2002年2月

先月の日記、(一年前の日記二年前の日記三年前の日記
 
 
 
 
 

おっ今日は

二重跳び

ネットの顔

あと一時間

半璧主義

当サイトは

安全弁作動

一枚の写真

アンケート
10
海より深く
11
おかしい?
12
三連休明け
13
新幹線停電
14
今日は・・
15
杉君の受難
16
誠に遺憾
17
今日こそは
18
ネコを作製
19
沢庵の香り
20
我に返る
21
お仲間二人
22
会社で使う
23
粗品に弱い
24
ジャパン!
25
嬉しい誤算
26
驚異のA氏
27
2007年
28
花言葉は?
 
 
 
 

2002年2月28日(木):花言葉は?

今朝は少し雨が残るが、午後には回復するらしい。よく、「白河は雪あるの?」とかマジ顔で聞く方も多いが、白河の冬も、たいしたことはない。今日は、遂に、コートを脱ぎ捨ててみた。とっても身軽で気分がよろしい。朝のテレビで、うんたまさんの住む沖縄の話題。ひまわりが満開である。ひまわりと言えば、種、ハムスターの大好物。両手で押えて皮をむいて食べる仕草がめっちゃ可愛い。ゲホ!ゴホ!(花粉症で咳き込む)、そうそう、ひまわりと言えば、やっぱり、ゴッホの「ひまわり」が有名かな(かなり寒く強引な導入。やっぱりコートが必要だったかも・・)、伊藤咲子っていう歌手もいたなあ。もとい、ひまわりの花言葉は、「あなたはすばらしい」だそうだ。花を買うこと自体珍しいので、花言葉まで気を回したことはほとんどないが、せめて、ひまわりの花言葉ぐらいは、この機会に覚えておこう。もしも、私から、ひまわりをプレゼントされることがあったら、「あなたはすばらしい」という意味がこめられていると感じとってください。その時点で、本当に本人の記憶があるかどうかは、定かではありませんが。・・総務省東北総合通信局のまとめによれば、2001年12月末で、DSL(4万9,669件)&CATVインターネット(3万7,908件)、合計の世帯普及率は2.7%(全国平均6.0%)。山形県(4.6%)〜福島県(1.1%)と県による開きが大きい。福島県の低さは、CATVインターネットが提供されていないことが原因であると結論づけられている。いまさらまとめてもらわなくとも、とっくの昔に判っていたことなのだが。ブロードバンドで出遅れる、どこまで行っても離される、天下のネット貧乏福島県・・フー。・・JR東日本、3日連続、指定席も乗り放題の「大人のパス」は、13,000円。グリーン席用でも、16,000円と魅力的。使ってみようかなと思い、良く見ると、対象は、60歳以上の大人。自分などは、まだまだ、小僧なのかあ・・先は長い。

2002年2月27日(水):2007年

今月中旬に、JR東日本のプレスリリースで東京駅周辺整備計画の内容が明らかになった。自分が主に利用している八重洲口側については、高層のツインタワーが建設される予定。第一期の完成は2007年となっているから、その頃も、現在と同じように新幹線通勤をしているかどうかは判らないが。開発計画や丸の内側駅舎の保存・復元計画など、PDFで資料が公開されているので、ご興味の向きは、JR東日本のHPをご覧あれ。・・毎日新聞提供の福島県版ニュースに不思議な記事を発見した。公的な工事事務所の行ったコンクリート骨材試験の結果発表。県の浜通り地方11プラントの砂と砂利について、砂は全てが無害でない、砂利は1ヶ所が無害でないというもの。しかし、この無害でない骨材を使用した生コンでも、総アルカリ量が規制値以下なので問題はないとのこと。なんか、不思議じゃないですか。無害でないという、まどろっこしい表現もさることながら、それを使っても、規制値以下なので問題ないと言う結論。こういう表現を目にすると、不安にかられてしまうのでした。・・最近は、隣席に越境気味の方が座ることが多かったのだが、今朝は、越境の心配の無い方が宇都宮から隣席に座ったのでホッとする。隣人は、朝の時間が慌ただしかったようで、トレイにグァバ茶を載せると、袋から持参したパックを取りだし何やら食べ出した。おお、ヤキソバだあ。朝からヤキソバ、なんか素敵。袋の中には、手作りと思われるオニギリも一個。半分位食べて、次は、お化粧タイム。残った朝食は、ひょっとして、昼食にもなるのだろうか?と、お世話なことを考えてしまった。大宮駅過ぎには、化粧も終えて、ほお杖ついて反対側をぼんやりと眺めるくつろぎタイム。なんか、アンニュイ(笑)。おっとヤバイ、急に、こちらに向きを変えた。慌てて画面をスクロール。まあ、隣席からでも、ワードパッドで書いている通勤日記の文面は読めないとは思うけど。ちょっと焦る。このアンニュイなお姉さんは、時には、トレイに突っ伏して爆睡していることもある。とっても目立つ方なのだ。

2002年2月26日(火):驚異のA氏

朝食を食べていると、「昨晩、出し忘れた、いちご大福・・どうする?」と家内。そんなもん朝から食えるかという気がしないでもないが、素直に食べた。なかなか美味しい。テレビから流れるニュースでは、岸壁から海に車で落下し死亡とか、背中と足に刺し傷のある死体が発見だとか・・ろくな死に方ではない。死ぬなら、朝から、いちご大福を喉に詰まらせて死にたいものだ。これも、ろくな死に方ではないかな。さらに、テレビから、ウタダパパのインタビューの模様。そう言えば、昨日は、ヒカルちゃんが全米デビューするとか言ってたような。この親子とくれば、我らの世代は、やっぱり、ヒカルママ=藤圭子だろう。正直、一度も良いと思ったことはないのだが、そんな自分ですら、「圭子の夢は夜ひらく」は記憶に残る。「赤く咲くのは けしの花 〜 十五 十六 十七と 私の人生暗かった 〜」、とっても渋いです。後半は、少し白け気味で余り見れなかった冬季五輪も閉幕してしまった。閉会式では、ボンジョビやkissなども登場したそうだ。kissの「ロックンロール・オールナイト」なんぞ、高校時代頃に流行った曲(?)・・懐かしかった。・・先日、アクセスログを眺めていて、茨城の就職サイトからリンクされている事に気付いたことを日記に書いた。実は、その翌日に、同じく茨城のA氏のサイトからリンクされていることを知った。23日に新幹線通勤の日々へのリンクを設定されたようだ。実は、このサイト、過去に訪問したことがある。前回のオフ会で、えだまめさんから、凄い方がいると教えていただき、ちょっと覗いたことがあったのだ。くどくど書かずに、トップページにあるご挨拶の一部を引用してみよう。「〜駅まで歩いてたったの40分の凄く便利なところです。通勤も往復でたったの4時間です。たいしたことありません。全然平気です。途中で乗り越して帰宅に5時間かかったときも、ちょっとしか泣きませんでした〜」。茨城で想像がつくと思うが、A氏は新幹線ではなく在来線による長距離通勤者。乗り越して帰宅に5時間かかったエピソードなどは、涙なくしては語れないような話だと思うのだが、それを、ネタにしてしまうA氏に、何故か、心惹かれ始める自分。でも、ちょっと恐い(笑)。敬意を表して、自分のリンク集にも登録させていただいた。そのHPのタイトルは、ズバリ、駅までたったの40分!である。是非、ご覧あれ。こんなことが切っ掛けで相互リンクに到った方は、結構多い。例えば、Uronimu's HomePage、うろにむさんの日記、何とも言えず面白い。お気に入りの日記の一つである。また、digi+SueME、MAC使いのお医者さんの背中を押してレッツラーへと変身させたのは、本当に新幹線通勤の日々の管理人なんだろうか。また機会があれば、お気に入りのHPのことを書こう。作業中ながら、ようやく一ページにまとまったリンク集。これに、もう少し充実したコメントを加えたり、バナー掲載版やゲットしたキリバンなどもまとめたいのだが、遅々として進まない。リンク先サイトに足を踏み入れると見入ってしまったり、いつの間にかチャットにはまっていたり、また、コメントすること自体の難しさもある。まあ、気長に行こう。棒ほど願って針ほどかなうという諺があるではないか。あれやこれや一杯考えて、少しずつ実現していこう。こんなことを考えている脳天気な狸、それが、新幹線通勤の日々の管理人の姿である。だって、仕事のことを書くわけにもいかないしね(笑)。

2002年2月25日(月):嬉しい誤算

今朝は結構冷えこんだ模様。暖かい新幹線に乗りこんでからも、しばしつま先がジンジンする。・・正直言って嬉しい誤算。息子が加入しているミニバスチームが県大会出場を決めた。県大会は、我家のスキー合宿の日程と完全に重なり、後者をキャンセルすることに。やや残念だが、まさかの県大会出場に、子供達も親もスタッフの方々も感激。チーム数が男子の何倍もある女子は競争率も厳しい。その中でも期待された女子であったが、惜しくも優勝チームに途中で破れてしまった。・・一昨日の日記に書いた通り、今朝から、@niftyバッグを使用。薄くなった分、やや窮屈な感はあるものの、必要なものがピッタリと収納された。そこで、「凄いよ!ドンピシャだよ!」と言うと、家内が「まるでパパの為にあるようなものね・・」と調子が良い。それから十秒もたたぬうちに、「あっ!こっちも凄いわよ!」と・・なんと、みりん干しが真っ黒に焦げている。自分「これ、食べたら、体に悪いんじゃないの?」、家内「一回ぐらい大丈夫よ!」・・その一回とは、生涯に一回なのか、年一なのか、月一なのか・・はたまた・・彼女の尺度は理解不能、恐いから、それ以上聞くのはやめた。・・原発全廃を目指すドイツでは風力発電に力を入れている。この一年で44%増強、11,000基が稼動しており、全エネルギーの3.5%を風力発電でまかなっているという。・・昨日、京福電鉄本線&北野線が停電の為、全線で電車が停止。変電所内で感電死した猫が原因とのこと。猫君は、地上2.5m付近の通気口のブラインドの7cm程度の隙間から侵入して災難にあうという、まさかの事態だった模様。当分、変電所に職員を常駐させるらしいが、猫が通気口によじ登らないように見張りをするのだろうか?早く、網でも取り付けて侵入できないようにしたら良いのでは。・・日常生活には全く支障がないのだが、微妙に左足付け根の裏側部分を痛めたらしく、座る際に違和感を覚える。ソフトの練習時に、ピッ!と痛みが走った瞬間があったのだが、その時に痛めた模様。この時期、準備運動は念入りにやらないといけない。年も年だし。昨日は、練習を終え、埼京線で大宮駅へ。新白河行きの新幹線は、30分程前に発車しており、1時間強、新幹線が無い。それなら、宇都宮まで先行して餃子でも食おうかと思ったが、連絡したい新幹線は宇都宮通過で那須塩原に停まる珍しいパターン。やむなく、那須塩原まで先行する。ひょっとしたら、在来線を乗り継いで、連絡する新幹線よりも早く着けるのではと期待したが、ダメだった。一時間ほど、那須塩原の待合室で時間を潰す。窓からは、那須連山、黒滝連山、高原山、そして、日光連山まで見渡すことができた。美しい山並みに出会えて大感激。悲しくも、嬉しい誤算であった。

2002年2月24日(日):ジャパン!

誰もいない車両 サロンカー「ゆとり」 花粉症で外出が憂鬱ながら、こうしてソフトボールの朝練には、きっちり早起きして出かける自分。これがあると一週間の生活にもハリが出てくるような気がしてならない。暖かくなったおかげで肩の調子もマズマズ。昨日は、久しぶりにストラックアウトで遊んできたのだが、8球を2回記録。もう少しでパーフェクトだったのだが・・。今日は、在来線を二本乗り継ぐパターンなので、そんな写真を二枚ほどパチリ。一枚目は、新白河発5:28の在来線、この車両には乗客が自分だけである。二枚目は、黒磯で乗り換え時にホーム反対側に停まっていたサロンカー「ゆとり」である。車内に観葉植物が置かれている。宴会、温泉、宴会、温泉が頭の中に点滅する、楽しそうな電車である。在来線の中で朝食を済ませる。珈琲は自家製だが、オニギリはコンビニで調達。前進陳列の最後尾から二種類をゲットしてきた。最後尾と言っても各種3個位しかないから意味が無いような気もするが。ちなみにラベルの製造時間は、紅鮭が4AM、鶏五目が3AM、製造場所は本宮とある。購入したのが、5:20AM。製造時間って正確にはどの時点を言うのかなと、ふと考えた。そういえば、前進陳列っていう言葉を初めて聞いたのは、大学入学したての春。最近、何かと話題のNオーナー率いるダイ○○の食品売場でバイトした時である。陳列する時は、古い物を手前に新しいものを奥に置くようにと指導された。買う客にも、そうした事情を知っている方が多く最後尾から取り出したりするんで、ランダムに並べたこともあるのだが(笑)。まあ、そんなことして意味があるのかないのかは判らないが、賞味期限も値段も気にしない、お父さん連中が手前から無造作に買っていくのだろうと思う。春と言えば、コンパがたくさんあって、酔っぱらいすぎて二階から飛び降りたり、ゲロの海に俳諧する輩がいたりと散々なものだったようだ。自分は奥手でバイトに専念していたこともあり、ほとんど出なかったのだが、友人からつき合いが悪いぞと言われて一度参加。たまたま隣に座った娘が、初コンパで初々しく、コンパも良いなあと思い直したっけ。数日後、バイト姿を見物に現れた彼女からメモをもらって喜んだ当時が懐かしい。・・花粉症が辛い。今年の発症日は一昨日(2月22日)あたり、ネコの日のようだ。なんでネコの日なんだろうか?にゃあにゃあにゃあ(222)という強引な語呂合わせなんだろうか。・・昨晩、息子から算数の問題を聞かれた際に、円周率の話になった。最近、円周率を3にしたらという大胆な意見が出ていたように思うのだが、息子に聞くと、3.14で計算しているようだ。確かに小数点第2位まで考えるのは細かすぎるのかもしれないが、3じゃ余りにも略しすぎと思えてならない。円周率の桁数にも、語呂合わせでの覚え方がある。高校時代の記憶なんで間違っている部分もあるかもしれないが、確か、3.1415926503589793238462・・(産医師、異国に向かう、産後やくなく産婦宮代に・・)だったような気がする。家に帰ってから調べてみよう。連想記憶術というのも流行ったなあ。シケタン(試験に出る英単語)の訳語を、あ〜順に、数百位覚えたことがある。シケタンの日本語を順番に覚えても何の役にも立たないのだが、連想記憶術の効果だけは確認できた。・・息子は、今日もミニバスの試合。急に爪を切り忘れていたとか言って切ろうとしていたので、少し長目に切るようにアドバイスした。例えば、踏ん張る時など、爪が指の押さえとして果たす役割が大きいと聞いた気がするから。自転車のレースに出ていた頃、爪を切る場合は、レースの三日前以前には切るようにしていたのだが。これって、根拠ないんだろうか?誰か知っていたら教えてください。・・なんか、スポーツとは無縁そうな家内だが、来週末に卓球の試合があるそうで、各自、ゼッケンを縫いつけなければならないらしい。最近、草書も書き始めた娘に、草書体のゼッケンを書いてもらうのも面白そうだが、なんかでもらって以来使う機会のないインクジェット対応のアイロンプリント用紙を使ってみようかと思う。名前だけじゃツマンナイので、Japanとか入れてみようかな。郷ひろみ風に、「ジャパン!」。

2002年2月23日(土):粗品に弱い

バッグ ハート型ハーフミラー ミニバスの県南大会初日、お弁当を作る家内ともども息子を5時半に起こす。花粉の影響が色濃く、クシャミ、鼻水が途切れない。お天気が良いので、自転車に軽く乗ろうかと思っているが、帰って来てからが悲惨そうである。「ニフティSUPER Internet編集部」のHさんから、ノベルティグッズ群が宅配便で届く。本日のタイトルに書いたように、粗品に弱い自分は尻尾を振って喜んでしまう。今回の頂きものは、粗品ではなく豪華な部類である。ノートパソコンを入れて持ち歩くに丁度良さそうなバッグは、早速、月曜日から使ってみようかと思っている。ハート型のハーフミラーに、娘は大喜び。他にも諸々。図書カードは、今後のキリバンゲットの方に送る粗品に1枚ずつ添えようかと考えている。トップページにも書いたが、次のキリバン160000への到達予想は、25日と予想しているが、明日24日夜に、かなり接近するかもしれない。狙っている方はチェックを怠りなく(笑)。・・掲示板に、ウエちゃんからデフラグ関連の書き込みあり。そう言えば、しばらくデフラグをかけていない。時間がかかる上、処理中はアクセスできないので、ついつい怠ってしまうからだ。実は、デフラグ処理には、かなり親近感を感じている。かつて、特殊用途のファイルシステムを作ったことがある。MS-DOSとRSX-11M(DEC社ミニコンPDP11シリーズのOS)の良いとこ取りをし、さらに、連続した空き領域を確保する機能を持たせたオリジナルファイルシステムだ。使いこむうちに空きが非連続になるので、デフラグ処理と同等の機能もユーティリティとして作成した。単純なアルゴリズムで、ひたすらディスクの読み書き処理を行うプログラム。なんか健気で可愛さを感じてしまうのだ、そんな自分は異常だろうか(笑)。日々の仕事を、このプログラムのようにサクサクと処理できたら、さぞかし気分が良いのだが、現実は厳しい。・・東京駅での乗降となって、すっかりご無沙汰の上野駅であるが、昨日、装い一新したようだ。外観はあまり変えずに内部の改装を行ったとのこと。バリアフリーへの対応、インターネットが無料で使えるスペース、授乳室や女性用化粧室、ショッピングストリート、イベントスペースなどを設けたようだ。・・千代田区は、通学路での路上喫煙を禁止する条例制定の方針を打ち出した(全国初)。路上に平気でゴミを捨てる方は居ないと思うが、何故か、煙草は平気で捨てられている事が多い。常々、不思議だと思っていたこと。

2002年2月22日(金):会社で使う

会社生活で使えるサイトとして紹介(笑) 穏やかな朝、乗客が多く窓側席は確保できず。座った席の窓側の方はカーテン全開のため、とっても眩しい。席を移ろうかしらん。・・SigmarionUを使っていると、「もう、ノートパソコンは持ち歩かないの?」と聞かれることがままある。勿論、そんなことがあるはずもなく、ノートパソコンとSigmarionUの両方を持ち歩いている。どちらでも出来ることも多いけど、できないことがある以上、不便さを感じない為に両方を持ち歩いてしまうのだ。スマートなモバイラーは、必要最低限のものをさり気無く持ち歩くのだろうが、自分のように田舎者のモバイラーは、生活道具一式を持ち歩く感覚で、鞄に入るものなら何でも詰めこんで持ち歩いてしまうのだ。さて、恒例のアクセスログチェック。またまた笑えるページを発見。その名も「ジョビジョバ茨城最強リンク集」である。ジョビジョバとは何ぞやとアクセスしてみると、名前の怪しさ加減とは違って、茨城県の就職活動を支援するページらしい。なんと、会社生活で使えるサイトとして「新幹線通勤の日々」がリンクされている。まあ、リンクフリーなので、断りはいらないけれど、自分のページって本当に会社生活で使えるサイトなんだろうか(笑)。・・昨晩は、東海道本線で人身事故があったらしく、JR運行状況のページを見ている方がいた。かなり前に書いたかもしれないが、早起きの自分は5時頃にアクセスしたことがあるが、サービス開始は6時からですという表示をみて、その後、立ち寄らなくなったサイトの兄弟ページだと思う。見ていた方曰く、「欲しい情報を知らせてくれないんだよな。19:40頃に運行再開の見こみと書いたまま、最新の更新時刻は20:20となっている。40分前に運行再開見込みと案内した件は、一体、どうなったのか?・・まだ、再開してないのか、再開したのか・・その情報が無いんだよ(怒)」。ごもっとも。定期的な更新は大事だが、そのページで最も利用者が知りたい情報が、更新されないまま放置されているのだ。こんなことは良くある。自分は、平常通り運行されている東北新幹線、終電の一本前に間に合った。隣席には珍しく大越境親父。スポーツ紙を思いきり開くのみならず片肘ついて大きく自分側に迫ってくる。やや不機嫌になりながら、宇都宮過ぎに売店へ。久しぶりに、お気に入りの車販さん発見。カウンターから出てきて「お疲れさまです!」と両手で差し出してくれる、飲物をグイッ!っと飲むと、先ほどまの不愉快感も仕事の疲れも吹き飛ぶ。御存知の方もいるかもしれないので、誤解なきよう書いておくが、お気に入りの車販さんとは、あの脳天から声が出ているのでと思える100%作り笑顔の小太りのお兄さんではない。・・しまった、トップページのタグを見ていたら、ふと、表のセルの結合をしている部分が気になってしまう。こんなの要らないや・・などと削ったりしているうちに、やや体裁が崩れる。でも、テーブル構造を単純にした方が、表示速度の向上につながるはず。まだ、作業中ながら、乗車時間も残り15分。出来るところまで触ってアップしてしまおうと思っている。

2002年2月21日(木):お仲間二人

大宮-小山間の特急券に誤乗車の朱書き 今日の白河の予想最高気温は10度。暖かめの朝である。お天気もマズマズ。週末に向けて気分が上向き加減のはずなのだが、エジプトの惨事の報に驚く。食堂車のプロパンガスの爆発が原因で出火、11両編成で7両に火が回り、373人の犠牲者を出す。帰省のため通常の倍の約3千人が乗車しすし詰め状態の上、運転士が気付かずに7kmほど走行したことで、逃げ送れた方も増えた模様。新幹線においては、そのような発火源は無さそうだが、出入り口が車両前後に限られ、窓は開かず、二階建車両の狭い階段など、不測の事態には危険が一杯そうである。事故が起きないことを祈るのみ。・・昨晩は、余裕を持って終電に乗ることができた。駆け込んで息を切らすこともなく乗れた。こうでなくっちゃ。大宮駅から隣席に座った乗客、車掌さんを捕まて何やら訴えている。どうも、小山で降りたかったのに小山通過の新幹線に誤って乗車してしまい、次の停車駅である宇都宮まで乗り越してしまうという話であった。車掌さんは、「小山−宇都宮間の乗り越し精算をしていただき、そこから、小山までの切符を購入して帰っていただくことに・・」そんな趣旨の一般的な説明をした後、時刻表を取りだし調べ始める。その間、酔いも手伝い次第に、ご機嫌になる乗客二名、「俺は金が無いわけじゃないんだよ・・悪気はなかったんだ・・金は払うから・・うっかり乗っちまったんだ・・小山に停まらないんだもんなあ・・」と状況を楽しみはじめている。車掌さん、戻りの電車があることを確認すると、「戻りの電車がありますので、それで戻ってください。切符に、その旨、書いておきますので」と寛大な処置。そう、それでこそ人道的対処というものだ。M車掌区のN主任、あなたは偉い。写真は、その朱書きされた切符である。何故か、寝過し、乗り越し者には親近感を覚えてしまいお友達になってしまう自分であった。戻りでは、乗り越さず、きちんと小山で降りてね、お二人さん。

2002年2月20日(水):我に返る

今朝のテレビ星座占いは12位。人を色眼鏡で見ないようにという注意。そんな見方はしないけどなと思いながら、「あ〜あ、最下位だよ」とふざけ気味に嘆いてみせたら、同じく11位の息子が、キーホルダー型のおみくじを持って来て、これを引いてみればと言う。吉だった。なんか判らんが、少し気分を取り直し家を出る。駅に着くと、女子高生が凄い勢いで駅に向かって自転車を走らせている姿を目にする。確か、昨日も雪の中を同じ格好で激走していた。鮒子のことが思い出され、心の中で小さく、「ガンバレよ」と呟いてみた。彼女も新幹線利用者である。新幹線ツーキニストならぬ新幹線ツーガニスト。一つあけた隣席には、同じ新白河から乗る別の女子高生が座った。花粉症がヒドイらしくズビズビと大きな音をたてて鼻をかむ。宇都宮で真ん中の席がうまる。鞄の仰々しいベルトを大きく越境させていることも気付かずに、マジマジと手にした切符類を眺めていた。横目でチェックすると、宮原-小山間の定期券、宇都宮-小山間の乗車券、宇都宮−大宮間の自由席特急券を持っている。どうしたのだろうか?、ひょっとしたら、昨晩、小山で降り損ねて宇都宮まで来てしまい、泊ったのかもしれない。そんな事を考えている自分も、昨日は、かなりヤバイ状況であった。終電の時間を気にかけつつ三人で飲んでいたはずだったのだが、珍しく、ジントニックなど頼んだあたりから、少しご機嫌になってしまう。T部長の「時間、大丈夫なの?」の一声で我に返る。時計をみれば、数分後には終電が発車する時間。「ヤバッ!」の一声を残し、脱兎の如く駆け出す。間一髪セーフで乗りこめたのだが、しばし呼吸が元に戻らなかった。花粉症発症の今、かなりキツイ状況である。宇都宮を過ぎて眠気を催してきたので、寝過してはイカンと思い、売店のある車両まで移動、腰掛バーに腰を預け真っ暗な車窓に目をやる。清涼感タップリの車販さんが一生懸命に売上集計している姿がガラスに映る。襲ってくる眠気に打ち勝つべく、その姿を眺める怪しげなオヤジであった。・・今日は、リタイヤされる方の歓送会。余裕を持って終電に乗ろうと固く心に誓う。朝に書いているとは思えない気だるい日記になってしまった。

2002年2月19日(火):沢庵の香り

朝風呂にはいる。外は雪、風が吹くと雪煙・・粉雪である。最近、寒さが緩んでいたせいか、久しぶりに見る雪である。風邪気味なのか、花粉症が発症したのか、体調が優れない。今朝の感じでは、どうも後者の模様。憂鬱な季節の始まりである。今朝は、取りあえず、鼻炎薬を飲んでみる。家を出る頃には、雪も止んで晴れ間が見える。ホームにてトップ画面用の新幹線写真を撮影する。電池がヘタっており1枚しか撮影できなかった。・・昨日の日記で返事が無いと書いた東北インテリジェント通信から返事がきた。予想通り、あなたの局番では8MbpsADSLサービスはサポートされておりませんという返事だった。ECR調査によれば昨年末のBBインターネット契約数は、285万回線超である。Yahoo!BBが36万回線(23.6%)でトップ。以下、@nifty(11.6%)、ocn(11.1%)、biglobe(9.1%)、odn(9%)と続き、その他(35.6%)。なんと2002年末の読みは、750万回線というから驚きの成長率である。そんな仲間に早く入れてほしいものだ。そんな事を考えていると、ぷーんと沢庵の香り(臭い)が漂ってきた。発生源が早く持ち主のお腹の中に消えることを祈りつつ、続けて、米ガートナーの発表を眺める。2001年のPDA出荷台数は1310万台(対前年18%増)。パームOSが57%シェア。WindowsCEは21%と前年比倍増。こちらも成長株。ちなみに、日本市場は世界市場の8%を占める。・・なすの236号にトラブルがあったらしく、後続の列車にも若干の遅れ。大宮駅手前でしばし停車する。

2002年2月18日(月):ネコを作製

全身に倦怠感が残るが、運動をした結果の倦怠感だと心地良いもの。あちらこちらに残る筋肉痛も楽しめるものだ。昨日と同じく6:30発のなすの号に乗車。新白河駅から乗る乗客もかなり多い。各駅停車で東京まで、この後の新幹線に比べると、所用時間も10分ほど余計にかかる。日々の往復でもオンとオフの切替を行っているのだが、月曜朝と金曜夜は、週単位の大きな切替を行うことになる。先週の積み残し、今週やらねばならぬことが次々と思い出されてくる。・・今月10日まで放送された「ガオレンジャー(テレ朝系)」のショーが後楽園遊園地で行われたが、子供以上に、ヤンママ、OLが殺到したと報じられていた。出演者である新人俳優、玉山鉄二君への人気が大ブレークなんだとか。そういえば、今月3日の日記にも書いたとおり、たまには子供番組も眺めてみれば、将来の大スターを発見できるかもしれない。・・クローンネコ作製に成功というニュース。ネコそのものよりも、「作製」という言葉にショックを覚える。クローンネコ、誕生ではなく作製なのかと。子ネコの名前は、「カーボンコピー」の頭文字を取って「cc」と名付けられたそうだ。DNA鑑定でも、オリジナルと遺伝子が一致しているが、体毛の色の分布に違いが見られた点に、ホッとするものがある。そこまで生写しだとナンカ嫌だなあと思った次第。・・ソルトレーク冬季五輪。ショートトラック1000mのブラッドバリー選手、準々、準決、決勝と後方展開ながら、全て前方選手の失格や転倒により、ついには、金メダルを獲得してしまった。そういう競技と言えばそれまでだが、なんか興醒め。・・フレッツISDNは、予想以上に快適。速度ではなく、料金を気にしなくて良いという点で。心理的に、とってもよろしい。それに、ISDNならネット接続していても、もう1回線あるので、電話やFAXの使用を妨げない。そんな折り、東北インテリジェント通信の8MbpsADSLサービスのニュース。白河でも3月11日から受け付けとなる。白河と言っても、全域が対象とはならないのだろうから、また、蚊帳の外なのかなと思っている。一応、問合せメールだけいれてみたのだが、今のところ、返事はきていない。

2002年2月17日(日):今日こそは

11歳の誕生日(2/16) 今朝は5:30起床。6:30発のなすの号で浦和を目指す(何気に、キックボードも持参)。先週は寝坊して参加できなかったソフトの初練習、自分にとっては、今日が実質の初練習。良い汗をかけそうな予感。コンビニで調達したオニギリ(紅鮭、鳥五目)を頬張り腹ごしらえ。珈琲をすする。オニギリにはお茶が定番なんだろうけど、珈琲も飲みたいので、いつもこんな組み合わせになっている。車内アナンスによれば、宇都宮から学生の団体さんが1〜8号車に乗りこむらしい。8号車の最後部座席に陣取りながら、どんな団体が乗ってくるのかと期待したが、普通の乗客がちらほらと乗ってきただけ。1〜8号車って言ってたけど、車両の指定が大雑把すぎ、きっと前方車両に集中して乗ったのだろう。宇都宮駅からは車販も始まる。今朝はゴンザレスさんだ。ちょいと苦手なタイプ。・・昨日は息子の誕生日。11本のロウソクを得意げに吹き消していた。おめでとう!・・日中は、来客あり。@nifty出版部のHさんである。HomePageの取材に来られた。折角来ていただいたので、白河観光協会の一員になったつもりで、南湖公園の翠楽苑で日本庭園を眺めながら茶をいただく。小峰城跡に立ち寄り、とら食堂へ。開店10分前、既に店の前には行列が出来ている。美味しいラーメンをいただき大満足したところで、我家での取材。新幹線通勤の実際今日の一言新幹線ツーキリストあたりをリサーチされてきたらしく、そこいら辺りの話題を中心に、いろいろな質問に答えていく。答えた後、あれどっかに書いたような気がすると思いHPのあちこちを眺めてみると、答えたことの大半が既にどこかのページにアップ済みだったりして笑ってしまう。ちなみに、メインが通勤日記であることは知らなかった模様。確かにトップ画面では目立ちにくいのかもしれないな・・目立つように変えてみようかなと思った次第。まあ、取材を通して気付いたことは、ことホームページに関してだけは、自分は意外に(相当に)マメオ君のようである(笑)。今回の取材の模様は、次の次の号の@nifty会員誌と@niftyのホームページに掲載される予定とのこと。後で思い返すに、撮影した写真って、翠楽園で茶をすする、小峰城跡で三重櫓をバックに、とら食堂の看板をバックに、新白河駅をバックに・・どの写真が掲載されるにしても、なんか笑える構図である。最後に、とっても楽しい取材であったことを付け加えておこう。可愛いお姉さんの取材は大歓迎です(Hさん、こんなコメントで良ろしかったでしょうか?、では、ノベルティグッズ群の到着を心待ちにしております)。・・浦和は暖かい。久しぶりに握るボール、グランドを駆け回り、バットを振り回し、とっても気分が良い。ワンコロにでもなった気分。しかし、運動不足が直に露呈。最後はヘロヘロになる。新年会の日程を後日に決め、今日は、キックボードを駆りS家を訪問。最近、文字絵を主体としたホームページを立ち上げたばかり。疑問点などが多々あるとのこと。ホームページ○○○ーV6ライトをお使いになっていたのだが、このソフト、個人的な見解だが、不要なタグを一杯付けてくれる割には、ソースにちょいとタグを付け加えるとエラーになってしまうという厄介者。あの手この手の対処策を考える。そんなこんなで、ソルトレークの放送なども見ながら、昼飯やら何やらご馳走になり、14:50大宮発の新幹線で帰路につく。ヘロヘロながら、心地良い休日。

2002年2月16日(土):誠に遺憾

「誠に遺憾である」は聞き飽きた、昨日は、「大いに満足ではない」というコメントを耳にした。一体、どれぐらい満足なんだよ、どれぐらい不満なんだよ、と言いたい。月〜金の通勤日記は、新白河〜宇都宮間で書き終える事が多かったのだが、最近は、前半にウダウダしているせいか、宇都宮を発車してから書き始め、大宮or上野着直前にギリギリ終了し停車するとすぐにアップというパターンが多い。従って、更新される時刻は、7:58か8:18ぐらいになる。ろくすっぽ読み返す時間もなくアップするので誤字脱字はよくある。多少の誤りは、見逃してくれよ(KYON2風に)と気にかけないようにしているが、あまりにヒドイ時は、帰りの新幹線でコソッと修正することもある。そんな姿を、日光山伏さんに目撃されることもあったりして、サスガに照れてしまう。昨日の朝は、SigmarionUでアップしたので画面に残る文字を読みながら、八重洲地下街を会社に向って歩いていた。すると、後ろから聞きなれた声で、「今朝、書いたのを見ているんですかあ?」と会社の後輩K君。心の中でぎゃーと叫びながらも、「そうなんだ」と平然を装う(笑、見逃してくれよ・・)。・・帰りは終電。眠気覚ましにネットに繋いで遊んでいた。金曜の夜は、どこか解放感があって楽しい。隣席の方は、出張帰りで仙台まで帰る方。ネットに繋いでいる自分のPCが気になるらしく、意を決した様子で、「失礼ですが、パソコンは、どこかに繋がっているんですか?」と聞いてきた。彼からは、死角にはいっていたAirH"のカードを指差し、「PHSカードで接続しているんです」。これだけのやり取りだったが、彼は、一人納得して、網ポケットに入れていた本を取り出し読み出す。「初めてのコン〜(以下、ポリ袋に隠れて見えず)」と見えていたので、コンピュータの入門書かと思ったら、コンプライアンス関連の本だった。昨年ぐらいからの流行りか。宇都宮駅に停車する頃、「思わぬ乗り越しなど、なさいませんように・・ご注意願います」という車内アナンスがながれる。最近、あの手この手の、いろんなアナンスが流れる。そうこうするうちに、ぼちぼち新白河に着く頃の時間帯。腕時計を見ると、到着時間を数分過ぎているのに、まだ走っている。アレッ!遅れているのかな?、いや、新白河で降り損ねたらしい。ここからは、いつもの通り、郡山で乗り越し精算、矢吹駅までの在来線切符を購入、そこからタクシーで帰宅。トータル8千円の散財&プラス1時間強の無駄時間。悲しい一日となる。・・そんな訳で、今朝は朝風呂にゆっくりつかり疲れを癒す。自分としては長風呂のつもりだったが、所用時間は13分であった。

2002年2月15日(金):杉君の受難

朝からくしゃみ連発。風邪or花粉症の兆候だろうかと心配になるが、新幹線に乗ったらおさまる。花粉症と言っても、いろいろな花粉が原因となっており、お気の毒な方は、年がら年中、花粉症に悩まされている。自分は、2000年からの発症だが、原因、スギ花粉のようだ。このスギ花粉を減らす発生源対策が検討されている。マレイン酸水溶液を幹に注入することで花粉のもととなる雄花の量が9割以上減ることが都の実験で確認された。早ければ、来年には試されるかもしれない。1リットル飲まされた直径27cm以下の杉君は軒並み精力ダウンするらしい。それより太い杉君には効果が薄いので、もっと飲ませようかと考えているらしい。マレイン酸注入は、既に、ジャガイモの芽の抑制に使用されているそうだ。杉君にとってはホルモン撹乱物質の強制注射。ふと、杉君の立場になり切ないものを感じてしまうのは自分だけだろうか?・・プロ野球では新ストライクゾーンの採用でピッチャー有利となるが、高校野球では、安全性・耐久性向上の為に新基準の金属バットが選抜から採用される。直径が最大3mm細く、重さは850g→900g以上と改定された。学生2名での実験では、スイング・打球速度がダウンしたとのことだが、パワーある選手が芯でとらえた場合、飛距離が伸びるという説もあり、果して、どちらに有利に働くのか蓋を開けてみないと判らない。お遊びのソフトボールでもバットの違いによる飛距離の差は歴然と感じる。やや古い話になるが、チームで10本程度の金属バットを使い分けていたが、ある日、ショップで目にしたM社のアトランタオリンピックモデルの虜になり即購入したことがある。使ってみたら、他のバットと比べて、5〜10mの飛距離アップ効果を確認した。浦和を去る際、チームにプレゼントしたそのバットは、未だに一番人気となっている。・・昨日、19:17頃、新横浜-小田原駅間で「のぞみ89号」が前部で音がして緊急停車した。後で判ったところによれば、ネコをはねたらしい。ネコの他にも、柵の隙間からタヌキなどの小動物が入りこみはねられるケースが報告されているそうだ。タヌキと聞いて他人事とは思えず(合掌)。・・今週は、あっという間に週末を迎える。悩ましい案件は、片付いた分以上に発生したりして、なかなかスッキリしない。会社を離れても悶々するところなのだろうが、逆に、会社を一歩離れた瞬間に頭から飛んでしまうというのが、今週の状況。休み前に、少しでも片付けよう。・・さて、明日は東京より客人を迎える。恐らく、明日の日記に何らか書くことになると思うが、この模様は、近いうちに、某プロバイダの会員誌&HP上で公開される模様。

2002年2月14日(木):今日は・・

家内から紙袋をもらう。「おっ、ありがとう」と言うと、娘が、「おっ!母ちゃんの義理チョコ!!」と水をさす。義理かい?・・まあ、いいだろう。そんな娘、本命君へのチョコは見送るらしい。休日に作ったケーキは、数多くのお友達(同性多し)に配られた模様。その一個を毒見でいただく。新幹線内にも、それらしき紙袋を手にした方がチラリホラリ見うけられる。遠路はるばるご苦労様である。高校時代には汽車通(電車じゃないんだな、これが)をしていたが、大半が男子校、女子高と別れており、唯一の接点とも言える汽車の中で他校生からもらったりするチョコが嬉しかったものだ(もらったかのように書いてみる)。さて、今日は、実の妹の誕生日である。妹が、この通勤日記を読んでいるとはおもえないが、「お誕生日おめでとう!」。・・今週も、ばたばたと落ちつかない週ながら、火曜日からスタートしたせいか、あっという間に週末を迎えそうな様相。今日、明日で幾つかの山を越えねばならない。これが正しい登山道という正解はないし、越えねばならいものの越えて良いことがある訳でもないという案件が多い。フー。

2002年2月13日(水):新幹線停電

起こしてメモ by 娘 停電の新幹線車内 復帰と同時に水が止まらず 娘の起こしてメモは日替わりである。起こして欲しい時間は同じ6時でも、毎日、いろいろなパターンがあって楽しい。たまに、6時5分に起こしてと、5分延長している日があり、疲れているのかなあ等と思う。・・総務省は通信衛星で光ファイバー並の速度のインターネットサービスを2010年に実用化する方針を固めたそうだ。離島や過疎地などでは、採算性の問題で光ファイバーの整備が遅れているので、衛星利用で全国均一のBBを実現しようという構想らしい。我が町内もお世話になったりして?・・第4回シマノもてぎロードレース(5月3日、ツインリンクもてぎ)の大会要綱が届く。2000年にエントリーしながらお台場方面への家族サービスを優先、2001年はエントリーする間もなく家族で浦和方面へ遊びに。さて今年はどうしたものか?久しぶりに出てみようかな。自転車の日々においても、このレースに関するページを三年越しで引っ張ったまま、未だに参加が実現していない。今年出なければ、もうだめだね、きっと。・・昨晩は遠方よりのお客様とご一緒して大いに盛りあがる。お別れをして駅の改札口へ、いつものようにYシャツの胸ポケットに手をやると、あるべきはずの定期券がなく、少しだけ焦る。そう、この日は、珍しく上着のポケットに入れたのだった。ちょいとだけ心拍数が上がった状態で最終の新幹線に乗りこむ。まもなく発車するという時に、「東京−宇都宮間の新幹線定期券を11号車でお預りしています」という車内アナンスが流れる。自分以上に心拍数をあげた方がいるようだ。他人事とは思えない、嫌な状況。まもなく発車するが、上野駅手前で、無事に落とし主のもとに戻った旨の放送が流れホッとした。そして、まもなく新白河に停車という段になって、突然、車内が真っ暗になり非常灯が点灯、新幹線は停車した。車内放送によれば、地震で送電が停止、停電の為、ブレーキをかけて停車したとのこと。あと200m位でホームというところでの停車。どうなることかと思ったが、まもなく電気がつく。どういう訳か、冷却飲料水から勢いよく水が出始め止まらない。大して遅れることもなく無事に自宅に帰りつく。震源地は茨城県北部。白河も震度4だったようだが、新幹線内では揺れは気付かなかった。既に、体が揺れている状態だったからかもしれないが。

2002年2月12日(火):三連休明け

昨日のミニバスの応援のせいか腰にどんよりした疲れが残る。試合をした訳でもないのに情けない体である。「月曜日からしんどいなあ」と口にしたら、家内から「今日は、火曜日よ!」と突っ込まれる。頭にも疲れが残っているようだ。今朝の白河の予想最高気温は2度と昨日なみ。うっすらと白いものが地面を覆う。みどりの窓口にちらりと目をやると、カウンターの上に東京行き満席のプレートが置かれている。予想どおり自由席の方も満席。得意の1両目に並んでも空席がゲットできず。最近は、ずっと座れていたので携帯椅子を持参しなかったが、今回の三連休明けには通用しなかった。ああしんど。改札では彼氏に見送られ二度三度振り返り手を振りながら別れの余韻に浸る女性を見かけた。同じ別れでも、夜のそれと異なり朝の別れは爽やかに映る。今朝のテレビ占いによれば、射手座は、「誠意を問われる日らしい。今日だけは多少無理をしても〜のために頑張った方が良い」とかいう感じの内容だった。なぜか思い当たるフシがある。頑張って応対しようと一人心に誓う。・・こないだ、DNAコンピュータが話題になったが、昨日の産○新聞で特集されていた、サルモネラ菌のべん毛モーター研究の話も興味深い。記憶している数字をひろうと、サルモネラ菌のサイズは、1x2マイクロメータ。そこから直径20ナノメータ、長さ10-15マイクロメータのべん毛が数本出ている。このべん毛は、たんぱく質から出来ており、それを構成するのはチョンならぬCHON(炭素、水素、酸素、窒素)というわけだ。このべん毛は、1秒間に200-300回転して推進力を産み出す。方向転換時は、瞬時に逆回転するという。ガソリンエンジンのエネルギー変換効率が2-3割だが、こちらは8-9割と極めて効率が良いらしい。勿論、有害物質も排出しない。いろんな目論みで研究テーマになるのも納得できる。このミクロな研究対象の解析には、電子顕微鏡をはじめ、1周1.4kmの大型放射光施設なども使われるという。宇宙に人が飛び出して何十年になるが、サルモネラ菌のべん毛モーターの仕組みの解析には、まだまだ時間がかかる。

2002年2月11日(月):おかしい?

須賀川アリーナ 寒い中、熱い試合を展開する子供たち 今朝は寝坊することなく6時前に起きる。息子から頼まれていた「桃色片思い」をWAVに落とす。後でまとめてCD-Rに焼くつもり。御存知の方も多いと思うが、CMにも出ているモー娘の松浦亜弥の曲である。家族やヒビキさんからご指摘あり、松浦亜弥は単独でモー娘の一員ではないとのこと、失礼しました。息子が入れこんでいる。ついでに、親父のPCにもMP3変換して保存しておこう。そんな息子からのメモは、「明日6時におこしてください」である。ミニバスの試合があるので、須賀川アリーナまで約30kmの行程。晴れていたのだが、時折、雪も舞ったりする寒い一日となる。暑がり故、カイロの世話など一生ならぬと思っていたが、足元からくる冷えに耐えきれず、家内に持たされたカイロの封を切る。腰に貼ったら、とっても具合がよろしく癖になりそうだ。本日のスケジュールは、試合、オフィシャル、試合、試合、オフィシャルとハード。三連休のうえ、今日は白河だるま市とあって、メンバーは8名しか集まらず。試合の方は、互角に戦えそうながら最後に差をつけられ三敗。ウルウルするシーンこそ無かったが、8名で3試合戦った子供たちよ、ご苦労様、次回は頑張ろう。ネットの向こうでは、熟年のサークルが卓球に興じていて楽しそうだ。休憩時間にはロビーが社交場に変わり、早くも、バレンタインチョコが配られ、全員、大喜び。「ホワイトディは任せてくれ!」と豪語する親父さん達も飛び出し、とっても微笑ましかった。年を重ねても楽しくスポーツして無邪気に楽しめるなんて最高なんじゃないの。・・昨日、買い物ついでに、キックボードを見かけ衝動買いした。家内は、そんなもの本当に買うのかと冷たい視線をくれたが、一度乗ってみたかったのだ。安物なんでダメモトでも良いやと。ちょいと乗ってみたら楽しい楽しい。今更、時代遅れかもしらんけど、これは楽しいよ。これで駅まで通勤してやろうかと思うぐらいだ。まあ、奇異に見られるのは間違いないので通勤には使わないが、ソフトの朝練に行く時なら、世間の皆様は寝ているし、やっても良いかもしれない。学生時代にも、一輪車にはまった時期がある。雪の舞う中を家庭教師先まで一里(約4km)ほど一輪車で通ったことがある。教え子は喜んでくれたが、親御さん達は、こんな先生に大事な息子を預けて大丈夫だろうかと不安そうな表情があったので、それ一回こっきりにしたのだが。昨晩、「あるある大辞典」は心臓がテーマだった。ながら族をしていたので、ところどころしか覚えていないのだが、血圧と心拍数を測っていたので、自分も心拍を測ってみた。昨晩と先ほど測ったが、どっちも60拍/分、1秒に1拍、まるで時計の秒針のような心臓だ。新幹線通勤を始める前までは、自転車にもよく乗っていたので、起床時(安静時)心拍数は40〜50拍/分程度だったのに、たかだか5年程度で、かなり上昇していることになる。前にも何回か書いたような気がするが、生き物の心臓は一生のうちに収縮できる回数が決まっているらしい。それが、心臓の寿命である。心拍数が上昇したということは、寿命が縮まったということになるのかもしれない。ハムスターを手に包むと、余りに早い心拍数に驚くはずだ。彼らは、200拍/分以上らしい。そして短命である。人間で、200拍/分は限界に近い。修繕寺(伊豆)のサイクルスポーツセンター(5km)コースは、上りと下りしか無いコース。ここでレースをした時、心拍数をモニターしたら、スタート直後から一気に上昇し30分間ほど180拍/分前後で推移。めっちゃ苦しかった。モニターで記録した最高記録は、戸田橋(埼玉-東京)の上りをもがいた時の196拍/分。この時も口から心臓が飛び出しそうなぐらい苦しかった(口から心臓が飛び出すと言ったら、普通は、ビックリしたと続くのかな?)。

2002年2月10日(日):海より深く

5:30鳴ったアラームを止めた後、不覚にも再び眠りに落ちた。グルグルと回る世界の中でサナダムシの大群が・・ゾッとして目を覚ますと7:10だった。今朝は、6:30発の新幹線に乗って、ソフトボールの初練習に参加して良い汗をかくはずだった(勿論、その後は新年会)のに、その後の7:06発の新幹線も発車した後である。こうなっては断念するしかない。「こらあ〜」という監督のお叱りの声が、取りあえず、キャプテンの携帯に、ゴメンナサイのメールを送る。海より深く反省しております。やはり睡眠時間3時間で起きようとしたのが甘かった。それにしても、里谷多英選手、銅メダルおめでとうございます。果敢に滑り、ツイスタースプレッド〜トリプルツイスターと見事に決めてくれた。親父になったせいか、こういうのを見るだけでもウルウルきてしまう。若い頃なんて目薬をさしても涙を流せなかったほどドライだったのに、年齢は人を変えるものなんだねと、ツマラナイことを考えてみる。もうこうなりゃ、もってけドロボー、出血ならぬ涙の大サービスだ(これを読んでいる方の大半がひいたのを感じます。まあ、大目にみてください。やっぱり初練習に参加できなかったことで、多少、自暴自棄気味なんです)。急にポッカリあいた午前中の時間。bbcさんの書き込みにあったOpera日本語版(Javaあり)をダウンロード。文字化けの問題も無くあっけなくインストール完了。自分のBBSへの書き込みも問題なし、ところが、伝言板は見ることもできなかった。この点では、SigmarionUと同じである。ちなみに、最も売りのはずの世界最高速ブラウザとしての片鱗は残念ながら垣間見ることができなかった。フレッツISDNが律速になっているのかな。PCスペックも、Celeron(500MHz)/128MBメモリのWindows98SE仕様と十分ではないしな。この辺りは、他の方の評価に期待することにしよう。昨日の那須の写真をアップしてみた。目新しいものは無いのだが、最近、この手のページをアップしていなかったので、たまには良いかなと。そうこうしているうち、ようやく家族も起きだしてくる。家内「あれっ、ソフトに行くんじゃなかったの?」。自分「モーグル競技を見ていて(同時に、他のこともしていたのだが・・)、寝坊しちゃったよ。」、娘「モーグルって何?」、自分「こぶの斜面を滑り二個のジャンプ台で空中で凄い格好する奴だよ。里谷選手とか上村選手とか、知ってるだろう。」、娘「ああ、判った。女子の方だよね。顔もいいもんね、お父さん。」、家内「ウフフ・・」、自分「こらあ〜、そっちに話を持っていくなあ!」、なんか、最近、「こらあ〜」と言う方とご一緒したせいか、移ってしまったようだ。来月は娘の誕生日。色鉛筆が欲しいらしい。ネットで検索していて、UC100C(三菱鉛筆)を発見。注文いただいてから時間を要します!のコメントを見た瞬間、オンラインで発注をかけていた(笑)。それにしても、100色とは凄いなあ。・・最近、生暖かい風が吹いたせいもあるのだろうが、花粉の気配を感じる。憂鬱な季節も近いようだ。昨年も話題になったサナダムシダイエット。昨日は、サナダムシ好きのお二方に散々聞かされる。麺類の大好きな自分には、やや刺激が強かった。サナダムシにも共生して栄養を横取りするものから危険なものまで、いろいろな種類があるらしい。有用条虫研究所あたりは、ナマメカシイ写真も無く、テキストオンリーでさくっと読めるので、御興味があればご一読されてみてはいかがだろう。ほんの一部分をかいつまんでみる。サナダムシでは無いが条虫類の「エキノコックス」、北海道のキタキツネは感染率が高いらしい。卵の付いた体毛などに触れて摂取感染してしまうと、肝臓や脳内で10年ほどかけて巨大に成長するらしい(恐い話だ、注意しろよ>ヒビキ)。一方、入手方法だが、日本海裂頭条虫は、サケ・マス等の魚へ寄生率が非常に低く探すのが困難らしい。無鉤条虫も国内牛にはほとんど見られず探すのは困難だが、上記研究所では感染実験希望者に有償分譲するらしい(よかったな>キミ)。・・さて、日記をアップしようかと思っていたら、キャプテンから返信がある。「了解!新年会は来週以降に延期しました」、再び、海よりも深く反省するのであった。

2002年2月9日(土):アンケート

今朝は、日記にレンタルカウンターを付けてみた。ところが、サーバーの応答が思ったより悪く表示に支障をきたす場合が散見されたので、結局、外してしまった。ただでさえ、日を重ねる毎に重くなる日記だけに、余計なことは考えない方が良いようである。その代わりと言ってはなんだが、アンケート(Ver.3)をこさえてみた。実は、アンケートマニアだったりする(笑)。Ver.2では、おふざけモードだったので、今回はノーマルなパターンにしてみた。またかよとお思いでしょうが、お時間がある方は、ご協力お願いします。自分も先ほど、○経○業○聞社のアンケートに回答したばかり。「ビジネスミドル500人アンケート」なるもので、会社経由で依頼を受けたものだ。22問の質問に答えるのだが、時節柄、内容はなかなか渋い。気楽に答えられたのは、ストレス解消の仕方ぐらいだ、その他[チャット]と書こうか思ったが、それはやめて、スポーツ[自転車]と書いた(笑)。寒さが戻るといっていた割には、今朝も暖かめでお天気もよろしい。息子がミニバスの練習から帰って来たら、久しぶりに那須高原にでも出かけてみようかと思う。片道30分強ぐらいの行程なんで楽勝パターン。目的は、ジョイア・ミーア(イタリアンレストラン)&SHOZO(珈琲)かな。具合が良ければ温泉につかっても良いかなと思う。・・昨晩は、新幹線の時間まで5分ほどの余裕があったので、ゆっくり八重洲地下街を歩いてみた。地下街に降りると、Etamのショーケースがある。フランスのインナーウェアメーカーらしい。マネキン2体の陳列で、現在の展示は、白と黒のブラ&ショーツで、その前は、パステル調のインナーウェア?だったかな。色彩的にも綺麗なんで、展示が切り替わった時などは、足早に通り過ぎながらも、動態視力を最大限に発揮して観賞している(笑)。こう書くと、変態オヤジみたいだな・・少し不安を覚えるが、同じように考えている方、いらっしゃいませんか?さらに階段を降りると、行列が。こんな時間に行列?と思ったら、元気寿司のオープン日のようだ。お好み焼き店の前では、若い男女が地べたを這いまわっている。コンタクトでも落としたような様子。その手のものを探す能力には長けているので頼んでもらえれば、きっと見つけてあげられそうな気がするのだが、頼まれるわけなく通りすぎる。ふと、カカトで何か踏んづけたような感触を覚えたが、気のせいかな。気のせいだよな。知らないっと。

2002年2月8日(金):一枚の写真

今朝も暖かい。山の方を見やって雪の具合を心配する今日この頃。隣席からは、かすかに良い香りが、なにか春を感じさせる香りで心地良い。昨晩、ある方から写真をいただいた。女性が寄り添ってのツーショットという珍しい構図の写真があったので持ち帰った。「子供達に見せたらなんて言うかな?」、家内「うーん、ショックを受けるんじゃない。お父さん、ひどぉ〜い・・と、純情な娘が泣くわよ。」。まあ、持ち帰るぐらいだから、何らやましいことはないし、笑ってくれるんじゃないのかと思ったのだが。・・今朝、娘に見せた。「ああ、お父さん浮気してる(笑)。鼻の下、伸ばしちゃって、コラ(笑)。」と、自分が思った通り、笑ってくれた(ホッ)。その反応を見た家内は、あてが外れ意外そうだった。昨晩、娘の気持ちを予想したつもりが、実は、自分の気持ちだったんじゃないの?と、娘と茶化す。でも、純情な娘かあ(爆)。後から起きてきた息子は、「いけないんだ、いけないんだ・・言ってやろう、言ってやろう・・」と動揺の様子。もう全員知っているのに、誰に何を言おうとしているのか。同じ男同士だが、コイツには、秘密は打ち明けられないと思う(笑)。結局、反応の度合いは、息子>家内>>娘の順で大きかったようだ。今回は、一枚の写真で結構楽しめた。滅多に開けない段ボール箱や奥底に眠ったアルバムなどを引っ張り出してみれば、さらに楽しめる写真が出てくるはずだ。皆さんは、過去のホットな写真を、どうされていますか?・・浦和から初練習の案内が届く。今度の日曜日は、久しぶりにソフトボールができる。週末のウキウキ感が今ひとつと感じていたのは、ソフトボールの練習が無かったせいだと気付く。まだ金曜日なのに、週末を思い、ウキウキ感が膨らんでいる。汗を流した後は、勿論、新年会。流した汗の何十倍ものビールを飲んで、ますますビヤ樽体型への道を歩むのか。今日の日記は短めと思ったが、字数をみたら原稿用紙2枚分になっている。我ながら唖然。

2002年2月7日(木):安全弁作動

どんよりとしたお天気なのでカーテンを開けて車窓の田んぼが流れていく様をボンヤリ眺めていたら、あと5分位で宇都宮。ぼちぼち、日記でも書くことにする。ちょいと考えていたのは、人間の安全弁のこと。仕事漬けで、ゆっくり考える時間もなくなると、人間内部の圧力が高まって爆発しかねない。そんな爆発を防ぐ安全弁のことである。極限まで来れば、大概の方の安全弁が作動するはず。はるか手前の段階で、もうダメだと自分で開く人もいるだろう。安全弁が作動しないと、精神、肉体的に異常をきたしてしまうかもしれない。そうなる前に、自分の中の圧力(プレッシャーやストレス)がヤバイ段階に来ていると感じたら、自発的に、減圧を心がけよう。今の自分は、どこかに穴が開いているらしく、安全弁を作動させるほどに管圧が高まらない、これはこれで問題である。もっと、気合をいれてやらんかいという感じである。ただ、過去には、そういう状況になったことが何度もある。自分の場合は、そうなると、何でもない時に、「ああ、誰もいない、どこか遠い国に行きたいなあ〜」を、ボソッと口にしてきたようである。それを聞くと家内は、「どこか旅してきたら・・」と言ってくれる。それだけで終わってしまうこともあれば、自転車でツーリングに出かけたこともあった。一度、真冬にそんな状況になった時は、お言葉に甘えて、真冬の旭川にブラッと遊びに行ったことがある。学生時代の親友を訪ねて。仕事を忘れ、雪の中で戯れて、すっかり元気な自分を取り戻すことができた。そんな時間は取れないと言う方もいるだろうが、時間は作るもの、多少回り道をしても、それ以上のものを後で取り返すことは十分にできるはず。滅入った気持ちのまま、時間だけ費やしても、時間の無駄である。こんなことを考えたのであった。・・昨日は、一年ぶり位の雑踏の街、池袋に足を踏み入れる。とっても暖かい一日で、建物の中は、暑過ぎるところも多くて、すっかり汗をかいてしまった。これからの一週間は、一年の中で最も寒い時期だと思うのだが、寒さが緩んでいる感じである。さて、自分は、管内圧力を高めることにしよう。

2002年2月6日(水):当サイトは

家を出る時は僅かに雨が残っていたが、新幹線に揺られているうちに次第に回復の模様。身長も何とか元に戻った。今朝起きたら、髪が大爆発を起こしていた。娘が目を点にして、「お父さん、身長が5cmぐらい伸びてるよ!」と。抑えるのには苦労したが、そんな訳で、ネットの一部で噂されるカツラ疑惑をさり気なく否定したつもり。男性の場合、髪の具合は遺伝的要素が支配的と聞く。祖父も親父も、今の自分よりはるかに若い年代から、頭頂部が薄くなり、次第にその面積が拡大していくというパターンを辿っていた。子供は残酷だ。薄くなった髪を必死に周囲の髪で隠す親父に対して、お辞儀するとマブシイとか平気で言っていた。顔を真っ赤にして怒っていた当時が思い出される。そんなわけで、時分も免れないだろうと思っていた。そこで、家内にも子供達にも、早くから、「三十代半ばぐらいから、薄くなるかも・・」と、何かある度に言い続けてきた。いざ、そうなった時に自分自身が平静で笑っていられるようにという遠大なトレーニングのつもりでもあった。まだ、油断はできないが、幸いに、この歳になっても、まだその兆候はない。今は、髪のことより、お腹周辺の方が気がかりな状況である。・・昨日、23:00過ぎにBBSをチェックしたら、切符を買い間違えた方からの書きこみ。当サイトをJR関連と勘違いして、BBSやE-Mailで、問合せや要望、苦情をいただくことがたまにある。今更、断ることでもないが、当サイトはJRとは全く無関係の一通勤者の個人サイト。コメントはするかもしれないけど、一個人としてなので、よろしくお願いいたします。迷い込まれる原因は、検索エンジンによるものと思う。新幹線、新幹線通勤をキーワードにした検索で当サイトが出るのは予想がつくが、JRといったキーワードでも拾われてしまう。先日は、「茶臼岳、八幡平、雪崩」というキーワード検索で当サイトに来られた方がいた。どんなサイト、情報を探していたのかは不明だが、当サイトをアクセスして期待を裏切られたのは、間違いのないところだろう。ちなみに、茶臼岳(那須)には自転車でよく行くし、昨年のGWには自転車で八幡平を訪れている。雪崩でコース変更も余儀なくされた。そんな、雑文の単語を拾い集めてしまう検索エンジンに、いまさながらに驚く。JR関連と勘違いされたのも何かの縁、折角だから、JR系のネタでも書くことにしよう(こらこら、そのノリがいけないのだ・・)。今年12月には、東北新幹線八戸開業。盛岡から97km延伸。イカの水揚げ量日本一を誇る港町八戸、駅ビルには、海水循環水槽付き生鮮活魚店が登場予定。これにあわせて快適性向上を図った新型車両E2系1000番台が登場するとのこと。果して、どんな改良がなされているのか。長年、新幹線の安全を支えてきた通称「ドクターイエロー」。黄色く塗られた車体をご覧になった方も多いと思う。車内を覗くと、各種計器、パソコン、プリンタ、グレーの事務机など、年代を感じさせる雰囲気であったが、昨年秋、E3系ベースの「East i」(E926型新幹線電気・軌道総合検測車)が登場。iは、INSPECTION(検査)の頭をとったとのこと。秋田・山形のミニ新幹線や交流電源の周波数が変わる長野新幹線にも乗り入れ可能となり、JR東日本の全新幹線区間に対応。従来は計測データをオフラインで解析していたが、車内で同時に解析を済ませ、関係各所に連絡できるとのこと。見かけることがあれば、是非、車内がどれぐらい進歩しているのか覗いてみたい。

2002年2月5日(火):半璧主義

懐かしいコースター 一夜漬けの寝不足を解消した今朝は、すこぶる快調。睡眠時間は5時間でも、心配事なく熟睡できた眠りの質は高い。いつも通り「ヒャクトウ」に乗って珈琲をすする。「ヒャクトウ」とは、やまびこ110号のことである。昨晩の終電、新白河で降りる際に、この時間には見かけない、お気に入りの車販さんにあう。ドアが開くまでの間、二言三言、言葉を交わす。予定の方が急に都合が悪くなり応援でかり出されたらしい。「朝は、いつも、ヒャクトウに乗ってるんですか?」と聞かれ、一瞬、何のことか判らなかったのだが、やまびこ110号の略称だったのだ。朝の時間にも見かけたことはないのだが、珈琲の匂いを立ち上らせながらパソコンを使うオヤジということで、特定されているのかもしれない。今朝の車内放送、「トイレ、洗面所の利用に際しては、一人で長時間占有しないように、他人の迷惑にならないように・・」という趣旨の珍しいフレーズを耳にする。どなたかが車掌さんにクレームを入れたのかもしれない、でも、トイレでお腹の調子が悪くてウンウン唸っている方がいたら、この放送、ちょいと酷だよね。・・今日の一言にウイルス関係のネタが登場することも多い。それだけ巷を騒がしているということなのだが。今度は、ウイルスへの警告を語るデマメールだ。何でも、ウイルスの削除方法を親切に説明し、ウイルスが送られた可能性があるので、友人にもその内容を知らせるようにという内容のもの。削除するよう指定されたファイルは、ウイルスではなく、OSに搭載されているファイルで、これを削除すると一部のファイルの動作に影響が出るらしい。こんなメールを受け取っても、そのまま実行することのないようにご注意いただきたい。今はデジカメ時代。とある集まりの際にも、皆のポケットから一斉にデジカメが取り出され驚いたことがある。これまで伸長を続けてきたパソコンの落ち込みは厳しいが、デジカメ、スキャナーの類は大きな伸びをみせている。米IDCのデータによれば、アメリカ市場のデジカメは、昨年30%伸長、需要は年末に集中しQ4で4割を売り上げ、気になるシェアは、SONY(23%)、オリンパス(16%)、HP(15%)。アメリカだけあって、HPが3位に入るあたりが面白い。日本じゃ見かけないものね。そういえば、一昨年、どっかの国の展示会で、来場者の顔写真をデジカメで撮影しプリントして配るというサービスをしていたが、そこでは全面的にHPのデジカメが使われていた(宣伝を兼ねてなのだろうが)。そこから持ちかえった紙製コースター(写真)が、昨晩、テーブルにならべられた。いつもは、スタイニーボトルをぐい飲みなのだが、気に入ったグラスをゲットしてきた家内が、コースターを出してきたのだ。コースターを見ると、安くて美味しかったビールのことが思い出されると同時に、その日見てきた内容をホテルで深夜1〜2時までにまとめてメールで配信した辛い日々も思い出す。日本の朝の時間までに届ける為には、その時間がリミットなのだ。これを何日も続けた訳だが、こんな締切のある仕事は、もうやりたくない。出来ることならば、新緑の季節にプライベートで訪れたい、自転車を肩に担いで。・・一夜漬けの父親の背中を見て育った娘は、心配になるぐらいのノンビリ屋だが、息子の方は自分が反面教師になったのか、自分で決めた範囲をとことんやらないと気が済まないらしく、昨晩も、遅くまでねばっていて、好い加減に寝ろと言われ、ウルウル顔になっていた。完璧を目指す気持ちは判らないでもないが、完璧を目指して完璧なものができるとは限らない。ここだけはという要所を抑えてメリハリ付けるようにしなくては、この先が思いやられる。基礎は大事、柱も壁も大事だけど、そこそこの壁にして屋根を乗せないと、人は住めない。こんな言葉はないのだろうが、完璧ではなく半壁を目指せ。そして、娘とその父よ、手抜きではなく半壁を目指せ(反省)。

2002年2月4日(月):あと一時間

昨晩は、合同の誕生パーティ。町内にあるS店で楽しい時間を過ごす。美味しく楽しい出来事は、言葉に表すのが難しい。稚拙な表現を繰り返す度に、楽しかった時間を台無しにするような気がする。写真にも言えることだが、美しい景色に出会い、思わずシャッターを切るが、実際に感じた感動の一握りも写しこめず、後で見てガッカリすることも多い。それはさておいて、そんな席上での会話。人から旦那評を聞かれる家内は、「長男だと思っていますから」と口にすることが多い。自分が長男、息子が次男、娘が長女。つまり、二人の息子と一人の娘を持つ母親なのだと言いたいわけだ。なるほど、なるほど、それも悪くないなと笑って聞いていると、ニヤリと笑みを浮かべたIさんが、「二人の娘と一人の息子を持つ父親のように見えるけど(笑)」。全く逆の事を言われた家内だが、それは言える!と、あっさり受け入れる。ほほう、そんな見方をしれくれる方もいるのかと嬉しくなる(喜んでいる場合なのかな?)。どっちが正しいかはさておき、互いに、相手を息子、娘と思って子供だからと諦めている部分と、相手を母親、父親と思って敬っている部分が、混在するようである。まあいいか、幸せならば。そんな会話の締めくくりは、Uさんの、「最後の一時間が勝負なのよ!」。昨晩は、家に帰ってから、まさにそんな展開となる。やるべき事を週末に持ちこむと、ギリギリまでやらない悪い性癖がある。時間がある間は決断できず、いよいよ間に合わなくなるぞいう頃になって、諦めがつき決断できるのだ。最後の一時間まで食い込んで、ようやく終えた。深夜、気分転換に右京さんのBBSを訪問、たまたま彼がコメントを書いている時間に接近遭遇し、BBS上でチャットのような状況になる。ネットの向こう側には、まだ起きている方がいるのだと思うと嬉しくなる。3時過ぎには、Zdnetのメールマガジンが届く。浦和時代、A新聞の配達の方は朝が早かった。3時30分頃には、配達に来られていたように思う。今日のように、夜更かししている日に、ふとイタズラ心が置き、ドアの前でしばし待っていたことがある。遠くから足音が聞こえてきてドアの前で止まる。ドアの新聞受けに新聞が投げこまれる、まさに、その瞬間に内側から新聞を掴んだことがある。一瞬、ドアの外側と内側で一つの新聞の端と端を掴んだ感触がドアの向こう側にも伝わり、「ひえっ・・」と聞こえたような気がした。たった一度の出来事だったが、思い返すに、驚かしてすまなかったなと反省している。・・娘に買ってこさせた節分セットは、落花生と鬼のお面。子供の頃には、大豆を炒ってまいたものだが、いつからか、面倒なのか、食べにくいからなのか、床にまいたもの食べるからには殻がある落花生の方が衛生的となったのか、こんなスタイルになってしまったように思う。大豆が好きな訳ではないのだが、節分は、やっぱり大豆だよなと思った次第。この節分で、「鬼は外、福は内」というのが定番と思いきや、その後に、「天うち、地うち、四方うち」と続け、豆を天井、床、壁にまくのだという話をIさんから聞いた。地域によっても、いろいろあるらしい。

2002年2月3日(日):ネットの顔

夜更かしした朝ほど早く目が覚める。BGM代わりにテレビを付けたら、激闘ギアT、ガオレンジャー、仮面ライダー龍騎誕生秘話と続く。最近の仮面ライダーは、映像もダイブ凝っているなという感じ。それに、いずれの番組にも言えることだが、出演者が美男美女。ちょいと眺めたが、レベル高いぞ。子供向けと言って軽くみてはならない。でも、仮面ライダーって言ったら、やっぱり、本郷猛だよなと思う。それと、しょぼい秘密結社ショッカーも必須だ。当時、中学生になっていた自分は夢中にならなかったのだが、五歳下の弟はカード集めに夢中だった。自分は、コレクターじゃないんでカード集めなど、はまった記憶はない。小学生時分、当時、流行った切手集めに夢中になったぐらいかな。記念切手発売予定表を手に郵便局に買いに走ったもんね。・・yukijiさんの書き込みにあった急行「八甲田」、懐かしい。勿論、今は走っていない。上野−東京間を深夜に走る急行列車は貧乏学生、貧乏社会人には重宝だった(貧乏が付くのは、自分の場合だけですので、一応、念の為)。大半の方が各自各様の寝姿、新聞紙をひいて床に寝ている人もいたなあ。その時は、自分も複雑な事情があって何とも言えない酸っぱい気分で目が冴えていたのだが、途中から、隣りに座った女性。やはり、わけあり風で遠い先を見つめていた。どちらからともなく、話をしたのだが、彼女の身の上話を聞かされることになる。嫁ぎ先の姑との確執、幼子を取り上げられ追い出されそう、旦那もあてにならず・・そんな話だった。いかにも薄幸だという話だった。・・颯爽と駆け抜ける新幹線には、そんな人生ドラマは似合わない気がする。昨日は、あずさ2号の復活(自分は、鉄っちゃんじゃないんで、狩人の熱唱姿を思い浮べてしまうのだが)。また、郡山−会津若松にD51が走った。今日も走るらしいが、全席指定でとっくに完売だ。雪の会津路を走るSLの映像、良かったなあ。・・日記の表示を少し変えたら、見易くなったというメールを何通かいただいた。Yさんのメールでは、これまでフリーソフト「Kommix」を使って文字を大きくして行間を空けて読んでいただいていたとのこと。そんなご苦労をかけてまで見ていただいていたのかと嬉しくなるのと同時に、これまでの怠慢を大きく反省。何でもできる訳じゃないけど、これからも気付いた点があれば、是非、ご指摘ください。オフの写真のURLが届く。ははは、完全な酔っ払いだ。ネットのお友達のイメージって、それなりに勝手出来あがっているんだけど、実際に会うと、そのギャップがまた楽しい。一粒で二度美味しいグリコのキャラメルのようだ。まだ、お会いできていない皆様と、いつかどこかでお会いする機会があったら、その節は、よろしくお願いします。なお、新幹線内で私を発見しても、「Mujinaだ、Mujinaだ」と指差して笑ってはいけません。無視するか、頃合いを見計らって声をかけるか、どっちかにして下さいね。

2002年2月2日(土):二重跳び

名札 余裕の笑顔で隼跳び 子供会の方で今春、ピッカピッカの一年生になる子供達の歓迎会があるとのことで、名札を作成したみた。有馬さんとこのさくらの画像をお借りして、男女で文字の色を変えてみた。そうこうするうち、息子が学校から帰って来た。学校で豆まきをしたらしい。縄跳びもやったらしい。1分間で二重跳びを何回跳べるかというもの。102回だったらしい。今、やったら何回跳べるんだろうか?息子のを借りて、チョイト挑戦。いきなり跳んだら、右足の脹脛にピーンと痛みが(泣)。準備運動しなくちゃダメだ。縄跳びって結構ハード。練習しただけで疲れてしまった。結局、13回しか跳べなかった(笑)。息子が得意げに、「じゃあ、隼、跳べる?」、とりあえず、「『隼』のホタルは歌えるよ」とだけ答えておいた。やっぱり情けないので、再チャレンジ、順調に20回目まできたが、紐が外れてしまう。それは、すぐ直ったのだが、息がハアハア、休憩しないとトライできそうにもない。・・縄跳びをしたせいか、重い腰が、ようやく上がる。日記の表示を変更してみた。本文部分に設定していたフォントサイズを外した。これで、ブラウザの設定が優先されるはずである。また、背景を白地にしてみた。どうだろうか?少しは、見易くなっただろうか?・・その気にさせてくれたK.Fさんに感謝。

2002年2月1日(金):おっ今日は

今日から二月。寒さも一段と厳しくなった感がある。一方、今月を乗り切れば、春も見えてくるかなと・・。いつもより、早く起きた(起こしてもらった)子供達は、開口一番、「お母さん21歳の誕生日おめでとう!」(息子)、「お母さん31歳の誕生日おめでとう!」(娘)と、幾らなんでもサバ読みすぎだろう。そう来るなら、こっちにも考えがある。「お母さん51歳の誕生日おめでとう!」(自分)・・ヒューっと寒い風が吹く。そんなクダラナイやり取りはともかく、今日は家内の誕生日。本人にとっては、たった数年でも実際の歳より若く見えるというコメントが一番嬉しいらしい。精神年齢なら子供達の言う通りなんだけどね(バキッ・・)。うん、見える見える、実際より若く見えるよ。お祝いしなくっちゃねえ。今週は、ちょっとお疲れ気味、「明日は、ゆっくりしよう!」と言ったら、息子がボソッと、「いいなあ、土日だけ、お父さんになりたいよ〜」、なんか切実な響きだったなあ。・・実は、今日の日記、二回目の入力なのだ。宇都宮直前、Windowsで例外エラーが発生し、それまでの入力分がパーになる。何故か、PanasonicやSONYから新モデル発表というニュースを聞く頃になると調子が悪くなる。スネているのだろうか?こんな時こそ、一生懸命、働いてくれないと、モデルチェンジしちゃうぞ(でも、先立つものがない)。大体、例外エラーというのがお粗末。プログラム(OS)の作りが悪いに決まっている。プログラムの8割は、エラー処理や例外処理の為のコードと言われるが、そういった部分の出来が悪いのだろう。やっぱり、XPにすべきなのかなあ・・そうなると、今のPCのスペックではキツイ。あっ、また、PCの調子が悪くなってきた。ここまでの分、急いで、保存しなきゃ。・・そういえば、同じ車両で初めてSigmarionUを使う方を見かけた。売れていると思うのだけど、新幹線の中では、なかなか遭遇しないのだ。買ったばかりのようで、スタイラスペンで画面のあちこちをタップして納得顔であった。あのタップに慣れちゃうと、ノートPCの画面を、タップしてしまうことがある。あれ、反応しないなと二度三度(反応する訳はないのだが)。・・昨日、新幹線で2つのキャンペーンの案内放送があった。どんなキャンペーンかと思い、耳を傾けてガックリ。「プラットホームキャンペーン」→ホームの黄色い線の内側に並びましょう。「暴力・迷惑行為撲滅キャンペーン」→そういう行為をしないように、見かけたら最寄の係員・警備員・警官に。というもの。なんだ、そのまま、やんか。・・OCNが、ようやく、AirH"に対応するようだ。もう、@niftyへの完全移行を終えた自分には、今更なんだけど。・・また、風邪が流行っているようだ。手ウガイを励行しましょう。最後に宣伝を、健康本の特集です。