らしい。吉報は寝て待てということか。そんな嬉しいニュースが届くとは思えないが、今日は、気分がやや回復しており、そんな気分にピッタリの占い結果である。そういえば、昨日、gooカテゴリー検索の担当者からメールが届く。「今週のおすすめカテゴリー 通勤」で「新幹線通勤の日々」を紹介してくれるらしい。相互リンクさせていただいている、「自転車通勤で行こう」、「駅までたったの40分!」、「新・新幹線通勤事情」さんなどともご一緒できて嬉しい(感謝)。

「通勤電車なるほど雑学事典」(PHP文庫)を眺めていたら、「高松琴平電鉄」は、車両博物館とも言えるほど全国各地の車両が走っているという話が載っていた。再建問題といったニュースを目にした記憶があり、経営は厳しいのかもしれないが、是非、市民の足として頑張っていただきたいものである。学生時代に自転車で四国に上陸した初日、駅前の花時計付近で野宿していたら、自転車の持ち込みは禁止という理由で締め出され、高松港近くの公園に移動したらアベックがいちゃつき、そんな彼らも去ったかと思えば雨が降り出して、さあ困ったという時に、避難させてもらったのが、「高松琴平電鉄」の「高松築港駅」の待合室の長椅子。とっても有難く、今でも感謝の念で一杯なのである。・・・「埼京線にチカンが多いのには理由があった」なんていうのもある。残念ながら、「常磐線が遅れるのには理由があった」という話は載っておりませんでした>水戸っぽ黄門さま。

昨晩の帰りの新幹線で宇都宮を出て、しばらくしたあたりから、デッキから酔っ払いの怒鳴り声、そして、壁などをドンドンと叩く音が響いてきた。延々と続く。こんな酔っ払いに出会うのは、新幹線の中では、初めてのこと。乗客は宇都宮で大半が降り、デッキに近いあたりに自分、あと、何列か前に女性が一人、あとは、真中より先の方に乗客がまとまっているという状況。まもなく新白河という頃になり、酔っ払いが車内に入ってきた。自分の傍らを通過、前方の女性のところで立ち止まり、椅子に手をかけ、女性の方に身を乗り出して覗き込む。窓側席に座った女性は、窓側に顔を背け困っている様子。とんでもない奴だ。そして、新白河駅に入線。自分は、後ろ側のドアから降りるつもりだったんだけど、酔っ払いの方に歩き出し、「すみません。通してください」と声をかけた。何だと!という表情で振り返る酔っ払いに、「酔っ払って、人に迷惑かけちゃ駄目でしょう!」と言って、じっと見つめさせてもらった。酔っ払い、目が点になりつつ、ちょいと我にかえった様子もあり、その場を後にした。良かった、我に返る酔っ払いで。なぐりかかられたら、どうしようかと思ったけど。
2003年4月15日(火):何気ない朝

どんよりした朝、霧雨が残る。自転車で行くか、歩いていくかを迷う娘に、「乗ってくか?」と声をかける。車中恒例のテレビ星座占いによれば、娘(うお座)は1位、「周囲があれこれ助けてくれる」(確かに・・)。ちなみに、自分は、最悪っぽい。電波状況が悪くなり不明瞭だったのだが、11位か12位らしい。「時間にゆとりを持て」とか「思うように物事が進まない」、そんな内容だった。自分が、テレビ占いの事を通勤日記に書く場合は、自分的にウケた場合か、当たっていると思った場合のいずれかである。今日は後者。芳しくない状況である。そんな状況が複雑にからみあっているという感じかな。一つ一つ、解きほぐしながら、関係する方々の力を結集して臨むことにしよう。・・・駅に着くと、観光バスが2台が停車している。そこから、ぞろぞろと中学生の団体さんが降りてくる。「東京さ〜」という話し声が聞こえてくるんで、新幹線で東京方面に行く団体さんのようだ。東京ディズニーランドorシーあたりに行くんだろうか。東京ディズニーランドでは、開業20周年を記念したグッズが期間限定で販売されるとか。そんな中でも、ウェディングドレス(100万円×20組)のような豪華版もある。それとて、売れ残ることもなく、あっという間に売り切れちゃんだろうね。・・・中学生の団体さんは、改札をくぐったところで整列。今から整列しているけど、乗車するのは、自分が乗る新幹線の後か、さらに後の新幹線になるんだろうね。集合&点呼の繰り返し、待ち時間や制約も多くて大変だろうけど、花の東京で迷子になることなく、楽しんできてくだされ。・・・そんな中学生の様子を眺めていたら、隣の娘が「私だって、こないだまで、あんな感じだったんだよ」と口にする。確かに、東京で高層ビルを見上げていて首が痛くなった娘の話を通勤日記に書いたのも記憶に新しいところ。そんな娘も、今じゃ、女子高生だもんなあ(はあ〜)。・・・娘とお別れしてホームで並ぶ。すると、目の前を右側から左側に小走りに通過するオバサマを発見。そのまま、1両分ほど東京方面に移動したあたりで、入線してきた新幹線内にお友達を発見したらしく、オーバーに手を振りながら、真っ先に乗り込もうとドア付近に駆け寄る。既に並んでいた方々の冷たい視線を察して、一旦は、待ちの姿勢を見せたものの、数人が乗り込むと、待ちきれずに割り込んで乗車してしまった。恐るべしオバタリアン。・・・車内にて、隣席にオバサマが座る。背もたれの倒し方が分からず苦戦。「そこのレバーを引きながら・・」と小声で教えてあげる。「ありがとうございました」を三度ほど言われて、ちょっと恐縮したが、そんな奥ゆかしく可愛いオバチャマもいる。・・・そのオバチャマ、降りる際に、「本当にありがとうございました」って。
2003年4月14日(月):ジンクス

今朝も早朝から家族で食卓を囲む。娘の弁当箱は二段重ねになっているのだが、どうにも、はまりが悪く、ガタつくと言っていた家内。何のことはない、上下を逆にしていただけなんだけど・・・日々、こんな些細なネタで笑いが絶えない我が家です。・・・・・週末も休み無く新幹線に乗っていたせいか、週明けの月曜日という感じがしない朝。車内にはリクルートスーツに身を包んだ学生さんの姿があちらこちらに。履歴書の写しを確認したり、日経のニュースに目を通す彼もいれば、爆睡の彼女もいる。新入社員を迎えたばかりだというのに、一方では、来期に向けての就職活動も佳境らしい。

自分は、名刺ケースに、「Suicaイオカード」、「FREX定期券」、「パスネットカード」などを入れている。名刺ケースは必ず胸ポケットに入れているのだが、これと別にパスケースを持つとなると、管理が大変というか、いずれかを無くしてしまいそうな不安がある。そこで、一つにして、一箇所に神経を集中させているのだ。都内の出張で京浜東北線を利用することが結構あるのだが、東京駅の改札を通る際に、赤羽方面なら「FREX定期券」、品川方面なら「Suicaイオカード」という使い分けになる。品川方面から会社に戻る際は、当然、「Suicaイオカード」で入るのだが、東京駅で出る時に、通勤時の習慣で、うっかり「FREX定期券」で出てしまうことがある。普通の定期券なら改札でストップがかかるのだろうが、「FREX定期券」だと出れてしまう。そのまま気付かずにいると、次に、「Suicaイオカード」で入場しようとした際にストップがかかり、はじめて気付くといったことになる。先週で、利用者が600万人を越えた「Suica」。夏には「View・Suica」、秋には首都圏とエリア限定ながら「Suica FREX定期券」が登場する。関東でありながら、首都圏というと外れてしまう那須塩原駅や東北の玄関口と自負する新白河駅でも、早く利用できるようにして欲しいものである。

昨晩、家に帰ると。家内&子供達が、大昔(娘が1歳〜2歳ごろ)のビデオに見入っていた。今、こうして通勤日記を毎日、飽きもせず、懲りもせず書き続けているように、ビデオも延々、撮影していたらしい(笑)。片付けものをしていて、そんなビデオを見るはめになったのか、夕方4時頃から延々、晩飯も食わずに見ていたらしい。自分が帰宅した時点で9時、その後も見続け、11時頃まで(フー)。そんなビデオの中に、東京12CHの「サイクルスポーツ」とかいう番組で、我々が参戦していた市民レースを特集したものも録画されていた。日記同盟の今週のお題は「私のジンクス」。日頃の生活では、ジンクスというものを意識することはないんだけど、ロードレースに参戦していた頃は、それらしきものもあった。三日前に足の爪を切る。前日は、イチャツカナイとか。当日の朝は、カロリーメイト(ドリンクタイプ)、バナナを食す。レース中は、エネルギーインを携行して、足のエネルギーが欠乏する前に補給するとか。その理由は・・・
2003年4月13日(日):非燃焼系

朝もやの中に看板が 日本最短の新幹線? れんげ草と富士山 竹の子 なすの236号(新白河6:30発)に乗車。車内で、玉子サンドとアミノサプリで朝食。コンビニの棚では、ネンショ○系に手が伸びかけたのだが、ホームで回転したり、棒を逆さに上っていくような元気な気分ではないため、隣のアミノサプリにした。那須塩原を過ぎたあたりで流れ行く車窓の風景を撮影してみた。霧にかすむ風景を写したかったのだが、線路脇の看板が写ってしまった。この看板、よく見ると、「危険 防音壁上に立つな」と書いてある。こんなところに立つ人なんて居るんでしょうか?一般人が入りこめる場所でもないしね。やっぱ、ネンショ○系の方なんかが、防音壁上を逆立ちして歩いちゃうのかな。・・・那須塩原から乗り込んできた乗客の中で、通路はさんで座ったお二人に目を奪われる。予め言っておきますが、美人のお姉さんが乗り込んできたという話ではありません。お一人は、同世代と思われる男性、お弁当を取り出して食べ始めたんだけど、中身が全てフルーツ。イチゴ、リンゴ、バナナ。それも、弁当箱一杯に詰まっている。凄いね。玉子サンドで朝食を終えた自分より、はるかに体に良さそう。もう一人の方は、自分より、ちょっと上、出張帰りと思われる。彼は、鞄から、PDAらしきものを取り出した。あっ、HP200LXだ。懐かしい。一世を風靡した名器。まだ、愛用している方がいたんだね。嬉しくなった。自分がHP200LXを手にした頃、日本IBMのWarpとかいうOSの製品説明会に行った時、隣人も同じ機種を持っていたんで、意気投合して、IrDAでデータ交換した事がある。そんな興奮を、ちょいと思い出させてくれた。

昨日は、1万2千円会費で某集まりへ。同じテーブルのメンバーとは、あれこれ話せたのは救いだったが、パフォーマンス悪すぎ。政治家のパーティーじゃあるまいし、あの内容なら、会費3千円ぐらいでできるんじゃないのかな。なんと帰りはオミヤゲが付くというので、何かと思ったら、千円の図書カード。これを配る位なら、会費を千円安くして欲しかった。そんな想いが残ったのか、今朝の目覚めは悪かった。久しぶりに疲れる夢を見て目が覚めたのだ。夢の内容は、リッキーを連れてイベント会場まで歩いて行くんだけど、ふと気が付くと、抱っこしていたはずのリッキーが居ない。慌てて、来た道を戻ると、道路脇に佇んでいたり、堀にはまっていたり。今度は逃げられないぞと思い、しっかり抱っこしているはずなのに、歩き出すと、また腕の中から居なくなっている。とうとう、目的地に到着しないまま、目が覚めたという訳だ。ちなみに、今日は、あるイベントに参加する為、東海道新幹線に乗り継ぐ予定。リュックには、日頃買うワインが1ダースは買えると思われる、我が家にしては高価なワインを手土産に持参している。この先、ワインを割ったり、東海道新幹線に乗り遅れたりするっていう暗示なんだろうか。気をつけようっと。・・・ある信頼筋からの話によれば、自分の山陰ツーリングには、十分な注意が必要らしい。今回の走りで全都道府県走破とかいう、これで終わりみたいなノリがいけないらしい。何か、次に残しておかないといけないらしい。とは言っても、飛行機も宿も全て押さえてしまったし、鳥取・島根のいずれかを外す訳にも行かないし。こんな話を昨晩聞いたから、今朝の夢に繋がったのかなあ。屁理屈だが、島を残したことにするか。山陰地方に、なんか島、ありましたよね。そうしよう。

数日前から、ドコモの携帯に迷惑メールが多く届くようになった。今まで、ずっと大丈夫だったんだけど、突然、いろいろなところから届くっていうのは、何か、アドレス名簿でも出回っているんだろうか?取り合えず、自衛策として、アドレスを変えることにした。・・・・・約5年ぶりにサイクルロードレースに参加するかもしれない。エントリーはしたんで、欠席さえしなければ走ることになる。感覚を忘れてしまったんで、どんな走りになるものやら、皆目見当がつかないけれど、ちょっと楽しみ。そういえば、参加費の振込み用紙に、落車回数を記載するようになっていたんで驚く。こんな事を聞かれるのは初めて。自慢じゃないけど、レースでの落車回数は10回にもなる。ただ、10回と書くと、いつも転んでいる危険な奴と思われそうな気がして、下にカッコして、103レース中と聞かれもしない参加レース数を書き添えた(笑)。言訳になるけど、もらい事故も多いんだよね。もらい事故であっても、巻き込まれる場所に居る、事故を回避できないっていうのも実力のうちだから、なんと言われても仕方がないんだけど。ただ、今の状態で転んだら、ただじゃ済みそうもないなあ。・・・・・ようやっと、体の方も復活してきた。非燃焼系から燃焼系に変身できそうな気がしてきた。・・・・・こだまで久しぶりに検札を受けることに。自由席でもやるんだね。熱海駅ホームで、日本最短と思われる新幹線車両を発見(写真右)。・・・・・れんげ草と富士山の眺めを楽しみ、竹林での竹の子の収穫、美味しく食べ飲み楽しく、皆様に感謝の一日。乗換えのタイミングも良く、東京19:16発Maxに乗ることができた。寝過ごし注意だな。
2003年4月12日(土):特大サイズ

眠そうなリッキー 家族にとっても慌しい一週間が過ぎ、ゆったりとした週末を迎える。早起き疲れのたまった、家内も娘も息子も安眠中。自分はリッキーと至福の朝。週末は、のんびりしたいところではあるが、土日ともお出かけの用事があある。今日は、会社に立ち寄り、その後、飲み会へ(オフ会ではありません、念のため)。明日は、東海道新幹線に乗り、自然の中で飲み会へ(オフ会ではありません、念のため、・・笑)。記憶力の良い方、カンの鋭い方は、何をしに行くかお判りだと思いますが、一応、内緒ですので、掲示板などに書かないようにお願いしますね(明日、自分で書いちゃうかもしれないけれど)。そんな訳で、土日とも新幹線に乗ることに。せっかくだから、今日は、午前中、スポーツクラブに寄ってみようかな。

京都のタクシー会社が5,000円超過の運賃を半額にする割引申請とのこと。知らなかったのだが、大阪では半額にする会社が増えているとか。そうなんですか?>ウエちゃん。新幹線で寝過ごして郡山まで行った場合、タクシーで白河まで戻ると14,000円ぐらいになるそうだ。こんな制度があったら、9,500円で戻れることになるんだけど。それよりも、戻りの新幹線がない場合、乗越料金を半額割引にして欲しいね(出来れば、免除して欲しいところだが)。かつては、現場の裁量で許してくれるケースが結構あったんだけどね。今は、ダメだね。冷酷に取り立てられてしまいます。そうだよね>えだまめさん。・・・・・一昨日の深夜、新大阪駅で男性が線路に飛び込んだところへ「のぞみ31号」が入線。幸いに男性はレールの間に倒れ、かすり傷程度ですんだとのこと。こうしたニュース、何度か耳にしたことがあるが、その度に思う事は、万が一、自分がそんな状況に陥ったら助かるんだろうか?ということ。自慢じゃないんですけど、かつて、サイクルスポーツセンター(修善寺)でチャレンジロードに参加した際、競技用ヘルメットをレンタルしたことがあるんだけど、サイズ大を指定したにも関わらず、頭が入らなかったことがあるのだ。やむなく、特大というシールが貼られたヘルメットを手渡され、事なきを得たんだけど、そばにいた家内が、大笑い。ちょっとショックでした。「今日は、体調が悪くて・・」と言い訳しようかとも思ったのですが、体調で頭のサイズが変わるとも思えないしね(涙)。最近、掲示板で、えんがわさんに「1987年9月7日【チャンピオン男子】の写真、私が認識しているMujinaさまとは若干異なっているような・・・幅が(失礼)」と書かれちゃいましたが、今だと、頭よりも、お腹がひっかかるな、間違いなく。

ナイフ投げの世界記録保持者がイギリスのテレビ出演でガールフレンドを的に早投げチャレンジ中、誤って頭部をかすめたとのこと(こわっ!)、その後の二人の信頼関係にヒビは入らなかったのでしょうか。気になります。アジアの某番組で、助手めがけて振り下ろした刀で血が噴き出しちゃった事故とかあったもんね。洒落にならないっす。・・・・・国内の地下鉄、JR、私鉄などの地下駅の防災対策の調査結果(国土交通省)で、4割が何かしらの基準を満たしていなかったそうだ。その中でも排煙設備に関するものが最多。設備が無い駅は問題外として、換気能力不足も多いようだ。駅じゃないけど、新幹線車両にも換気不足と思われる時がある。窓が開かない新幹線だけに、気遣って欲しい部分。・・・・・今日の通勤日記は、さくさくと進む。平日で言うと、那須塩原駅通過中ぐらいに書き終えたことに。でも、このあたりは走行中の接続は、ちょいと厳しい、アップは、宇都宮近くにならないと無理。
2003年4月11日(金):春の珍事!

今日のタイトル「春の珍事!」、昨日のタイトルが「春の珍事?」なんで、タイトルの付け方がいい加減と言われそう。確かに、深く考えておりませんので悪しからず。昨日の日記が途中で時間切れになったこともあり、何となく、今日に繋がっている感じがするのだ。昨日の気分が「?」だとすると今日は「!」てな具合。娘の汽車通(昨日、掲示板で呼び方についてあれこれありましたが、私の趣味で、こう呼びます・・笑)初日は、疲れるものだったらしい。朝は3両編成の電車が満員でギューギュー。白河に越してきてから、そんな窮屈な思いをした事がなかったこともあり、たまらなかったそうだ。乗車時間は、たったの18分なんだけどね。スクールバスも混みこみ。帰りは、普通に歩いていたら、目の前で電車に発車され、友人5人と、1時間近く待つことになったらしい。そんな訳で、今朝は、一本早い電車で行くことにしたらしい。それって、6:46発。自分が乗る新幹線は、7:06発。そんな訳で、我が家で、一番早く家をでるのは娘となり、自分は、「行ってらっしゃい」と見送る立場に。いずれ、ギューギューでも遅い方の電車を選ぶことになるんじゃないかと思うけど、これからの季節は、朝早いと気持ち良いから、しばらくそんな生活も良いかもね。

防水ケース付属のEXILIM「EXILIM-WS2」が4/25から限定1万台で発売される。これ楽しそうで良いんじゃないかな。できたら、ケースだけ販売して欲しいんだけど。水深3mまで対応できるらしい。泳げない自分には無縁の世界であるが、自転車ツーリングの際には、身につけると、汗、天候によっては雨にあうこともあるわけで、防水ケースがあれば重宝すること間違いなしなのだ。デジカメなど電子機器は水に弱いからねえ。たまにしか使わないなら、ジップロック等に詰めて封をしてしまえばいいんだけど、ちょっと立ち止まって撮影という時には、背中のポケット(自転車乗りが愛用するレーシングウェアは背中にポケットが付いているんです。ここに、補給食やら、簡易工具やら、ウインドブレーカーなど、良く使うものを入れておくのです)からさっと取り出して撮影できるのは便利。

慌しい日が続いている。昨日は、たまたま19時でケリが付いたので(付けたので)、狙い通りにスポーツクラブへ寄ることに。八重洲地下街をルンルン気分で駅に向かっていると、「○○○○」と後ろから役職名で呼ぶ声(会社の人間だ)、にやけた顔を少し修正して振り返ると、最近、あるテーマで話すことが多いI君だ。I君「今から帰るとお家に何時ごろ着かはるんですか?」、自分「うーん、早いよ。でもね、今日は、このまま帰らないんだ」、I君「えっ!」、自分「スポーツクラブに寄り道する予定なんだ」、I君「私も大阪時代は通ってました。良いですよね。風呂がわりにもなるし」、自分「気持ち良いよね。風呂も良いんだけど、汗が、ひかなくてね。シャンプーの香りがして、汗かいていて、ネクタイ外している親父が大宮から新幹線に乗り込んで来たら何か不気味だよね(笑)」、I君「確かに怪しい」。そうなんです。思い切り汗をかく運動をして、シャワーや温浴風呂を利用した後、すぐに汗がひかないんですよね。これから夏になると、もっと悲惨になるかな。同じ汗でも、運動後の汗は心地よいから許せるけど。・・・昨晩の終電では、初顔の車販のお兄ちゃん遭遇。後方の客から無いものをオーダーされ、「後ろから来るお姉さんが持っていますんで」と説明していた。彼が口にした「お姉さん」の響きに、とっても違和感を覚えた。その場に居合わせないと、印象が伝えられないんだけど、客に対して使う表現じゃないなと、思ったのだ。まあ、それは良いんだけど、彼の呼ぶ、お姉さんは、どんな人かなと楽しみに待つ(笑)。あっ、来た来た、良くお見かけする方の一人だ。確か、「インストラクター」と書かれた神々しいバッジを付けている、毅然としたタイプの方。寒いギャグを言ったら、冷たい視線をくれそうなイメージ。それで、自分のそばを通った時に、珈琲を買い求めることにした。確か、財布の中に、割引券(300円→200円)が1枚あったはず。「割引券あるんだけど使えるよね」、「はい」、ところが、なかなか見つからない、「あれえ、見つからないなあ・・」、カップに珈琲を注ごうとしていた彼女の手が止まる(この客は、割引券が無いという理由で珈琲をキャンセルするかも?)、「じゃあ、券なしでもいいや」と言った矢先に券が見つかり彼女に渡す。券を手にとった彼女「あの、期限切れです(笑)」、そんなわけで正規料金で、珈琲を買い求めました。彼女は、冷たい視線を感じさせるどころか、素敵な笑顔を浮かべて去っていきました。さす が、インストラクター(意味不明)。

昨日、書きかけた新人時代、どうしようかな。また、残り時間が少なくなってきたし。じゃあ、ちょっとだけ。同期のS君と配属された部署は、社内ベンチャー的な開発を行っていたセクション。うちの会社で手がけそうもないシステムの開発に取り組んでいた。入社した時のもらった社内報に、システム開発完了を対外発表した旨の記事。へえー、こんな事もやっているんだ。と思った部署に配属され、どんなものかと思ったら、まだ、商品化前というか、開発残項目も多数抱えていたのだ。こんな状態でも開発完了って言えるんだと当時は驚いたが、どこでもある話なんだそうだ。だから、入社してからは、ひたすら、開発に取り組んで、忙しい、それこそ、昼も夜もないような生活だったけど、今思えば、とっても楽しかった。若かったこともあるんだけど、何か創り上げる為に頑張れるっていうことは素晴らしいこと。今のような経済情勢でもなかったし、時間もお金もかけてもらえた時代だ。翌年の春に、ようやく第1号機が納品されることになったが、そこでも立ち上げには数ヶ月を要した。夜間組はホテルと顧客先の往復。自分は、日中組ということで、朝から終電まで、毎日、そこを通って、作りこみと調整。その後、大阪に2号機、夏も終わる頃に仙台にも納品された。自分は、1週間の予定で立ち上げに向かったのだが、現地での接続インターフェースの開発に手間取り、気が付けば、45日間滞在。季節もかわり、半袖シャツで出かけたのに、現地で、長袖シャツを買い、ベストを買い、その間、組織も変わり(爆)。今じゃ、信じられない時代だったんだね。土日もなく、朝も夜もなく、顧客先とホテルでの生活。当時、仙台では、今の家内が(念のため、前の家内はおりません)OLしてたんだけど、そばにいながら、ほとんど会えなかった。夕飯時に、ちょっと抜け出して、何度か会えたぐらい。お互いに遠距離で社会人してて、疎遠になりかけていて、結婚に至らぬまま終わりそうだった当時。この仙台出張がきっかけで、それも、ほとんど会えなかったからこそ、結婚を考えるようになったということもあり、人生、何があるか分からないなと思った次第。
2003年4月10日(木):春の珍事?

今朝のニュースから・・・昨晩、有楽町線で連結器が外れ、煙が出たとかで、乗客2,500人が、前後の駅に線路を歩いて非難したとか。先日の韓国の地下鉄火災の後でもあり、テロの可能性も感じる今、その場に居合わせた方々は、恐い思いをされたかた思う。無事で何よりでした。・・・「はやて・こまち17号」では、郡山駅通過後、時速5kmしか出なくなる珍トラブルが発生。時速5kmと言えば、遠足モード、乗客の方々も、さぞやじれったかったことだろう。こんなこともあるんだね。・・・「Windows CE .NET 4.2」では、IE6.0とWindows Media 9 Seriesを採用。VoIPデバイス用のプラットフォームも提供するそうだ。お話までは出来なくとも良いんだけど、SigmarionVが世に出るとしたら、これを採用するんでしょうか?また、鞄のスペースを少し空けておくかな(笑)。

我が家では、春の珍事とでも言うべき事態に。なんと、6:30に家族全員で食卓を囲み朝食をとった。平日で、こんな朝を経験するのは、久しぶりのこと。春休みを終えて、6時に起きることに決めた子供達。朝弱いことはネット界で定評のある家内も、そんな雰囲気につられて起きている。なんか凄い。このまま続くんだろうか、本当に・・・俄かには信じがたい。息子は、中学校まで約3kmの自転車通学。帰りの上り坂が疲れるとか言うものの、新生活に張り切っているようだ。つい最近まで、ランドセルを背負っていたことが、ちょっと不思議に思えてくる、今日この頃である。娘は、自転車−電車(東北本線)−バスの利用となり、自分の高校時代と同様の形態。娘が乗るのは、7:26発の下り。この時間帯では、7:42?発の上りがあるのみなんで、乗る電車を間違える恐れもないんだけど、本日が汽車通デビューの娘にとっては、若干の不安はあるらしい。一緒の友人も、皆、自信がないらしい(笑)。定期券は半年、バスにいたっては1年有効だ。紛失しないように気をつけて欲しい。前科者の親父からのアドバイスだ。なんか楽しそうだな<汽車通。

新人研修を受けている新人さん達の姿も、ぼちぼち、見かけるようになる頃だろうか。今の時期に採用される新人さん達だけあって、前途ある優秀な若者達なんだろうと思う。意識してもしなくても、会社人となった以上は、会社の看板を背負うことになる。しっかりと背負って欲しい。でも、自分らしさを失わず、組織にも埋没せずに、いられたら良いね。自分の新人時代を思い返すと、・・・時間切れですんで、帰りの新幹線で書くかな(プチッ)
2003年4月9日(水):だらだらと

今朝は、えらく早い時間に目ざめた。昨日から吹き荒れる、強風による音と振動が原因だ。もともと、強風の吹く場所がらではあるが、風の音で目ざめるのは久しぶりのことだ。なんか目が冴えてしまったので、起きだす。水元さんが、「新幹線ツーキニストに100の質問」の回答を準備されたとのことなので、関連ページの更新を行った。12人目の回答者、お疲れ様でした。回答するには、気力、体力、時間が必要だけど、引き続き、回答をお待ちしています>ツーキニストの皆様。それから、掲示板にレス。その後、このまま起きていては、やっぱり寝不足になるなと思い、再び、床につくが、浅い眠りの二度寝になってしまい、かえって、眠たい感じが残ってしまった。そんなわけで、だらだらと・・・

松井選手が、ニューヨークデビュー戦で、2ゴロ、四球のあと、満塁ホームランを放ったそうだ。○打数1安打、6試合連続ヒットなど、今ひとつ、インパクトに欠ける活躍だっただけに、今回の満塁ホームランは、良かったかなと思う。また、マスコミが大騒ぎするんだろうな。・・・・・車内放送で、踏切事故により、日光線が運行停止になっている旨。その後、運転再開するもダイヤが乱れているとのこと。日光山伏さんは、大丈夫だったかな?

車内に置かれている通販カタログ「NRE Train Shop(4・5月号)」を眺める。折り畳み自転車「ZEROBIKE」が掲載されている。かつて、JR東日本とPanasonicが共同開発した同様の自転車があったが、あれは、製造中止になったのだろうか?記憶によれば、フレームがジュラルミン製とアルミ製の2種類あって、重量は軽いが高価で二の足を踏むような自転車だったと思う。今回は、台湾製で価格は49,500円。アルミフレームで軽量とあるが、このサイズで8.2kgは、それなりに重量があるなっていうところかな。ちなみに、デザインはスペインと書いてある。別にどこだって良いように思うが、ここに何かコダワリがあるらしい(多分)。・・・ちょっと受けてしまったのは、アウトドア用のベビーカーだ。16インチ中空タイヤ&ブレーキ採用とある。こちらは、中国製。・・・そのお隣のページには、超高輝度LEDを採用のライト「ライトウェーブ2000」。単3電池3本で約2週間連続点灯、良いかも、明るさは、どれ位なんだろうか?・・・「スント アルティマックス」も興味深い。高度計、気圧・温度計の機能を持つ腕時計。累計垂直上昇、下降高度など知ることができる。フィンランド製。ツーリングで峠越えなどする際に記録が取れて便利かも。

昨日からトップページの最下部にひっそりと広告(O-Netさん)を付けました。どうやら、独身の方向けの広告のようなので、既婚者の方は、冷やかしでアクセスしないで下さいね(笑)。
2003年4月8日(火):仄かな期待

真新しい定期券 昨夕の打ち合わせは、「じゃあ、明日の8時から最終打ち合わせをしよう」で終わった。そんな訳で、今朝は始発(新白河6:30発)の新幹線に乗っている。東京着は7:56。おそらく数分の遅刻(終電に飛び乗る時なら所要時間3分で走りきるけどね)、遅れること承知の確信犯だ。だって始発の新幹線を利用してもこれなんだから許してもらうしかない。通勤日記をよく読んでいる方の中には、あれ?、5:28発の在来線を乗り継いで、那須塩原から6:08発の新幹線を利用すれば、7:20過ぎには東京に着くんじゃないの?、と思われるかもしれないが、そのルートはソフトボールの朝練に参加する場合を除いては、極力、使わないことにしているのだ(笑)。・・・・・本日から七夕までの真新しい定期券、その残存価値を考えるとズシリと重い。今朝の購入では忙しいと思い、昨晩、迫る終電の時間に気をもみながら、大宮駅みどりの窓口に並んで購入した。・・・昨晩は、19:10過ぎに仕事のケリがついたので、19:16発Max号に飛び乗り、スポーツクラブに寄り、いつものバイク漕ぎをしてきた。その後、体重測定したら、最近見たことがない数値だったんで、ちょっと驚く。食事せずに大汗かいたからとは言え、ちょいと信じられない。今朝、自宅で再度、量ってみたら、最近のピーク時より3kg近く減っている。今の体重からすれば、3kg程度では誤差範囲なのだが、良い傾向だ。ここのところ、会う人会う人に、また太った?、大きくなった?と言われ続けて慣れっこになっていたが、あと数ヶ月後には、ひょっとして痩せた?と言われるようになっているかもしれないと仄かな期待。
2003年4月7日(月):手動扱い中

手動扱い中 鳥こまち(新白河店) つくねと息子の手(謎) 週末は、雪混じりの雨、そして強風と荒れたお天気だった。白河の桜は、まだ、つぼみが膨らみはじめた程度なので、花が散ることもなく良かった。本日は、暖かくなるようだ。東京の予想最高気温が19度、なんと、福島県の中通り地方は20度の予想だ。週末で足踏みした桜も一気に開花にむかうかな?・・・・・月曜の朝は、恒例の1両目先頭に並ぶ。同じ場所を目指す方を足早に抜き去り3番手で並ぶ。いつもより1両目付近に並ぶ方が多く感じられたが、幸いに空席は十分で2C席(通路側)に着席。私が抜き去った御仁は、お隣の2B席に着席。ところで、乗り込む際に車内とデッキ部分を分ける自動ドアが開かなかった。数秒の足踏みの後、先頭の方が、手で開けた。着席してから、自動ドアを見ると、ガラス部分に貼り紙がしてある(写真左)。「自動ドア故障のため手動扱い中」という内容。印刷されたものなので、予め、準備されている用紙らしい。日付だけが手書きになっている。これ、車内からは内容が読めるんだけど、デッキ側から乗り込んでくる人には、裏地の白しか見えず何のことやら、さっぱり分からない。両面印刷の用紙にするか、両面に貼るか、すべきじゃないのかなと思った次第(ちょっと不親切だなと思った)。

水元さんのオフ会レポート、続きがありそうなんで今朝チェックしてみた。箱を開けると中にまた箱、その箱を開けるとまた箱と言った構造で、奥底にそれはあった。何が書いてあるのかと思ったら、自分のことが書いてあるではないか。なになに、家内が朝遅いんじゃなくて、自分が早起きオジンだって。なるほど、それを、えだまめさんとすがpapaさんで話していたわけか(納得)。まあ、言い訳するわけじゃないんだけど(既に、言い訳モード・・笑)、自分が早起きオジンであることは自他ともに認めるところ。ただ、家内に、それを求めているわけではないのだ。家内には家内なりのタイムスケールがあるのだ。だから、彼女は自分が起きるべき時間を自らの目覚まし時計にセットしているのだろう。その時間は、自分が起きる時間から1時間程度後なのであるが、実際に起きる時間は、さらに、その30〜40分後になることが珍しくないため、「朝、弱い」と書いているのだ。でも、我が家にとっては、これが常識。きっと、この先も、この常識が覆されることはないだろう。これが我が家の規律であり平和の秘訣なのだ。家内が、自分より早く(それはありえないな)、自分と一緒に(それもありえないな)、自らがセットした時間に(これすらかなり困難)きちんと起きたら・・・きっと、我が家の秩序は崩れそうな気がする。自分のみならず、子供達も落ち着かないはず。朝弱く、ボケをかますキャラだからこそ、我が家が明るく平和なのだ。もう時間もないので、そういうことにしておこう(凄い、はしょりかた)。・・・そうそう、新幹線ツーキニストの缶バッジは希望者に行き渡るように準備していく予定ですので、しばしお待ちを。

昨日は、良く働いたご褒美に、らくだ銀座ママさんの「鳥こまち」で夕食。家族全員が120%満足と絶賛だったので、かなりオススメです。私は、美味しいお酒もガンガン飲んで幸せでした。・・・ちなみに、娘から文句を言われそうなので、一応、自白しておきますが、パイプハンガーの組み立てでプラスチック台座部分にパイプを押し込む際に、突き破って破損させたのは自分です。せっかく、ホワイトの可愛い奴を選んだのに、ガムテープで補修するはめに。娘は、「〜する際に〜を壊してしまう私の父だけのことはある」と家内に自慢げに語っておりましたが、それを言うなら、「この父にしてこの娘」だと思うんだけど。順番が違うくないか?・・・・・今日は、息子の入学式。いやいや、学生服姿を見ると、それっぽい。
2003年4月6日(日):いよいよか

いつものように目覚め時計を見ると5時20分。特に早起きする用事はないのだが、一旦、目覚めると寝ていられない性分なので起き出す。10分後に珍しく娘と息子が起きてきた。福島エリアでは、5:30から放送されている「ヒカルの碁」を見るんだとさ。・・・7時前に電話が鳴る。誰かと思ったら、町内ソフトボール部の監督さん。来週から練習開始のお知らせ。何でも、昨年の納会で「4月の第1週から練習しよう!」と皆で盛り上がっていたこともあり、それを真に受けて今日からグランドに行ってしまう人がいるかもと心配して、皆に電話をしているのだと(笑)。幾らなんでも、昨年末の口約束だけでは、グランドには行ったりしないんだけど、皆が楽しみにしている練習開始だけに、もしや?、と思われたのだろう。いよいよ、地元でのソフトボールが始まる。楽しみ、楽しみ。

常磐線の改善をライフワークにしている?水戸っぽ黄門さんが、「常磐線改善標語」を4月一杯募集されている。私的に賞品まで準備しての募集、涙ものです。皆さん、標語をどしどし応募してくださいね。・・・・・横川駅名物の「峠の釜めし」の立ち売りが「しなの鉄道」の軽井沢&小諸駅でGW期間のみ復活するそうだ。自転車乗りにとって「峠」はインパクトがあるキーワードなんだよね。挑んでみたくなるんだよね。・・・各種メディアに出ずっぱりのボブ・サップ氏、今度は、「ボブ・サップ弁当」になって、8〜21日の期間、全国のサンクスで販売されるんだと。気になるのは中身よりもギャラの金額だったりする(笑)。・・・・・今朝は、「車内販売」で検索していて、楽しいサイトを発見した。「山陽急行電鉄」さん。14ヶ月、JR完乗の記録がある(凄い)。そして何よりもウフフ(気持ち悪いでしょうか?)なのが、管理人さん自身がトップページで書かれている〜その実体は 『鉄道なお姉さんたち』 をメインコンテンツとするHPでありんす〜。制服姿のお姉さんたちをイラストで紹介されています。お姉さん好きの方、もとい、鉄道ファンの皆様、是非、遊びに行ってみてください。

昨夕は、娘と買い物に。娘の通学用自転車。BS製の安価なものを購入。価格は、自分が密かに購入しようと思っているペダルと同じぐらい。デフレなんだねえ、やっぱり。続けて、パイプハンガーとカラーボックス。カラーボックスも安い。自分が娘と同じ年代だった頃より安いんではなかろうか。カラーボックスと言うと、大学一年生の時に、駅前のデパートで5段扉付きを購入、ミニサイクルを片手運転で漕ぎながら、もう片手に下げて下宿までの4kmの道のりを帰った事を思い出す。これが重いの何のって。なんで配達してもらわなかったんだろうね。肩が抜けそうになりながら、根性で持ち帰りましたけどね。過去の掲示板に書いたことがあるんだけど、生協で購入した14インチテレビを肩に担いでロードレーサーで持ち帰ったこともあります。社会人になってからは、布団袋を担いで寮から新居までとか(笑)。

LYCOSツールバーをインストールした。ブラウザからいろいろな辞書が使えて便利。英和は、小学館「プログレッシブ英和辞典」が載っているようなんだけど、かなり詳細に表示されて重宝。百科事典もある。ちょうど、テレビニュースで〜警官が中学生にみだらな行為で逮捕〜。全く困ったものだ。「みだら」って良く耳にするよね。試しに国語辞典でひいてみると、「性に関してふまじめで、だらしのないさま」。そうか、「みだら」って「性」に関しての言葉だったんだね。それ以外のシーンで、みだらに使ってはいけないんだね。こんな事を書いていると、今日も雪が降るかも。

思ったより天気の回復が早い。今日は、カラーボックスとパイプハンガーの組み立て、自分&家内の車のタイヤ交換、午後からお見舞いに出かけ、帰りに、塗料を買ってきて庭のテーブル&椅子に塗る予定。塗りむらがあって、今のままだと、朽ち果ててしまうから(既に手遅れかもしれないけど)。言うんだよね、家内が「愛しているんだもん」、自分「俺?」、家内「テーブルと椅子(きっぱり)」、自分「さいですか・・」。さあ、やるぞっと。
2003年4月5日(土):第9回オフ

缶バッジ 雪!? 昨日は、第9回オフ会(いつのまにか、こんな回数に・・驚!)。公式のオフ会レポートは、水元正介さんにお願いした。「日々これ好日」の書き込み104に、『丸1日かけて「新幹線ツーキスト」の第10回オフ会報告書を作成する予定である。やってみなければわからないが、かなり長いものになりそうだ。』とある。とっても楽しみ。参加者の皆様は勿論のこと、参加されなかった皆様も、水元さんのサイトを、是非、ご覧くださいね。なお、第10回というのは、水元さんが幹事を務めることになっている次回オフ会である。9が10になっているあたりに、水元さんの責任感の強さを垣間見たような気がします(笑)。そんな訳では、オフ会報告はサボる予定だったのですが、今朝になって日記を書き始めてみると他にネタが思いつかないので、なぐり書き程度に書いてみようかと思います。参加された皆様にしか分からない内容になってしまうかもしれません。

今回の会場は、東京駅丸の内、皇居近くの○菱のビルが立ち並ぶ一角の地下にある隠れ家っぽいお店。参加者18名は、第2回のすがpapa邸オフ(家族を含め27名)を別とすれば、第3回と並ぶ最多。諸般の事情で残念ながら参加できなくなったmayuさん。皆さんが残念がっていたことを付け加えておきますね。・・・・・さて、まずは、初参加のお二人。HIROさんは、最遠の八戸からの参加。お店の場所を記録し忘れ、メーリングリストにSOSを発信するも、隠れ家風のお店は携帯の圏外というわけで、気付くのが遅れました。ゴメンナサイね。お店の場所をメールすることで、事なきを得ましたが、次回は、お店の場所をメモしてきてくださいね。そして、くだけた姿も見せてくださいね(謎)。颯爽と現れ、颯爽と帰って行かれたのが、らくだ銀座ママさん。北陸の地でお仕事と朝方4時までの飲みをこなして駆け付けてくれた空間&映画プロデュサーさん。空間と時間を最大限に使う技に脱帽です。手がけられた「鳥こまち(新白河)」での、焼き鳥オフは、是非、実現しましょうね>ALL。・・・・・次は、幹事のお二人、りーたんのパパさん、えだまめさん。素敵なお店の選定とあれこれ趣向を凝らしていただき、大変、盛り上がりましたね。お疲れ様でした。りーたんパパさんの作った参加者名簿の寸評、一部に?の声もありましたが、参加者の特徴を良くとらまえておりました(good job)。HIROさんへの「固い!」コールの連呼、絶妙のタイミングでした(笑)。えだまめさん、景品の手配やらCF-R1を使ってのビンゴ大会、サスガです。私を最初にビンゴにしてくれるあたり、技が見え隠れします。シェアウェアの送金を促すダイアログ表示も絶妙のタイミングでドキドキしました。またお願いされるかも?その際には、送金してくださいね(笑)。・・・・・続いては、泣く泣く参加できなかった、えんがわさん&天城越えさんご夫妻からのメッセージ。内容は忘れてしまったのですが(爆)、感動しました。読み上げた、えだまめさん、辞表のエピソードを皆さんに紹介してましたよ(笑)。可愛い贈り物、りーたんも、さぞや喜んでくれるでしょう。参加できない旨、メールや掲示板でお知らせいただいた方も紹介しちゃいましょう。ASさん、ウメさん、fiorentinaさん、はっしさん、kentさん、gochanさん、広瀬さん、礼穂さん・・他にも、都合がつかず参加を断念された皆様、次回以降、いつの日か、ご一緒できることを楽しみにしています。・・・・・終電事情で一足先に失礼したのが、Ushiさん、日光山伏さん、そして私。山伏さん、週末は横笛の練習ですね。すがpapa邸オフに備え、法螺貝の練習も怠りなきようお願いします。Ushiさんは、単身赴任先での通勤時間が1時間20分と、白河から東京の通勤に匹敵する遠距離通勤をされています。本当にご苦労様です。週末はご自宅でおくつろぎください。未だ寝過ごしたことがないそうで、一緒に帰る仲間としては、とっても頼りになります。・・・・・新幹線に深く関与しながらツーキリストになれないのが、メモリアルさん。貴方の制服姿を見てみたいです、いつの日か、新幹線でお会いしましょう。寝過ごしそうなツーキニストを見かけたら起こしてあげてくださいね。それと、「車内で見かけたら声をかけて、特典が・・」と聞こえたような気がするのですが、気のせいでしょうか?、事実関係は、水元さんの報告書で確認することにします。今後、多数、声がかかるのではないでしょうか、お覚悟を(笑)。・・・・・最近、テレビでお見かけしないと思ったのが、こっしーさん。事情を聞いたら、タマちゃんの着ぐるみを、樹木希林さんから、まだ返してもらってないので、泳ぎに出れないのだそうだ。ふーん、そんな馬鹿な(笑)。・・・・・蕎麦に凝り食べ歩くのが、すがpapaさん。確か、ご自分でも打たれるんでしたよね。蕎麦効果で、コレステロール値も正常値に、体重も減ったとか。そうそう、初参加のHIROさんは、ぱっと見渡した時に、すがpapaを見て、あの人がMujinaかと思ったそうです。何がそう思わせたのかは、今度、ゆっくり聞いてみたいと思います。・・・・・最も、忙しかったのが、Cafeさん。三つの宴会をかけもちするマルチタスクぶり。さすがに、「ORACLE MASTER Platinum」を持つチーフじゃなかった課長さん。最初と最後は、オフ会を優先するツーキニストの鑑です。・・・・・水元正介さん、全員分の押し花の栞、ありがとうございます(我が家は家内のものに)。今回は、突如、報告書作成をお願いしてしまいすみませんでした。でも、水元さんの目から見たオフ会レポート、一度、読んでみたかったのです。次回は、第10回記念オフ会の幹事の大役もお引き受けいただきありがとうございます。次は、銀座だよ>ALL。・・・・・新幹線乗車時間より駅までの方が遠いらしいのが、アラーキさん。なんと、駅まで、車でたったの48分らしい。来春の新駅開業が待たれます。本当に近くなるんでしょうか(謎)。・・・・・電脳オフイスを持ち歩くと噂なのが、Tomさん。今回は、珍しく、鞄にプリンタが入っておりませんでした。次回お会いする時は、プリンタに加え、スキャナーも入っていそうな気がします。半導体の売り子さんの姿、可愛かったですよ(爆)。・・・・・新富士から遊びに来てくれたのが、あかいけさん。私用のはずなのに、何故か、出張扱いになるというラッキーぶり。無事に終電に乗れましたでしょうか、それだけが心配です。・・・・・新白河組のはずなのに、東京にも泊まるところがあるのが、しおちゃん。どこか怪しいぞ(爆)。というのは冗談なんだけど、今回は思う存分飲めたでしょうか。これまで、お仕事の関係で何度も涙を飲んでますもんね。次は、白河プチオフをやりましょう。・・・・・掲示板では果敢な書き込みで知られるのが、水戸っぽ黄門さん。実際にお会いすると、今回も、優しい紳士でした。素敵な名刺(Version2)、ありがとうございました。今度は、悪代官をこらしめている水戸っぽ黄門さんのお姿も、遠くから拝見したいと思います(笑)。・・・・・最後は、釣りキチ、こばやん。新幹線ツーキリストのページに掲載している「新幹線通勤の日々のオリジナルマーク」(デザイン:有馬さん)のデータを送って欲しいと連絡をもらった時に、もしや?と思ったのですが、期待以上の缶バッジ(写真左)をこさえてきてくれました。ビンゴで先着5名様に缶バッジとあって大変盛り上がりましたね。我が家には、リッキーの缶バッジまでいただき大感謝です(家内、娘、息子に行き渡り、皆、大喜びでした)。鮎の解禁が待ち遠しいですね。ホームページを開設したら、すぐお知らせくださいね。・・・・・そして、ビンゴに、たくさんの素敵な景品を持参していただいた皆様、本当にありがとうございました。粗品を持参してしまった管理人をお許しください。さらに、大事な仕事を二の次にしても、オフ会に駆け付ける皆さんのモチベーションの高さに脱帽です。以上で、なぐり書きのオフ会報告は終了。今回、参加できなかった皆様、次回をお楽しみに。

水元さんから、オフ会報告アップのお知らせが届きました。〜「自己紹介編」が…水元正介のひとりごとUの「日々好日」に、「皇居のお堀のそばで…(プロローグ)」が…水元正介の文書箱の「日記帳」にございます。〜 (プロローグ)・・・(つづく)とありますので、オフ会報告は、まだ、続くようです。・・・・・今日の白河、冷たい雨が雪にかわり、また雨に(写真右)。寒いです。
2003年4月4日(金):ボケた夫婦

夜桜 今朝は、パソコンの中に以前入れておいた、葉加瀬太郎さんの「Endless Violin」をBGMに通勤日記を書いている。写真は、昨日の帰りに日本橋で撮影した桜。・・・・・昨日の日記に書いた手帳だけど、会社の机の引き出しにありました。娘や息子に心配され、家内にも・・・そこで、「見つかったよ!」ってメールしたら、「物忘れもボケの証拠」とバッサリ切り捨てられましたが、続けて、「実は、自分も○○○が見つからない」と。夫婦揃ってボケなのか。それにしても、どうして引き出しなんかに入れたんだろう。一度も入れたことなどないのに、我ながら謎。まあ、発見されたんで、よしとしよう。

「セントリーノ」対応モデル、売れ行き好調らしい。結構なことである。そんな中、「αランド八重洲」閉店のお知らせはがきが届く。知ってはいたものの、いよいよかと思う。昼休みに利用するのに便利だっただけに残念。「ツクモ八重洲」も昨年、いつのまにか無くなってしまったし。残るは、東京駅北口の「さくらや」さんぐらいか。東京駅・日本橋界隈に、もう少し、品揃え豊富な店があれば良いんだけど、それは無理ってものなんでしょうね。こんな事を書きながら、我がレッツノート3台の購入店を思い返すと、初代(ヤマダ電機・大泉学園前店)、二代目(奈良県の通販専門店)、三代目(ヤマダ電機・えだまめ家前店)、全然、近くで買ってないじゃん。

弟子屈町の西川栄明さんから新刊の案内が届く。一昨年の『北の木の仕事 20人の工房』の続編にあたる、『北の木と語る』(北海道新聞社、2,400円、ISBN4-89453-248-4)である。〜北海道生まれの代表的な12種類の木が、どのように生まれ、育ち、使われているか、その木と関わる人たちを通して、木の一生を約300点に及ぶ写真とともに紹介〜とある。・・・・・高校生対象に乗車マナー標語を募集(JR東日本企画仙台支店)。4月一杯。駅にパンフレットが置かれている。あなたの標語がポスターになるそうだ。最優秀賞6作品は、東京ディズニーランド、一泊二日の旅にペアでご招待だって。他にも優秀賞、参加賞(抽選)などあり。背景には、高校生の乗車マナーについて多くの不満が寄せられていることがあるそうだ。・・・常磐線利用者対象に常磐線改善標語募集なんていうのは、どうでしょうか?>JR東日本・水戸支社様。・・・今日はオフ会。水戸っぽ黄門の怒りを買うような、常磐線の遅れなどありませんように(笑)。

次回のキリバン393939(アリガト、アリガト、アリガト)は、いつ頃かなと試算してみました。これまでのペースで推移するとして、5月22日頃が予定日です。まだ、1カ月以上ありますんで、ここだけの話ですが、臨時のキリバンを設定します。今、ご覧いただいている通勤日記のカウンター10万をキリバンとします。現在のペースだと、来週末あたりには到達しそうな気配。なんですが、このあたりは、読みきれません。昨年の七夕に設置したカウンターです。果たして、10万の記念カウンタをゲットされる方は、どなたでしょうか?是非、スクリーンショットなどを添えてお知らせくださいね。
2003年4月3日(木):目標霜降り

お天気も回復、今朝は、ヒンヤリした空気が心地よい。4月の気温が平年より高目に推移しているので、東北地方の桜の開花は、平年より早まりそうと気象庁の予報。福島市で8日、青森市で24日としている。白河では中旬以降というのが平年並みかと思うのだが、昨年の通勤日記によれば、4月6日に花見をしている。昨年は、今年以上に開花が早かったらしい。・・・・・本日から6日まで、「ROBODEX2003」がパシフィコ横浜で開幕する。「鉄腕アトム」の誕生日が2003年4月7日ということもあり、6日には前夜祭が行われるとのこと。人気者のASIMO君はスピーディに変身、3km/h歩行が可能とのこと。横浜にぷらっと遊びに出かけ、ROBODEX2002を見たのが昨日のことのように思われるんだけど、あれから1年になるんだね(しみじみ)。

NTTドコモの「505i」シリーズでは、100万画素超カメラ付きモデルが目白押しになるそうだ。遂に、初代EXILIMも追いつかれてしまった。どれ位まで接写できるのかは不明だが、最低でも自分の顔を撮れるのだろうから、この点でも、初代EXILIMは敗退。ただ、画素数アップということは、容量アップ→通信料アップということだよね。・・・・・PanaSenseからマイレッツ倶楽部NEWS(4/2)が届いたんだけど、〜お買い得パソコン「レッツノートPRO A3 700MHzモデル」ご好評につき、さらに10台追加してご奉仕〜とは、なんか面白くもなんともないんだけど。もともと限定10台販売とアナンスして好評だから10台追加すると。限定と言いながら追加するあたり、そして、好評な割には、たったの合計20台かと。こんな情報が欲しくてメールNEWSを購読しているんじゃないんだけどね。

昨日は雨の中、大宮駅で下車してバイクを漕いできた。降りた時にはボロ雑巾のようにヨレヨレ気味に疲れていたんだけど、大汗かいたらスキッとした。生き返った。シャワー、ジェットバスでサッパリもしたんだけど、なかなか汗がひかなくて困った。500mlのスポーツ飲料を補給しながら約50分漕ぐんだけど、終了時には体重が600〜800gほど減る。補給分を加味すると、1リッター以上の汗をかいている事になる。水分を補給すれば体重は元に戻るのだが、汗をかく→雑巾を絞ったような感覚が気持ちいいんだと思う。お腹、首周りの脂肪は、簡単には燃焼しそうにもないが、1年ぐらい今のペースで続ければ、脂肪から霜降りぐらいには変質するんじゃなかろうかと期待する。一見、単調で飽きそうなバイク漕ぎだけど、それなりに楽しいのは、自分が自転車乗りだからだろうか?そんなに好きなら、自宅にエアロバイクを置けばということで、置いたこともあるんだけど、自宅じゃ続きませんね。環境が大きいんです。周囲の皆が一生懸命に汗を流しているから、自分もつられて頑張れるんです。自転車乗りの悪い癖で、隣人に勝手に勝負を挑んだり(心の中で)してます。隣人より、負荷を上げ、回転数を上げ、時間を長く・・てな具合に。完全な一人相撲なんですけどね(笑)。・・・・・やばいです。昨日から大事な大事な手帳が見当たりません。予定がわからん。シークレットな事項も一杯書いてあるのに。もっとも、書き込み時には、暗号化してあるから他人には内容はばれないと思うけど。なにせ、自分でも、読めなくなるぐらいなんで(爆)。
2003年4月2日(水):最近見た夢

娘からのメモ プリンターが気になる 東京は桜が満開。今日は雨が降り気温も幾分下がるようだが、週末に花見を予定されている方もいるのだろうから、花が散らないことを祈ります。・・・起きると、テーブルに娘からのメモ(写真左)。「月のしずく」と「RIDE ON TIME」のピアノ楽譜をプリントアウトしておいてくれというもの。こんなメモを置かれると、マメオ君になって、プリントアウトしてしまうオヤジです(笑)。プリントアウトしていると決まってリッキーが寄ってくる。稼動音と用紙の搬送が気になり、じゃれ付きたくなるらしい(写真右)。「ダメ!」って叱ると、いじけて、プリンター背面に回りこんで、USBケーブルにじゃれ付いたりする。元気なリッキーなんだけど、どことなく野性味(男気)が失われたような気がするんだけど、気のせいだろうか。

テレビ星座占いで、本日の射手座は1位(拍手)。「うれしいハプニングが続出」らしい。ハプニングは嫌だけど、頭に、「うれしい」が付くなら大歓迎である。午前中、人と会う予定があるんだけど、思いのほか話がまとまって、コラボレーションしましょう!なんていう嬉しい展開になるんだろうか。そういえば、以前に話題にした「HAKOJIN(箱人)」だが、今週・来週と、かなり近くで企画展示を行っている。以前、箱人オミクジで「大凶」を引き当てた自分、今回もチャレンジしてリベンジをはからねば。・・・・・昨晩も、誘われて軽くカクテルを飲むはめに。終電まで1時間程度の時間帯だったのだが、誘った方も、さくっと飲んでさくっと帰りたかったらしい。自分を誘えば、間違いなく、自分の終電の時間に合わせて立ち上がるキッカケになって具合がよろしいらしいのだ(笑)。終電時間の制約で、何かと気をつかってもらって申し訳ないと思っていたが、このように重宝されることもあるんだね。・・・・・自宅に帰ると、カレーの匂い。娘が一人で作ったカレーらしい。辛いのが好きな自分としては、物足りないかなと思いきや、予想外に美味しい。ジャガイモ、ニンジンも崩れずに適度な柔らかさだ。思わず、おかわりをしてしまった。えーい、太ったって良いや、明日は、スポーツクラブに行こうってな具合。

日記同盟の今週のテーマは「最近見た夢」。頭をこんこんと叩いてみたものの、最近見た夢が思い出せない。爆睡しているせいなのか、物忘れが激しいせいなのかは分からないけれど。アイドルや好きな娘の写真を枕元に置いて夢を見たいと思った遠い過去もないではないが、今は、特に夢を見なくても困らないんで、まあ、今のままで良いかなと思う。最近から、もう少し過去に遡れば、疲れる夢をよくみた時期がある。思わぬトラブルが続出で、全然、目的に到達しないっていう夢。余りのショックで目がさめた時には、全身ぐったりという状態ながら、夢で良かった、ふっ!、という感じ。例えば、海外出張に行く夢。家を出ると忘れ物に気付き、取りに戻る、忘れたものが見当たらない。諦めて、家を出る。切符が無い。こんなことを繰り返し、電車に間に合わない、空港のゲートを通過できない、なんとか飛行機に乗った。降りてみると、ヨーロッパのはずがアメリカに着いている。ヨーロッパへの足の確保をしなくちゃと思うのだが、全く英語が話せずコミュニケーションがとれない。そして、出張で必要となる資料一式を忘れてきたことに気付く。落胆。ここで目がさめるといった具合。嫌でしょう、こんな夢。だから、夢は見なくても良いかなって思います。

先日、相互リンクの申し入れがあった。相手サイトを見て、自分なりに良いかなと思ったらリンクするんだけど、今回は、韓国の音楽と映画の紹介を主体にしたイノライフさん。何ともピンと来ないのだが、この際なんで、相互リンクしましょうか。
2003年4月1日(火):もしかして

月初は、ばたばたと忙しい。通勤日記を4月用に初期化しなくちゃならないし、掲示板の発言トップ10も確定しなくっちゃね(笑)。「仕事が忙しいんじゃないのか?」と思った方もいるかと思いますが、まあ、仕事の話は書いても減るわけじゃないし。・・・宇都宮駅に到着時点で、ようやっと、通勤日記の初期化完了。さあて、書くとするか。

今朝、駅に向かう途中、自分の前を走るハイエースは、満載の荷物の上に、カゴ付きママチャリが載せられ、これでもかという詰め込みぶり。「わ」ナンバーなので、レンタカーでのお引越しの最中なのだろう。・・・・・昨晩は、たまたまた上層部の方々と酒を飲むことになる。「新幹線の時間は大丈夫?」とか言われながら、日本酒を冷で頂く。美味い。「今、近くに建設中のマンションでも買ったらどう?・・2,800万円ぐらいで買えるらしいよ」などとマジ顔で言われるが、ローンレンジャーの自分には、どう逆立ちしても無理な話。会社が、ある時払いの催促なしで全額貸してくれるっていうなら、考えても良いけれど(爆)。まあ、終電を気にしつつ、白河まで帰るこの生活が良いんですよ。東京で暮らすようになったら、何の意味もないんだけど。・・・そんなこんなで、あれこれ話すうち、時間は、あっという間に過ぎる。自分的には、走れば○分だから、話のキリが良いところで席を立とうと考えていた矢先、ふと時計を見たT部長「時間、大丈夫!?」と声をかけてくれたので、そのタイミングで、「あっ、そうですね。では、お先に失礼します。」と席を立つ。最後にオーダーしたオニギリを食べたかったなあと思いつつ店を後にする。自分的には少し余裕を持って席を立ったはずなのだが、結果、小走りをしないと危ういタイミングであった。「走れば○分だから」は、飲んでいる時には、ちょいと危険な賭け。自分の感覚でギリギリまで店に居たら、大汗かいて、心臓ばくばくになっていたに違いない。・・・・・家に着いて、子供達が寝た後、家内とあれこれ他愛のない話をした後、こう話を切り出した。「転勤になりそうだ。上の人から打診があった」、家内「えっ、いつ?」、自分「7月」、家内「どこへ?」、自分「大阪」・・と、家内は、5W1Hの順番で質問を続ける。この後に続く、誰が?、何を?、何故?・・などは、既に明白なんで、質問するまでもないんだけど。しばし、沈黙。仕方がないので、「まあ、4月1日なんで、嘘ついてみたんだけど、騙された?」てなわけ。時計の針は、既に1時を回っておりましたとさ。でもね、今は嘘だけど、こんな事を書いていると、もしかしてがあるかもよ。マジで。