2001年8月


 
 
 

キリギリス

事件な人々

足を上げて

パンツ姿で

のんびりと

灰色な越境

東北○大祭

定期不携帯

五百円貯金
10
屋台骨が?
11
おばちゃま
12
マジ肥満?
13
田舎の野菜
14
親父パワー
15
夏の終わり
16
Uターン
17
!の意味は
18
45?年
19
触発されて
20
奇怪な現象
21
浦島太郎
22
ACアダプタ
23
入社の頃は
24
兄弟二人
25
東京の土産
26
通信貧乏
27
最後の日に
28
癖になるか
29
自分だけは
30
ダイエット
31
家路を急ぐ


2001年8月31日(金):家路を急ぐ

八月も今日で終わり。夏も終わりという感じ。天気は、あいにくの雨。福島県内は大雨という予報である。出掛けに、「傘を持った?」と聞かれるが、「東京は大丈夫だろう・・」と済ませてしまった。東京の天気予報をチェックし忘れたので、当てずっぽうの判断。大丈夫じゃないかもしれない。秋は、日本晴れというイメージが自分の中にはあるのだが、秋の長雨という言葉があるように、秋は雨の日が多い。一雨ごとに秋が深まっていくのだろう。・・サーカムの被害が拡大しているらしいが、数日前に、自分のところにも届いたところをみると、やはり感染が広がっている模様。添付ファイル付きのメールは要注意である。・・昨晩は、家路を急ぐ心境だった。急ぐと言っても、いつもの新幹線に乗る以上、どうあがいても着く時間は一緒なのだが。家内からのメールによれば、叔父から、カニ&ホタテが届いた。茹でて食ってみたらバカウマ。早く帰ってこないと無くなるかも?・・こんな内容だ。カニを貪り食う様子を思い浮かべながら幸せな気分に浸る。でも、浸りすぎて寝過ごしたりしては最悪と、我にかえった次第。・・今朝は、何となく体がだるく珍しく眠気が残る。そんな時、ふと目にしたラジオ福島通信の内容に思わずクスッと笑い、目が覚めた。それは、「〜漢字でタトゥーを彫った外人から意味を尋ねられた。見ると、『台所』と大きく彫ってある。それは、キッチンという意味だと説明すると、彼は、とっても悲しい顔をした。その話を、別の外人の友達に話したら、彼は大笑い。意味もわからず使っちゃうなんてダメだねと。自分は、意味を考えてエレガントという意味の漢字を入れたTシャツを持っていると自慢する。見せてもらうと、黒地にピンクで『象』と書いてあった。それ、エレファントだろう・・」、という話である。そもそもは、手書きで漢字が書けなくなっているという話からきているのだが。確かに、手書きの文書を書く機会は少ない。たった原稿用紙一枚でも手書きで書けと言われれば、結構、苦労しそうである。漢字が書けずに立ち往生しそうだ。今月分の日記の文字数、どうも3万文字を越えているようだ。・・窓の外を見ると。まもなく大宮だと言うのに激しい雨が降る。どうも、今日は、東京も雨らしい・・。

2001年8月30日(木):ダイエット

今朝のテレビで知床の見所を紹介していた。出勤の準備をしながらだったので、ツマミ食い程度にしか見れなかったが、素晴らしいところ。青い海と空、緑の大地・・厳しい冬の姿も魅力的(住んでいる方には、また違った感想があると思うけれど)。同じ局かどうかは不明だが、その後、ジンギスカンも紹介されていた。食欲減退気味のこの頃であったが、知床の風景を見た後に、ジンギスカンのジュージューと焼ける様子を見ていたら無性に食べたくなった。食欲の秋が近づいている。こうなったら思いきり食べてやると意味も無く一人宣言するのであった。自らのダイエットの必要性はおいといて、PCと特殊法人のダイエット話。デスクトップPCへの関心は薄れているのだが、昨日のGateway日本撤退のニュースは衝撃的だった。Gatewayマシンには愛着を感じている。十年程前にPentium/90MHzのデスクトップPC95年6月に発表翌日に注文FAXを入れたPentium/133MHzタワーマシン(現在でも家内のメールマシンとして活躍)と2台を直輸入したことがある。その後、日本法人が出来て直輸入の醍醐味はなくなったが、日本でのビジネスを順調に拡大して顧客も獲得していったものと思っていたが、日本市場では利益が出ないと判断したようだ。最近、ちょいとPCサーバのエントリーモデルの見積を依頼したのだが、Pentium3/1GHz×2仕様。しかし、巷の話題は、Pentium4/2GHzだ。性能はさておいて、その電力仕様75Wは凄い。相変わらず、期待を裏切らない。こんなCPUを内蔵したら、ミニドライヤーを内蔵したようなもの、熱風と冷却ファンの騒音に悩まされるのではといらぬ心配をしてしまう。Intelもこうした状況は素直に受け止めているらしく、Pentium4/2GHzでの新PC仕様、冷却技術を開発し騒音35db以下で10リッター前後の筐体を実現したようだ。お店に並んでいるコンパクトなデスクトップPCで11リッター程度というから、マズマズ。それにしても電力使い過ぎ。F1カーのようなものか。燃費の良いコンパクトカーに匹敵するCPUは誰が作るのだろうか。・・特殊法人の改革が話題に。例えば、99年時点で本四公団が抱える有利子負債は4兆近い。900億円の通行料収入で年間金利1,500億円すら払えない。管理費まで加えれば、850億円のマイナスである。まともな感覚では成り立たない世界だ。四国・九州を自転車で走った若かりし頃、橋の工事は始まっていた。いつのまにか、3本の橋がかかっている。隔世の感がある。地元にとっては無くてはならない橋なんだろうけど、根本的に考えないとエライことになる。・・最近気がついたことがある。H"のカードをPCMCIAタイプ(SII製)からCFタイプ(日通工製のPetit)に換えたのだが、どうも感度が低下したような気がしてならない。つまり、以前より、繋がりにくい切れやすい気がする。物理的に容積が、相当小さくなったわけだから、アンテナに相当する部分もコンパクトになり、その結果、感度の低下をもたらしたのではと考えている。裏付けデータを並べる気はないが、きっと、間違いないと踏んでいる。最近では、「プチッと切れるPetit(プチ)」と愛着を込めて呼んでいる。この分だと、Petitの寿命は長くはなさそうだ。早く、本命のAirH"に移行したい。その鍵を握るのは、プロバイダの対応である。・・全然、関係ないけど。宇都宮餃子館の「ちょっと一杯セット」はお薦めである。焼き野菜餃子、エビニラ一口餃子、枝豆、生ビールでナント980円(税込:1,029円)だ。単品オーダーだと(枝豆は判らんが)税込で1,600円を越える内容なのだ。ははは・・壊れかけています。

2001年8月29日(水):自分だけは

改札を通ったところで、「ちょっと・・大宮?・・大宮?」と両手に荷物を一杯抱えたオバサンから声をかけられた。どう見ても日本人の顔なのだが、イントネーション等から判断するに、外国の方なのだろう。カタコトの日本語で、新白河−大宮の切符を見せ、「これ、大丈夫?」。新幹線で大宮まで行きたい、この切符で大丈夫か、このホームに並べば良いのか?ということを確認したかったようだ。ゆっくりと、「大丈夫ですよ」と答えると、ホッとした様子。まあ、新白河駅には間違うほどのホームも無いのだが・・知らぬ方にとっては、不安で一杯なのだろう。ふと、「Sorry・・Chicago?・・」なんて言いながら外国でオロオロする自分の姿が想像された。笑い事ではなかった。・・都のアンケート結果だったと思うが、天災時に自分は大丈夫だと考えている楽観派が多いようだ。都に限らず、大半の方が、災害は起きるかもしれないけれど、何となく自分は助かりそうだと思っているのではないだろうか。大丈夫だという根拠は何も無いという方が多いと思うけれど、被害を被るという根拠も無いから、楽観的に考えられるのだろう。それに比べて、景気の行方やリストラの話を聞けば、自分もヤバイかもと考えてしまう(事実、無関係は装えない状況であるが)方が増えていると思う。そういったネガティブな気持ちが、さらに景気や社会状況に対してマイナスに作用しているように思う。備えあれば憂いなしと言うように、万が一を想定し危機管理することは大事だが、そうした上で、前向きな気持ちでいかないと、世の中が明るくならない。自分だけは大丈夫というぐらいの奢った脳天気な気持ちが必要なのかもしれない。

2001年8月28日(火):癖になるか

目が覚めた・・時計の針は4時15分。まだ4時間も寝ていないが、目覚めてしまうと眠れないので起き出す。精神的に余裕の無い日が続く。まあ、一つ一つ片していくしかないんだけど。・・早くも年賀状の話題である。11月1日から発売される2002年の年賀状、発行枚数は、前年比7%減で40億枚に届かなかった。昨年は、1億枚が売れ残ったという。内訳では、インクジェット用が、前年比64.3%増で約11億枚に達する。家庭へのプリンタの普及が著しいのだろうし、枚数減は、電子メールやネットから簡単に送れるカードサービスの充実も影響しているのだろう。自分の場合、大晦日頃に年賀状を投函することが多くなっている。際の際まで来ないと、実感が沸かないんだよと言い訳は考えてあるが、単なる怠慢のなせる業である。ネット仲間には、カードを送ることもあるが、これだと直前の気分で送ることができるから超便利である。年賀状をやり取りする相手の中には、年賀状でしかつながりが無くなってしまった方もいる。互いに、一年に一度、俺は生きてるぞ、オマエも生きてるか?・・という感じである。この先、ひょっとしたら生きている間には逢えないかもしれない相手と交換し続ける年賀状というのも不思議なものである。・・大企業の人員削減のニュースが続く。T社は約1割の削減。早期退職優遇制度の対象年齢を46歳から40歳に引き下げたそうだ。おお、自分の歳だと、もう対象年齢である。猫も杓子もITと踊っていたのに、早くもIT不況だと言われる始末。まだまだ、IT革命は過渡期だと言うのに。・・座席を対向にして二人で四席を占有して寝ていた方々がおり、宇都宮駅でどうなるのかな?と気にかけていたら、事前に車掌さんがやって来て、彼らを起こして座席を開放させていた。なるほどなるほど、後から乗りこむお客様の為に、そういう対応も必要だと思った次第。・・常日頃、乗る新幹線を意識して仕事を切り上げるタイミングを見計らっているが、時に、突発の事情で乗り損ねてしまうこともある。いったん、帰り支度をした後に仕事を再開する気分にはなれず、先行する新幹線で宇都宮まで行くこともある。ホーム上の待合室は、空調が効き電源もあり人も少ないので結構、落ち着ける。時には、駅を出て餃子を食すこともある。待ち時間で丁度良い感じ。なんか、癖になったりして。

2001年8月27日(月):最後の日に

今日から子供達は二学期である。昨日は、浦和でソフトボールの練習試合があるので行きたかったが、今日が締切の宿題が終わらず、泣く泣く断念した。そんな訳で、昨日は、一日中、宿題に追われていた。いい加減疲れてくると、ちょいとネットをぶらぶら気分転換。ふと、長居しそうになり、あっ!イカンとWord画面に戻るを、繰り返していたような気がする。そんな自分の傍らで、一日中、終わらぬ宿題に向かっていたのが娘。土曜日まで余裕で構えていたくせに、最終日になった途端に、この様である。全く、誰に似たのかと言いたいところだが、誰に似たかは、余りに明白である、トホホ。息子の方は、余裕で宿題を終えたようだ。一体、誰に似たのか、サッパリ思いつかない。・・長崎から銚子沖まで、まる1ヶ月漂流していた漁船の船長さんが無事救助された。二週間ほど前に、水も底をつき、魚もほとんど取れなくなり、飲まず食わずが続いた上、台風で転覆しそうになりながら、生き延びたとのこと。救助した方に、、「正直、死ぬかと思ったけど、なかなか死なないものですね」と、口元を少しゆるめたと言う。その生きる力に、万歳!

2001年8月26日(日):通信貧乏

国内最大規模の風力発電基地が青森県東通村に完成した。以前、日記でも取り上げたことがあるが、クリーンエネルギーとして期待している。来月5日から試験発電を行い、11月から東北電力に売電予定。25基の風車で総出力3万2500KWと中規模の水力発電所並みという。高さ99mの風車が立ち並ぶ様は壮観に違いない。風の谷ナウシカで、多数の風車が谷からの風で回っていたが、あんな光景なのかな。風や波、太陽などの自然界のエネルギーを、うまく活用できたらって思う。・・矛盾しているが、新しいページをアップしたくてウズウズしておりながら、手につかない状況だ。無駄な時間を多々過ごしてはいるのだが、どうも気分的にバタバタして落ち着かないせいだ。まあ、9月中旬頃までは無理かなあと諦めている。通勤日記は、気分転換になるので、毎日書いている。朝に書くので、朝一で見聞きしたことと、昨晩のことが、ごちゃ混ぜになるけれど、このパターンが気に入っている。夜に日記を書くと、暗い面が出そうで(笑)。・・こないだ、いつもより早目に帰って来た時のこと、息子を風呂に誘うが、既に入ってしまっていた。まだ、入っていないのは、娘だけだった。そこで、いたずら気分で、「たまには、一緒に入るか?」と声をかけてみた。家内も、「たまには、背中でも流してあげたら・・」と言う。すると、「いいけど、お父さん、動揺しちゃうんじゃないの・・」。確かに。そう、いつだったか、風呂に息子が入っていると勘違いして、タダイマ!ってドアを開けたら、娘が湯船につかっていて、とっても驚いたことがある。その時の動揺をしっかり見透かされたいた。・・家内が、珍しく家計を分析してため息をつく。どうも想定している以上に出費が多いらしい。そして、減らせる項目が見当たらないそうなのだ。他の部分は知らないけれど、いろいろな名目で引き落とされている通信関係も馬鹿にならないかもしれない。家内は、本当に気付いてないのかな・・。先日は、PHSカードも1枚にしたし、9月3日からは、白河市でもフレッツISDN・ADSLの申し込みが始まるというので、通信費関係を少し減らせるんじゃないのかなとコメントしてお茶を濁す。モバイルも、AirH"で定額制に移行したい。メインプロバイダの対応待ちかな。通信ベンチャーの「平成電電」が、10円で市内4分/市外3分/県外2分という電話料金での事業計画を申請しているそうだ。また、電話料金が下がるのかな?

2001年8月25日(土):東京の土産

昨晩の帰りは、走らずに余裕で乗れた。しかも、最終の1本前に。まもなく那須塩原というところで、通路はさんだ反対側の座席を占有して丸太のように寝ていたサラリーマン(同業者)さんのポケットの携帯が鳴る。アラーム設定をしていたようだ。なんと、チャゲアスの曲。そう、今は懐かしい、101回目のプロポーズのテーマ曲「SAY YES」。僕は、死にましぇーん!という奴だ。でも、彼は、死んでいた。無意識にアラームを止めるや、また寝入ってしまった。大丈夫かな。その前には、国籍不明のケバケバシイお姉ちゃん達。振り返った顔はアユ似で可愛いのだが、そして、手土産はひよこ。アユがひよこ・・なんか、とってもアンマッチに映る。東京から乗り込む方の土産って、ひよこor東京ばななとか多いような気がする。あの袋が目立ち易く頭に入っているせいもあるんだろうけど。仙台から乗る方なら、笹かまor萩の月or牛タンと言ったところか。・・晩飯は、カレーうどんだ。お土産にいただいた讃岐うどんを使って。食い方に問題があるような気がしないでもないが、美味しかった。娘が寄ってきて、オネダリをする。これには勝てない。お蔭で、腹九分目で済ませることができたけど。腹八分目にしろって・・それが、出来れば苦労はしない。・・レッツノートのバッテリーが入荷、ようやく快適な環境に復帰した。過去2回の経験によれば、次回の交換時期は、来年3月頃である。バッテリーについては、まだまだ改良の余地があると思う。もう少し寿命延ばすか、それが無理なら価格を下げるとかして欲しい。おまけに、320gという重量。これって、PDA端末に相当する位の重さだ。まあ、こんなこと言っても、オプションや交換パーツの類にメスが入ることは無いんだよね。レッツノートも使いこんできたせいか(といっても13ヶ月)、ソフト環境の安定度がイマイチの状態。何かが悪さをしているのかもしれないが、次第にメモリが不足してアプリが起動できなくなる間隔が短い気がするし、スタンバイモードへの移行に失敗することも多々。96MBだと思っていたメモリは、実は、128MBあった。大容量の画像を処理したり、動画の再生を行ったりしている訳ではないので、これ位で快適に動いてくれても良さそうなのだが。まあ、いずれ、OS・アプリともインストールし直しが必要なようだ。巷では、Pentium4/2GHzが市場に出ると言うし、高木産業はMobilePentium3/1GHzのB5ノートを発表。CPUのクロックも知らない間に、こんなレベルになっていたんだね。・・イチロー選手が128試合目で首位打者に返り咲く。タイトル獲得もかなり現実味を帯びてきた。ボンズ選手は、127試合目で55号本塁打と最速ペースで量産している。シーズン終了後に、どんな記録が達成されるのか、今から楽しみである。

2001年8月24日(金):兄弟二人

今朝、ホームに並んでいると、後ろにお母さんと小学生&幼稚園児と思しき兄弟が並んだ。どうも兄弟二人だけで始めて、おばあちゃんの家に遊びに行くらしい。東京駅までおばあちゃんが迎えに来てくれており、そこから京浜東北線で鶴見まで行くらしい。一通り説明を聞いた後、弟君が不安そうに「何時の電車に乗るの?」。お兄ちゃんの方は、自分が頑張らなくてはと決意を固めている風であった。今朝の新幹線は、わりと乗客が多い。二人並んで座れる席は少ない。三人席の真中席に荷物を置き窓側に陣取った姉ちゃんに、「ここ座りたいんですけど・・」と、恐る恐る聞いたようだが、却下されたらしく(とんでもない輩だ)、先に進む。ようやっと、親切な方が席を移動し二人の為に連続したニ席を設けてくれた。親切そうなお姉さんの隣に座った兄弟・・緊張の中にもホッとした様子。一部始終を眺めていた自分もホッとする。・・昨晩は死ぬほど走った。暑さの戻った東京、21時過ぎとはいえ、蒸し暑い。全力で走れば汗びっしょり。まあ、間に合って良かったけど。そんな日は、パソコンの調子も悪い。スタンバイモードへの移行が不完全だったらしく、車内で電源入れたがハングアップ。満充電のはずだったのに、リセットしたら残量74%。ファイル修復が終わる頃には63%まで消耗していた。昨日、H"のカードをpetitに機種変更した。CF仕様なので、レッツノートとシグマリオンの両方で兼用できる。ようやく、P-in m@sterとH"の2種のカードをH"1枚に集約できたことになる。そんなpetitの使い勝手をと遊んでいたら、残量23%となり。パソコンの使用を断念。発注したバッテリーが待ち遠しい。現在では、新白河〜宇都宮位しか、まともに使えない。まもなく宇都宮だ、早くアップの準備をしなくては・・。

2001年8月23日(木):入社の頃は

太陽と同様の原理でエネルギーを発生させる核融合は、将来のエネルギーとして期待されていると学生の頃に耳にした記憶がある。しかし高温のプラズマを発生させ一定時間閉じ込めて臨海条件を満たすことが、技術的にもコスト的にも困難だったのだと思う。大阪大とラザフォード研究所などのグループが、新しい方式で、1兆分の1秒間に数百万度まで加熱して核融合を起こす実験に成功したという。現在も研究が行われている閉じ込め方式に比べてコストを1/10程度に抑えることができる見通しだと。まだまだ実験レベルなのだろうが、ミニ太陽を作り出すことができるのだろうか?それにしても、1兆分の1秒って、どういう時間?数百万度って、どういう温度。温度も低い方は、超伝導などでもお馴染みの絶対零度(マイナス273度)より低い温度は無いのだが、高い方は、一体どこまであるのだろうか?ふと疑問に思った次第。・・今朝は太陽がまぶしい。どう見ても秋の空なのだが、東京の予想最高気温は34度だという。はあ・・溶けそうである。・・お蔭様で昨夕、10万アクセスに到達した。アクセスしていただいた皆様に感謝、感謝。ところで、ジャスト10万をゲットされたのは、どなたなのだろうか?・・昨日は、台風を気にしながら会議をしていたのだが、終わって外に出ると、もう青空が広がっていた。帰りは、久しぶりに大宮駅から新幹線に乗る。20:38発のやまびこ号。盛岡まで行く最終の新幹線であるという案内放送。新幹線を待つ間、ふと、アルシェビルの方を降りかえると、ホーム中央の水飲み場の銘版に東北と上越の新幹線開業日が記されていた。上野、東京まで延伸されるまで、しばし、大宮駅発着だったのだ。東北新幹線(昭和57年6月23日開業)、上越新幹線(昭和57年11月15日開業)とある。自分が入社する前年である。入社して浦和の社員寮に入る際には、電車を利用して浦和まで来たと思うのだが、当時、大宮まで新幹線で来たのか、特急電車で来たのか、今となっては思い出せない。狭い社員寮ではあったが、東北出身の自分には、一つ感動したことがある。それは、窓から、富士山が見えること。しかし、その後、上野まで新幹線が延伸されて、富士山を遮るように新幹線・埼京線の高架が出現し目障りな障害物になった。当時は、将来その新幹線で通勤することになろうとは、夢にも思わなかった。

2001年8月22日(水):ACアダプタ

いたって穏やかな朝を迎えた。台風は、どうなったのだろうか?台風情報を見ると、まだ、三重・愛知の海上付近だ。移動速度が上がっていない。しかし、新幹線に乗る頃には、突然、風が出始め大粒の雨。これからも、雲の流れに併せて断続的に雨が降るようだ。現在のところ、新幹線の運行に支障はないが、今後、どうなるかは判らない。今日の午後、外出する用事があるのだが、ビショ濡れになりそうで恐ろしい。・・シグマリオンのバッテリー残量が20%を切る。充電しなくてはとACアダプタを接続するが、充電ランプが点灯しない。壊れた?中3の時に買ったテスターを引っ張り出し電圧測定。ACアダプタが悪いようだ。外傷は無いが、コードの断線か本体の故障なのだろう。どうしたものかと棚を漁っていたら、最近、お蔵入りとなっている、PD/CDドライブ用のACアダプタコードが同規格で代用することができた。ACアダプタは山のようにあるが、ほとんど互換性が無く使えない。休日出勤時にACアダプタを忘れエライ目にあったこともある。こんなラッキーなケースは珍しい。家電製品のリモコンもそうだ。山のように溢れかえっていて、一体、どれがどれやら。特にビデオなどでは、本体側では簡易操作しか出来ず、全てリモコン任せの機種もあり考え物だ。・・本日、ウエちゃんの本が発売である。そして、当ページのアクセス件数が、今夜あたり、10万に到達しそうである。昨年3月28日に1万に到達(ちなみに自爆)した頃から思えば、10万という数字は信じがたい。たんなるカウンターの数値ではあるが、やはり嬉しい。99999、100000、100001といったキリバンをゲットされた方からのメールor掲示板への書き込みを楽しみに待つことにしよう。いろいろな方からホームページの感想をいただくが、さすがに、これはマイッタというのも少なくはない。それは、意外に身近な方からの見たよというコメントである。かつて日経ビジネスの中でもコメントしたが、茶化して言えば、その包囲網たるや隙間が無い感じである。継続的に見ているとは思わないけど、友人、知人、御近所さん、職場、仕事関係、子供つながり・・・最近で結構驚いたのは、家内の弟夫婦・母、自分の姉・姪からの見たよの一言である。遂に、親兄弟の目に触れるところまできたかという感じ。当初の頃は、職場や会社の方に知られて動揺したこともあったが、度重なる動揺を繰り返すうちに、一種の開き直りで、次第に平静に対応できるようになってしまった。身近な人達には、ネット上のMujinaが、どう映っているのかは知る由もないが、まあ、このまま続けていこうと思う。

2001年8月21日(火):浦島太郎

台風11号の動きは予断を許さない。もろ上陸しそうなばかりでなく関東から東北を通過しそうな予想コースではないか。また、眠れない夜を迎えそうである。どうも、台風ニュースを見てしまうと寝つけなくなるタイプ。子供の頃に親に背負われて、夜中に避難した記憶が蘇るのかもしれない。停電して真っ暗な中、懐中電灯に照らされた行く手には、水が荒れ狂っていた。・・ひょっとして今朝は雨が降り、ラジオ体操が中止になるのではと、家内は密かに期待していたらしいが、今朝の白河は穏やかな朝を迎えている。・・モバイル通信の世界は、ちょいと遠ざかっていると浦島太郎になってしまう。OCNが、PIAFS2.0にしか対応していないので、文句を言いながらも、H"を32K固定で使っていた。何気なく、アクセスポイントをチェックしたら、いつのまにかPIAFS2.1に対応しているではないか。早速、全てのダイヤルアップ接続の設定を64Kに変更した次第。パフォーマンスは未だ十分に確認できていないが、移動には強くなったことは実感できる。最も、ベストエフォート方式ということで、片チャンが切れたり、新たに発見した局と接続したりしているのか、ウンと黙る時もあるが、それでも切れないように必死に頑張っている姿(目には見えないが)には好感が持てる。もっと早く気付くべきだった。また、フレッツISDN、ADSLには当分縁がないと思っていた白河でも、9月3日から受付開始となるようだ。ただ、こちらは、まだ油断はできない。白河でも、かなり初期の頃にISDNを開設したせいか、同じ町内の方と局番が異なっている。いざ申し込んでも、「お宅の局番は対象外なんですよ・」なんていう事があるかもしれない。その場合、現在のISDN回線を解約してアナログ回線に変更しADSL契約すれば可能ということになるかもしれないが、電話やFAXの番号が変わるのも考えもの。じゃあ、ISDN回線は、電話とFAX用に残して、ADSL用にアナログを新設か・・。まあ、そんな事態にならないことを祈るのみである。・・今年の1月19日に、ノートおPCのバッテリーがヘタッたと不満をもらしていたが、また、同じ状態になった。購入から約13ヶ月で2回目となるバッテリー交換の時期が近づいてきた。充放電の繰り返し回数で寿命があるのは認識している。だからこそ、なるべく1日の充電回数が少なくなるように運用していたつもり。新白河−東京間を、ある省電力設定で使えば、ほぼ往復使えていた。今では、新白河-大宮間も危うい状況である。充放電回数での寿命を約400回として、約1回/日の充電なら、1年位持ちそうなものだが。約半年の寿命は短過ぎる。安いものならまだしも、バッテリーだけで、2万数千円もするのだ。レッツノート含め他社ノートなどお使いの方は、どうなんだろうか?

2001年8月20日(月):奇怪な現象

月曜の朝なので6:30発のなすの号に乗る。今朝のホームの雰囲気はいつもと違う。サラリーマンも多いが、目立つのは、大きなバッグやリュック、紙袋を手にしたUターン組と思しき人が多数。昨日も高速や新幹線が混み合っていると報じていたが、16日から仕事に復帰している自分としては、へえそうなんだという感じである。・・金曜日、奇怪な現象に気付く。Windows98SEの標準で搭載されているワードパッド(アクセサリー)を使って日記などを更新していた時だ。ふと気付くと、・(中黒っていうのかな?)が、やたら目立つ。もともと多用してはいたのだが、良く見ると、文字化けしている。化けた箇所を確認していくと、記憶しているだけで、「大、多、夢、娘、妻、天」などが、「・」に化けている。その時は、編集を中止したのだが、昨日確認したところ、日々、更新している4ファイルで文字化けを多数発見、修復することに。中でも、今日の一言(todayw.htm)は、文字化け箇所が多くてマイッタ。原因不明、また再発するかもしれないので、しばし様子見。この文字化けに気付いた場合は、是非、教えてください。なお、誤字・脱字は、キリが無いので、ご容赦ください(爆)。・・子供達の夏休みも残すところ約一週間。朝のラジオ体操も始まり、息子は眠い目をこすりながら参加している。明日は、家内が当番らしく、二人とも起こしてあげなくてならない模様。ラジオ体操は6時半頃から始まるのだと思うが、お隣の町内では、テープに録音しておいて7時から始めるらしい。息子は、夏休みの宿題その他を完結させてしまいたいらしく、昨夕は、「夏休みを振り返って」を書いていた。おいおい、もう振り返ってしまうのかい。・・昨日、仙台市泉区での第4ステージをもってツール・ド・東北も終了した模様。最終結果は不明だが、福島県相馬市での第3ステージでは、白河出身の斑目選手が優勝。ツール・ド・フランスでもそうだったが、やはり、地元のステージでは地元出身者は燃えてプラスαの力が発揮されるのかもしれない。おめでとう。・・26日、9:30から(15:00まで入場)JR東日本仙台総合車両所で第17回仙台新幹線車両基地まつりが開催される。連結器動作や台車組立作業など間近に見学できるほか、構内を実際に走っての乗り心地体験ができるそうだ。200km/h超で実際の区間を走っての乗り心地では無いので、どこまで体感できるかは疑問だけど。東京−新白河間の何処かでやってくれるなら見てみたいところ。新幹線は毎日、見てるし・乗っているけれど、ホーム下に隠れている台車部分も含めて全体をじっくり見たことがないんだよね。2階建てMax号など線路面から見上げたら相当な高さがあるはず。日頃、利用している新幹線の新たな一面を発見できそうな気がする。デジカメを持って見学してみたい。・・未来博は期間の半ばを通過した。ここまでの入場者数は約63万人と通期200万人超の目標に対して厳しい数値のようだ。事業としての目論みもあるのだろうが、もともと設定が高過ぎるんではないのかなと思ってしまう。二度ほど訪れて自分としては、それなりに評価できるし、見る価値もあると思っている。終了後に、入場者数が目標に到達しないからと、その点ばかりで、未来博自体の評価を締めくくらないで欲しいと思う。

2001年8月19日(日):触発されて

コンビニでオニギリを買う。「温めますか?」の問いに、珍しく、「お願いします」と答えた。今朝は、時間が早いせいもあるのだろうが、秋を感じさせる涼しさである。オニギリの温かさが今朝は嬉しい。市民総体、家内と自分の実家への帰省などが続き、お休みしていたソフトボールの朝練に約1ヶ月ぶりに参加する。遠くから大変だねと言われるが、実は、この移動時間も楽しみの一つである。お休みの日に電車に乗って何処かに向かう・・楽しいのだ。ほとんど利用客の居ない早朝という時間帯も悪くない。判るかなあ、この楽しみ。・・昨晩、ツール・ド・フランス(フジTV放送)のビデオを家内と見た。家内は初めてだが、自分は二度目である。アームストロングの走りに目頭がジーンとくること幾度。夜だったから、そのまま寝たけど、日中なら間違いなく触発されて自転車乗りに出かけるところだ。幸いに、昨日は、夕方に一時間弱、思いきり走っていたので、乗れないからといって欲求不満にはならなかった。涼しくなったお蔭で、ガンガン走っても、滅茶苦茶汗をかくこともない。ところで、アームストロング選手はツールに備えて体重を8kgほど落としてきたそうだ。番組の中では、自転車約1台分の重量と例えていた。自分がよく、自転車1台分余計な体重と例えているのと同じ例えだ。プラスマイナスの方向が全く逆だけどね。彼の走りに感動しているばかりでなく、少しは見習って、体重を落とす努力をすべきだね。・・夏休み前に息子が学校から持ちかえってきた稲にも穂が出始めたそうだ。バケツに入った稲を一人で持ちかえってきたらしいが、一旦、水を捨てて持ちかえるという発想が浮かばなかったらしく、水をたぶたぶさせて、重い、重いと持ちかえってきたそうだ。まだ、学校が近いから何とかなったのだろうが、遠い子だったら途方にくれていたことだろう。途方にくれる前に水を捨てているか・・。まもなく、宇都宮駅だ。

2001年8月18日(土):45?年

45光年先に太陽系に似た惑星系が発見されたそうだ。そこに地球のような惑星が発見され水が存在すれば生命が存在する可能性もあるという。光で45年もかかる遠い先ではあるが宇宙の大きさを考えれば、とっても近く感じてしまうから不思議。詳しいことは知らないが、宇宙の年齢は150億年位といわれており、宇宙の果ては光の速度で宇宙の年齢と同じ位先と言われているから150億光年先ぐらいかな。そして膨張し続けているとも・・。45で思い出したもう一つのことがある。ウランの半減期である45億年。放射線量が半分に減衰するまでの時間だ。地球の年齢が50億年ということだから、それにも匹敵する気の長くなるような時間。放射線と言えば、授業で習ったように、α、β、γ線などが良く知られている。ネットで検索すれば、いろいろな情報があるけれど、二つのページと放射線について記述している内容について紹介しようと思う。柏崎刈羽原子力発電所。放射線を例えて説明する部分がある。「例えば、住宅の蛍光灯を放射性物質とすると、明るさの光が放射線ということになります。電球と光の絵で『放射線』を光にたとえると、電球が『放射性物質』、電球が光を出す能力を『放射線』ということができます。」・・電球の光に例えて説明するとはアイデアマンである。なんか親しみが持てるしね。そして、放射線の種類と特徴を説明する部分。「γ線・x線:〜透過性が強いため物や人体の表面などを通過する線〜x線撮影は、この性質を利用して医療に役立てています。β線:〜透過性もかなり弱く身体の内部まで入りません。α線:〜透過性は弱く、紙切れ一枚でも遮断できます。」といった具合だ。では、もう一つ、核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団である。。「α線:〜透過力は弱いので紙などでも遮蔽可。逆にいえば検知しにくい。人体への影響は、外部から被曝した場合は皮膚に影響を及ぼす。体内に取り込んでの被曝の場合は局所に影響を与えるホットパーティクルができる。β線:〜アルミ板などの軽金属で遮蔽できる。人体への影響は、外部から被曝すれば組織内まで達する。体内に取り込まれると周辺の臓器にも被害を及ぼす。γ線:〜厚い鉛板などや重コンクリートで遮蔽。人体への影響は、外部被曝でも、体内を貫いて被害を与える。中性子線:〜通常のコンクリートの建物内にいても被曝する。中性なので検知が困難。人体への影響は、α・β・γ線と同様に被害を与えるが、他の原子に取り込まれて放射化させるので、体内に放射性物質ができる。」と、こんな具合だ。最後は、東奥日報の連載、巨大開発30年の決算を紹介して終わりとしよう。興味のある方はご覧いただきたい。

2001年8月17日(金):!の意味は

今朝は、昨日より混んでいる。Uターン組の影響だろう。窓側の席を求めて6両目から8両目まで移動して、ようやっとゲット。大きな荷物と大きな体で通路側2席を塞いで窓側席をガードしてくれていた方がいたのだ(こら、不届き者め・・でも、少し感謝)。昨日はボケる暇もなく仕事に没頭し一日が終わる。今日頑張れば土日のお休みが入るので気分的に楽である。今週一杯お休みだった方は、そろそろサザエさん症候群の兆候が出始めているのではないだろうか?・・昨日、旦那がフウフウ言いながら仕事をしている頃、家内も結構パニックって大変だったようだ。子供達を先日訪れたプールに連れて行きたいが道が判らない、そこでナビが付いている方の乗り慣れない車で出かけた。ところが、途中からブレーキの効きが悪くなり、思いきり踏みこんでも停まり難い状態に・・そこで運転をやめてくれれば良いのだが、アレアレと言いながら走っていたという。植込みにはまって緊急停止。ああ、恐ろしい。原因は、サイドブレーキをかけたまま走行したので後輪ブレーキが加熱して効かなくなっていたのだ。サイドブレーキを解除後、冷ますことによって復帰。それにしても、サイドブレーキをかけた状態だと、それを示す赤いインジケータが点灯しているので気付きそうなものだが。結構、落ち込んでいた家内だが、若干の言い訳を試みる。「あのビックリマークって、やったあ!とか言う時に後ろに付けるマークじゃないの?サイドブレーキならサイドブレーキって表示してくれなきゃ判らないよ・・」・・・・娘、「お母さん、!マークは、説明書なんかでも、注意事項を書く際に使われているよ。やったあという意味じゃないよ。」。そうそう、道路標識にも!がある。危険か注意を促す標識だったと思う。それに、赤い表示は万国共通、異常や危険を表す色なのだ。だけど、世の中には、こんな勘違いをする人もいるということを、自動車会社の方は心の片隅に残しておいてほしい(無理か・・)。・・当ホームページの掲示版にも、時々、遊びに来てくれてキリバンをゲットしたこともある現役タクシー運転手&文豪のウエちゃん。本が出るとのこと。そう、トップページでも紹介している、『笑う運転手/ウエちゃんのナニワタクシー日記』(本の雑誌社)である。8月22日より順次、書店に並ぶそうだ。その頃には、当ホームページも記念すべき大台のキリバンに到達する見込みである。そう、10万カウントである。日頃の感謝を込めて、前後賞も設定しているので、キリバンに興味がある方は是非、狙っていただきたい。現在のペースだと23日(木)の午前中が濃厚である。少し早まる可能性もある。当ページは、平日の方がアクセスが多いので、20日(月)からのアクセスが通常通りに戻った場合、最速で21日(火)の夜半〜22日(水)での到達もありうる。是非、申告可能な方にゲットしていただきたいものである。・・1998年10月22日から書き始めた新幹線通勤日記、あと2ヶ月余りで3年目となる。2000年10月29日からは、我ながら、驚くことに一日も欠かさずに書いている。継続したからって何も良いことはないんだけど、何となく書かないと一日が始まらない(終わらない)感じがしている。ただ、来月上旬は、ちょっとバタバタしそうなので、ひょっとすると途切れるかもしれない。・・帰りは、珍しく7pm台の新幹線に乗れそうだった。が、席を立ったところで電話のベルが鳴り、乗り損ねる。いつもは足早に通り過ぎる地下街のお店に寄ってみる。近々、購入しなくてはならない物を物色するが、良いお店を発見。また、αランドにも寄ってみる。AirH"のカードが展示。そろそろ、CFスロット対応版も登場する予定なのだが。あれあれ、P-in m@sterなるカードも出ている。P-in comp@ctとの差は、携帯(9600bps)とDoPA対応機能が付いたことのようだ。ホームに上ってみると、20:12発のやまびこ(盛岡)行きへの乗車が始まったところ。宇都宮駅に停車することを確認して乗車。そこで、東京20:44発のやまびこを待つ予定。宇都宮駅は、空調が効いて電源コンセントがある待合室がホーム上にあるし、外に出れば、餃子も食えるしね。

2001年8月16日(木):Uターン

故郷でお盆休みを過ごした家族連れのUターンラッシュが・・・このフレーズ、盆と正月には欠かせない恒例のフレーズだ。昨日あたりが、Uターンラッシュだったのではないだろうか?今日から職場復帰となるが、今朝の新幹線は、空いていて拍子抜けするほどだ。早い時間帯ということもあるが、Uターンで増える分より、まだお休み中の通勤客の方で減る分の方が多いのだろうと思う。まずは、ゆったりと座れてホッとする。我ながら、このホッとするという言葉を良く使っている気がする。それだけ、ホッとできない時間帯を多く過ごしているのだろうか?否?・・ヤコブ病等の病原体が細胞に蓄積するのを防ぐ抗体たんぱく質を日米の共同研究チームが見つけたとのニュース。マウスレベルでの研究結果ではあるが、難病の治療法の開発につながる糸口となれば幸いだ。・・猛暑で、クーラーなどの電化製品、そして、ビール、飲料水等の販売数量が増えている。あんまり暑いと、果汁飲料等よりミネラルウオーターの方が伸びるらしい。我が家も、今夏はミネラルウオーターにはまった。冷えたお水は最高に美味しい。ちなみに、国内の売れ筋である「南アルプスの天然水」(サントリー)、「六甲のおいしい水」(ハウス食品)、「エビアン」(カルピス)等は、軒並み、15〜35%増(前年同月比)と絶好調のようだ。景気の方も、これにあやかって欲しいものだが、東北地方では、ここ一週間ぐらいは気温の低い日が続くらしい。

2001年8月15日(水):夏の終わり

座敷に布団を敷き詰めて皆で泊る実家の夏。全員で卓を囲む朝食も賑やか。こうして今年の夏も終わる。宴の後と言う感じかな。・・玄関を開けておくと、茶の間までオニヤンマが入ってくる。我物顔で空中に停止し人間を見下ろした後、また、外に出ていく。毎夏、恒例の光景である。そして、庭先では、カラスアゲハが舞う。じっとすることはほとんどなく、写真を撮るのも容易ではない。

2001年8月14日(火):親父パワー

少し夏が戻ってきた感じ。湿気があって少し動くと汗ばむ。もともと汗かきだったのだが、その傾向が増したように思う。やはり、身に鎧を付けたせいかもしれない。昨日は、夕方に墓参を済ませて、ボーリングでもしようという話になる。親父(私の)が入ると、日頃以上に盛りあがる。ニゲーム目は親父とハイスコアを競う。1ピン差でかろうじて上回るが、危うかった。この親父は、年老いてなお元気ではなく、年を忘れ益々元気である。自分よりパワフルでタフなので、我が親父ながら、いつも脱帽してしまう。ボーリングを済ませて終わるはずだったのだが、親父がスキーのダウンヒルのゲームにトライする。それにつられて、自分もストラックアウト(ファンファーレが鳴り無料ゲーム券を二枚ゲット)。子供達とエアーホッケーともぐらたたき、親父を真似てダウンヒルと・・遊びまくる。はっと気付けば、11PMをはるかに回っていた。あわてて家路を急ぐ。体を動かした後のビールは美味い。お蔭で、今朝は寝不足・・ああ、しんど。・・メールをチェックしてみる。あれれ、昨日、会社に送ったデータでは、不十分だったらしい。いかん、暑さで少しボケているのかも。また、しこしこデータを準備し会社に送る。休み中にデータ処理かと思われるだろうが、しばらくぶりにC言語でプログラムを書いたりして楽しんでいる。EXCEL形式のデータファイルを5種類ほど、CSV掃き出ししておいて、プログラムで各種処理を行うのだが、小気味良く動いてくれて具合がよろしい。在宅勤務だと、こんな感じで仕事をするのだろうか・・と少し考えてみた。データとプログラムと格闘して終わる仕事だったら、多少ハードでも気分的には、すこぶる楽なんだけど。

2001年8月13日(月):田舎の野菜

涼しい朝、熟睡できたせいかバッチリ目が覚める。写真は、実家の庭先で栽培している夏野菜。早朝に親父が収穫してきた。最盛期は、食べきれないほどの新鮮な野菜が収穫できる。もぎたての野菜は、何を食べても美味しい。これが田舎の豊かさだよね。自分の家の庭先でもやる気になれば出きるのだろうが、どうも、そっちには手が出ない。また、実家で収穫される野菜だからこそ美味しいのだという理屈ではない思いこみの部分もある。・・休み前に済ませようと思っていた、データ処理を何とか片付けて担当者にメールで送る。うまく行くと良いのだが。もし、メールが無かったら、新幹線に乗って会社に行かねばならぬところだ。

2001年8月12日(日):マジ肥満?

今日も須賀川アリーナでミニバスの試合だ。今日こそは、頑張ってくれよと願うが、2戦とも敗退。確実にレベルはアップしているのだが、それは他所も一緒。各自が反省点、劣る点を十分に感じたはずである。昨日・今日と連チャンの疲労感も負けた時には、より強く感じるものだ。終了後、お隣の文化センターの清陵情報高校の合唱部・吹奏楽部合同定期演奏会へ。姪が出ているのだ。最後の方しか顔を出せなかったが、少しでも聞けてホッとする。・・その後、実家に帰省。帰省と行っても、会場から10km程度と目と鼻の先である。・・HotmailとFedExがCode Redの攻撃を受けたそうだ。FedExでは配送の遅れも懸念されるとのこと。本当に困ったものだ。天下のMSのHotmailサーバですら感染してしまうんだから(そうか、もともと、NT、Windows2000とIISの組み合わせが感染すると言われていたんだ)どうしようもない。・・松下電気産業から9月15日に発売される体脂肪体重計(\19,000)。体脂肪率に加えてBMIを表示するという。体脂肪率とBMIの関係表から、かくれ肥満(内蔵に脂肪が多い)や筋肉質(体重の割りに脂肪が少ない)など肥満タイプもわかるらしい。筋肉質なので体重が見かけより重いなんて言い訳が出来たのは遠い過去の話、最近では、週に1〜2回程度は、顔を合わせるT氏からまで、「最近、太りました。後ろから見ると、一回り大きくなったように見えたので・・」。マジにヤバイ、かくれ肥満ではなく、マジ肥満かも。・・昨日に続いて今日も帰省ラッシュが続きそうだとのこと。昨日は、大雨の影響でJR東海で運転見合わせなど混乱が生じ、多くの乗客が遅れや足止めを食らったようだ。深夜には、乗換えできなかった方の為に、東京駅の新幹線を列車ホテルとして対応するとニュースで報じていた。いやはや、帰省するのも大変だ。特に、小さなお子様連れの方やお疲れ気味の方には、お気の毒な状況である。・・そして悲しい事故。埼玉県富士見市の男性(65歳)が、秋田県の実家までの約420kmを5日間かけてマウンテンバイクで帰省中、車にはねられて死亡。実家まで残り60kmであったという。自転車が大好きな方だったという。自転車の練習で富士見有料道路を通ることも多かったので、ひょっとしたら、自転車で行き違ったこともあるかもしれない。御冥福をお祈りしたい。

2001年8月11日(土):おばちゃま

「おはよう」、「おはよう」・・まだ、6時前だというのに全員が起きてきた。「おばよう」と濁って・・「おばおば」・・古いが鶴太郎のギャグにこんなのがあったような。小森のおばちゃまネタである。「鶴太郎のギャグ知っているか?」。娘「鶴太郎?・・つるべえ?・・」。やっぱり、わかるわけないか。古すぎる。・・おろしたてのTシャツを着たら襟元がチクチクする。タグだ。切り取ることにして、カッターを探し始めたら。家内「ナッツ、お父さんに糸きりバサミを貸してあげて」。娘、捜すが、置いた場所がわからなくなっている。弁当作りで忙しい家内は見かねて、「全く、肝心な時に役に立たないんだから。いいわ、お母さんのを貸すから・・あれっ、何処にいったんだろう??」。全く、この母娘、一緒じゃないか。息子も負けてはいない。荷物をチェックしたら、シューズが片方しか入っていない。おまえ、片足でバスケットするのか。そう、今日、明日と須賀川アリーナでミニバスの大会に参加する。今回は男子チームだけ。さて、今日は、どんな試合になるのだろうか。会場に向かう途中、矢吹IC脇を通ったのだが、電光案内板を見ると、県内でも15kmの渋滞とある。帰省ラッシュ真っ最中なのだろう。・・結果は残念ながら2戦とも敗退。明日はガムシャラに頑張って欲しい。・・夕方も高速の下りは渋滞しているようだ。お疲れ様である。かつては、こうやって帰省していたんだよねえ。・・昨年度、小中学生の不登校(1年間で30日以上休む)は13万4千人と過去最高だったとのこと。割合でみると、小学校で279人に1人、中学生で38人に1人。中学校では、クラスに1名以上いる計算になる。難しい年代なんだろうけど、やっぱり住みにくい世の中になってきたのかな。

2001年8月10日(金):屋台骨が?

今朝の福島県内には濃霧注意報が出ている。福島県の南端とも言える白河は・・さほどではないが、もやっとした感じ。霧の出ている日は、空気がやさしいので好きである。眩しい陽射しをさえぎってくれるし、適度な湿り気もあって喉にもやさしい。新幹線に乗ってからも、外には、うっすらと霧がかかっている。時々、濃霧の中を走る場合もあるが、雲の中を走り、何処か見知らぬ土地に連れて行ってくれるのかも・・一瞬、そんな気持ちに浸らせてくれる。昨年の家出人は8,906人増の97,268人。30代の伸びが最も高い。失業・生活苦の動機も増えているという。一番の動機は、家庭関係だという。思い返せば、ふっと見知らぬ土地に逃げ込みたいような気分になったこともあるが、一度たりとも家庭関係ではなかっただけ幸せなんだろうなと思う。もっともくつろげるべき家庭にいたたまれなくなったら、それは堪らない事態である。・・会社の同僚女性の無料電子メールサービスに不正アクセスしてメールを覗き見た女性が逮捕。不正アクセスってどうしたんだろうと思ったら、パスワードを覗き見るか何かで知ってアクセスしたということ。ハッキングなど高度なテクニックを用いた訳ではない。こういうことで逮捕されるという認識を皆さんは持たれているだろうか?そんなトラブルに巻き込まれるのも何なので、パスワードの管理はきちんとしましょうということ。まさか、ユーザー名とパスワードをメモして机の上に貼っている方は居ないだろうね。・・「Virtual PC for Windows日本語版」が来月19日より販売される。Macintoshを持っていないので自分で使うことは無いのだが、Windows95/98/Me/NT/2000,MS-DOS,LinuxのOS環境を1アプリケーションとして動作させる。ネットワークなど、エミュレーションするOS毎に設定する必要は無いとしているが、果して、どんな風になるのかな。Windows系でOSがコケルところもしっかりエミュレーションしてくれるかな?と皮肉っぽく見てしまう。でも、1アプリケーションなんでシステム全体の再起動などはしなくて済むかもしれない。だけど、大元がMacintoshだからなあ・・、なんとなく屋台骨の方が心配。このあたり、Cafeさんあたりが詳しそうな話題かな・・。今日は、朝、昼、夕と東京駅を通過する用事があったのだが、帰省客と思しき方々で溢れかえっていた。帰りは終電、ひょっとして座れなかったりしてと覚悟したが、何とか美女の間の席を確保できた。大宮駅で15分も停車するはめに。何でも、遅れた東海道新幹線の乗客で、この新幹線に乗る予定の方が居たらしく、上越新幹線で大宮駅まで来る乗客を待つという説明である。新白河以北の方にとっては最終電車、乗換えが出来なければ困る方もいるのだろう。でも、どういう状況だと、こうして15分も新幹線が待っていてくれるのだろうか?詳しい方、教えてください。

2001年8月9日(木):五百円貯金

共通の知合いを介して学生時代の同窓生と飲む。先方は見たことがあると言っていたが専攻が異なるせいか、自分の記憶には無かった。でも、当時の話が出てくれば、次第に共通の思い出があるから懐かしくなる。また、一年の時に同じ下宿だったM氏と同じ会社で彼ら同士も同期ということで、次回の楽しみができた。M氏は、どんな変貌を遂げているのだろうか?当時、深夜に帰ってきたと思ったら、大袋にもぎたてのリンゴを山・・あれは、どうやってゲットしたのかと未だに疑問である。・・面識が無い方との飲みの席では、どこかの時点で必ず、どこにお住い、どこから通われているかという話になる。昨日の彼もそうだったが、そういえばテレビを見たぞという方が結構いる。昨日、自転車通勤リンク経由でHPに初めて来られた方の感想にも、テレビで拝見したような気がするのですが・・とあった。意外に多くの方が見ていたんだなあと驚く。・・今は新幹線通勤しているから新幹線通勤の日々だが、かつてのように自転車通勤している時代なら、自転車通勤の日々というHPを開設していそうな気がする。新幹線の場合、通勤中に日記を書くことができるが、自転車の場合は乗りながら書くことはできないので、やや更新が大変かもしれない。片道11kmの通勤を約11年間続けたわけだが、それなりにネタはたくさんあった。こんなこと書くと、Ushiさんにたしなめられるかもしれないが、国道17号線を激走していて速度取締りにチェックされたことがある。計器を睨んでいた警官達は、「あれっ・・自転車・・」と不思議そうな顔をして見逃してくれた。あの計器、自転車&人間のような小さなものにも反応するのだろうか?・・また、その日の調子を見極める戸田橋の上り。手前の交差点の信号が青になった時点でダッシュ、坂を上りきったところに交差点があり、そこを青で通過なら絶好調(平地で加速、上りを50km/h超で走りきることが必要)、黄なら調子が落ちている、赤なら不調という訳だ。その速度は良いとして、車道は、自動車専用道路なのである。要人が来日するというその日、いつものようにモガイて戸田橋を上ってみたらパトカー、機動隊バスが各数台ずつ、警官・起動隊員が数十名も待ち構えていて、引き返す訳にも行かずドキッとしたことがある。危険なものなど隠し持てる状況では無いから見逃していただいたが・・いやはや、懐かしい思い出である。もう時効だよね。・・駅売店にトランヴェール(\300)が置いてあった。この雑誌、買うものだとは思っていなかったので少しビックリ。日曜に那須塩原始発の新幹線のこまち車両に乗ると、全座席に、トランヴェールが置かれていたことがあるんだけど・・あれは、定期的にやっているサービスなんだろうか?・・朝、出勤前に娘も起きだす。隣に座って、物欲しそうな顔をしている。ピーンときた。先日、ダウンロードしたイラスト群をプリントアウトして欲しいのだ。10分ほど余裕があったので、A4一枚に20点ほど貼りつけて印刷してあげた。これで終りかと思えば、昨夜も追加でダウンロードしていたらしい。点数を聞くと100点・・おいおい、一枚あたり幾らと課金しようか等と家内と話していると、娘、「お父さんも、たまには、500円玉貯金してよ」。そう、いつ実現するか判らぬ旅行の為に、家族3人で積み立てをしているのだ。自分は参加していない。だって、働いて稼いできた上に、さらに貯金するんじゃねえ・・と、お茶を濁して家を出た。やっぱり、500玉を、たまには入れないとダメかなあ・・。

2001年8月8日(水):定期不携帯

今朝は、ギリギリに駅に到着。ホームにたどり着いたところに丁度、新幹線が入線してきた。あれあれ、並ぶ場所を間違えている列がある。そこは、MAXしか停車しないよ・・。新幹線が停車すると、彼らは、愕然としていた。きっと、ホームに一番早くから来て並んでいたに違いない。良く確かめて並ぼう。今日も涼しく、そして、混雑気味の車内。宇都宮からは、女子学生のグループが乗り込む。まだ空席はあるのだが、なかなか座らない。最低でも二人で並んで座りたいようだ。それは無理だよと思って眺めていたら、自分より年配の方が、すくっと立ちあがって連続した空席を作り、彼女達に譲って、自分は別の空席に移動した。とっても気難しそうな顔をした方だったが、その意外な気配りと優しさに感心してしまった。昨日、今日と続けて、越境止む無しのケースに遭遇。大宮駅から隣に座った方は、思いきり気遣って座っているのだが、物理的に座席の幅におさまらない立派な体躯の持ち主なのである。肘掛がベルトのように体を締め付け、下側の隙間と上の空間から体がはみ出す。これは、仕方がないでしょう。不可抗力なので余りお気になさらずに座ってください。・・数分後に発車する終電に乗るべく時間を気にしながら駅に向かう時、ハッとすることがある。あれ、定期券を会社に忘れてきたのでは・・と。一瞬、背筋が凍る。胸ポケットに手をやれば、いつものように、そこには定期券がある。ホッ。本当に忘れたとしたら、切符を買ってまで白河に帰るだろうか?きっとノーである。自分の場合は、なんとしてでも家に帰ろうというタイプなのだが、切符を買ってまで帰ったとして、「まいったよ。定期券を忘れちゃってさあ・・仕方なく切符を買って帰って来たよ」と言ったら、我が家の反応はどうだろうか。子供達は、「良かったね、間に合って。お父さんが帰ってこれて嬉しいよ・・」と言ってくれると確信している(ややクサイセリフではあるが、少なくとも現時点では・・)。家内は、どうだろうか?・・「往復の切符代を考えたら、東京に泊った方が良かったんじゃないの」、なんていう寂しいことは言わないと思うのだが、それを検証する勇気もないので(笑)、きっとそんな事態では、ノーなのである。思うに、そんな事態になって帰ったとして、喜ばれるのは、どぉやんさんだけかもしれない。いやいや、我が家もそうだという方は、是非、名乗りをあげてみて欲しい。免許不携帯という言葉があるが、定期券でも、定期不携帯という状態を認知してもらったら少しは気が楽かもしれない。定期券を忘れてしまい切符を買って乗車した場合、後日、定期券を提示すれば、全額とは言わないまでも一部手数料を引いた残りをバックしてくれるとか・・。そんな制度を考える前に、忘れたりするなよと言われそうではあるが。・・昨晩は、自宅に帰り着いた時、ちょうど世界陸上の男子3段跳び決勝を放送していた。世界記録保持者とは言え、35歳のエドワーズ。どうしたものかと見ていると、18mにも届くかという大跳躍。スクランブル交差点を3歩で渡ると例えられていたが、またまた人間の能力に感動を覚えた次第。・・娘はと言えば、ネットで見つけたイラストをプリントアウトして欲しいとのこと。ジブリお絵かき掲示板というのがあって、いろいろな方が、ご自慢のイラストをアップしているらしい。息子が言うには、隣の姉の部屋から、「フフフ、カワイイ〜」という声が聞こえてくるので気になり見に行こうかと思ったが、「ボツ・・ボツ・・ボツ・・」という声に変わったので、不気味になり断念したそうだ。娘は、数百点のイラストをチェックしながら、お気に入りの作品の選定作業をしていたらしい。お願いだから、一人で不気味な笑いをするのは、やめてくれ。弟が、トイレに行けなくなるじゃないか。

2001年8月7日(火):東北○大祭

今朝はカーテンを開けても暗い・・曇天、夜半に少し雨が降ったようである。駅に着くと、丁度、自転車ツーリングの軍団が出発するところだった。TOYAMAと書かれたウェアに身を包んでいたので、富山大学の学生さんかもしれない。前・後輪の両側にバッグを付けての重装備。果して今日は何処を目指すのか。もっとも野宿しているのだろうから、どこまで行かなくてはならないという制約もなく、雨が降ったとしても、それなりに楽しいのだろうと・・勝手に解釈した。一緒に走りたいと思いつつ、改札をくぐる。・・LOVE2000(ヒトミ)を良く聞いている。この曲を聴くと元気が出るのだ。だから、自転車に乗る前なども良く聴く。この曲、高橋尚子選手が走る前に聴いていたというのもヒットした要因だと家内から聞いた。恥ずかしながら、今の今まで知らなかった。でも聞いて納得、この曲は間違いなく元気が出る。こうした音楽の助けを借りてその気になるというのは昔からある。古くは、学生時代のチャンピオン(アリス)、ヒーロー(甲斐バンド)、映画音楽ではロッキーのテーマなどもその手か・・。大概が、運動する場合に有効なのだが、仕事に集中できる音楽とかないだろうか?・・息子は一人でトイレをする事を姉から学んだらしい。自分が忘れている位だから当時2歳の息子が覚えているハズもない。そんな話を聞かされて、「ひょっとして、お姉ちゃん、僕のオチンチンを触ったの!?」・・姉「そりゃ、教えるからには、触ったんじゃないの」。息子は相当ショックを受けていたらしい。・・世界陸上(カナダ)男子ハンマー投げで室伏広治選手が82m92cmで銀メダルを獲得。投てき競技では日本人発のメダルという。金メダルの記録が83m38cmというから、金も夢ではなかったようだ。あのハンマーの重さは、どれぐらいあるのだろうか?とかねてより思ってはいたが、今朝のテレビで、一般的なボーリングの球より重い(一般的とは何ポンドなんだろう?)というコメントがあり、ちょいとビックリ。あんな重い球を80m以上飛ばすのかと思って。人間のパワーも凄いものである。・・ロジテックからも15インチ液晶ディスプレイ(オープン価格、実売予想¥48,800)が発売されるらしい。一昨日、メルコのことを書いたばかり。この分だと、15インチ液晶ディスプレイでは、4万円台が目白押しになりそうだ。・・東北三大祭り(青森ねぶた、秋田竿灯、仙台七夕)の最後、仙台七夕祭りが昨日開幕したとのこと。山形では花笠祭り(踊り?)も入れて東北四大祭りと言っていたように記憶する。東北に住んでいながら、仙台七夕を除いて実際に見たことがない。人混み・渋滞を考えると・・なかなか行く気になれない。仙台七夕祭りを見たのは学生時代。実家に帰省中、同じく帰省中の高校時代の仲間達とクーラーも無く今にも壊れそうな軽に乗り込み、仙台まで遊びにいった。パレード見て、夜は飲み明かして、なんと狭い車内に四人で寝て、とっても寝苦しかった事を記憶している。あの若さが無ければ、なかなかお祭りも楽しめない。・・本田技研工業(株)は、ツインリンクもてぎで、“ASIMO WORLD 2001 in もてぎ”(4日〜6日、8日〜14日)を開催。4末に見て感動したP3の実演に加えて、ASIMO君といろいろ遊べるらしいから、都合のつく方は遊びに行かれてはと思う。最終の14日は、“スーパーお盆 花火の祭典”。コースで花火大会&スーパースピードウェイでコースを一周する大盆踊り大会が行われる。

2001年8月6日(月):灰色な越境

今朝は、ホームに並ぶ客が多い。早起きして、お出かけなのだろう。お出かけする方も大変なのだろうが、仕事に向かう自分からは、少し羨ましく見える。TDLに行くのかな?、東京を越して西の方へ行くのかな?、それとも飛行機に乗って・・と、なんか楽しそうである。那須塩原からの乗客は、いつも通りのようだ。那須塩原からは、この新幹線の前後にも多くの新幹線があるから、特定の新幹線に集中したりすることは少ないのだろう。時間が早いせいか、旅行者が多い割に、車内はいたって静かである。大半の方が、早起きした分、或いは、これからの長丁場の移動を考えて、少しでも睡眠をとろうとしているのかもしれない。出掛けには太陽が燦燦と降り注いでいたのだが、那須塩原を過ぎたあたりから曇天に。宇都宮駅からの乗客で車内は満席になる。隣席も埋まる。隣人は、幾分越境気味である。限りなく黒に近い灰色(グレー)である。思いきり越境は許せないととして、このグレーゾーンというのも始末が悪い。気になって仕方が無い。白黒をはっきりつけて欲しい。勿論、白の方に。・・昨日は、壊れていたCDコンポを買い換えた。電器店に行ってみると、家で使っていたような旧式のモデルは何処にも無い。店頭では、型落ちモデルでも、我が家の機種に比べたら数世代も進歩したものを安価に購入。最近は、CD,MDが標準らしく、カセットが無い機種も結構ある。家の車も、CDとMDしか無い。しかし、家内の軽自動車はカセットしかないという理由で、カセットも付いている機種にした。CD挿入口のところに、CD-R/RWという文字が見える。ひょっとして記録できるのかなと、一瞬思ったのだが、さすがに、この価格でそれは無いだろう。きっと、Audioフォーマットで記録したCD-R/RWメディアも読めるよという意味なのだろう。・・最近のマイブーム。それは、冷えた美味しい水を飲むこと。三隅の潤水(めいらく)がお気に入りである。体が水分を欲している時に飲むと、それこそ、五臓六腑にしみわたる感じが実感できる。とっても具合がよろしい。なんかのCMで、人間の体は7割が水分から出来ているというのがあったが、そんなことにも頷ける感覚である。ビールの美味しい季節ではあるが、水の美味しさは、また格別のものだ。

2001年8月5日(日):のんびりと

土日続けてノンビリするのも珍しいことである。鬱陶しいデスクワークを残してはいるんだけど体はだいぶ楽。家内は、市民総体の卓球に参加だ。絶対に応援に来ないで・・と言って家を出ていったが、後で、こっそり覗きに行ってみようかと思う。昨日は、プールを楽しんできたわけだが、寝る頃になって足が気だるくてゴロゴロ・・でも、心地良い疲れのせいか、熟睡できて今朝はスッキリした気分である。プールの後って、体が、とってもサッパリして気持ちがいいんだよね。泳げなくても楽しめるところが笑える。プールの後は、通り道にあるストラックアウトをしてきたんだ。7枚ゲットして残り5球と、久しぶりにパーフェクトの予感だったのに、5球連続失敗。上手く行かないものだ。結果、7枚ゲットが2回、フランクフルト3本とポテト3個に景品交換してもらい・・プール遊びで小腹の空いた家族には、大好評だった。こんな感じで我が家ではストラックアウトには理解があるのだ。食えばわかる・・そういうことかな。・・パソコンに周辺機器を接続する際のインターフェースというとUSBが標準になった感がある。そんなUSB対応の周辺機器(そう呼べるかどうか?)には、変わったものもある。扇風機とアロマポット(アロマオイルをヒーターで発散させるらしい)だ。洒落で作ったのだとは思うのだが、こんなものをパソコンに接続する時代が来るとは、思わなんだ。低価格化もすすむ。パソコン本体が5万を切って久しいが、メルコから15インチの液晶ディスプレイが、\49,800で発売される。・・先日、オフ会を終えたばかりなのだが、早くも次回の日程だけ決めさせていただいた。BBSやオフ会レポートに、既に書いているが、以前からお邪魔してみたいと思っていた、すがpapa邸のお庭をお借りして、ローストビーフ&焼き鳥パーティと言う感じになりそう。すがpapaの承諾もいただき、11月3日の文化の日と決定。東北新幹線組にとっては便利なんだけど、それ以外の方にとっては、地理的に厳しいかと思うけど、お許しいただきたい。有名な観光地でもあり紅葉や温泉も楽しめる時期。

2001年8月4日(土):パンツ姿で

皆で早起きして庭の草むしりをしようという話だったが、幸か不幸か・・朝から雷が鳴り断念。パンツ姿でノンビリすることに。この姿では新聞を取りにいけないので、「ナッツ、新聞取ってきて」と娘にたのむ。すると、娘は、「マサ、新聞取ってきて」。結局、息子が取ってきてくれた。姉の前に弟は無力なのだ。同じ姉を持つ身の自分としては、よく判る。・・今朝は、たちとしさんから恒例の写真アップのお知らせ。今回は熊本編である。火の国、熊本だ。阿蘇山を走ったことを思い出す。外輪山−内輪山−外輪山と地形を実感しながら走った辛くも心地良い思い出。すると、毎週見ている旅サラダでは、天草五橋のドライブ風景が・・おお、ここ走ったことあるぞ・・。同じく訪れた場所でも、車や電車で移動した風景と自転車で移動した風景では一味違うもの。自転車ぐらいの移動速度だと、記憶の中に深く刻み込まれるのではないだろうかと思う。都道府県の中で足を踏み入れていないのは、島根・鳥取。ここを自転車で制覇する日は、いつのことになるのだろうか。・・異常に早起きしてしまって眠れない時には、ある方のチャットにお邪魔したりすることもある。ここには、ネット関係のお仕事で夜更かしされている方が多い。起きたばかりなのは自分だけで、後の方々は、もう少ししたらそろそろ寝ようかという人達。おはようとおやすみが交錯して何とも面白い。このホームページにもお座なりのチャットを設けてある(非アクティブになって久しい)が、気分転換にCGIを変更してみた。たまには、入ってみようかと思うので、気が向かれたら遊びにきてください。・・午後から、鏡石町の町民プールすいすいに行く(紹介ページに登場するお姉さんは、どうして厚底を履いているのだろうか・・やや疑問)。車で40分ほど。町民じゃないんだけど特に制限はない。安くて明るく綺麗で快適。平泳ぎが苦手だった息子も何とか様になる。本当はオヤジが教えて上げられれば良いんだけど・・そのオヤジは、娘に背泳ぎの手ほどきを受ける。どうやっても足が沈んでいく。仕方が無いので、スライダーの速度競争に燃える。

2001年8月3日(金):足を上げて

平均寿命、日本の女性が世界一なのは知っていたが、遂に男性もアイスランドを抜いて世界一になったそうだ。女性84.62歳、男性77.64歳。男女差6.98歳は過去最大。自分達の年代は成人病など大病で命を落とす危険性も増しており、育った時代の食品添加物や公害問題(田舎暮らしの自分には余り関係ないが)で余り長生きできないのではとも言われている。寿命は、神のみぞ知るだが、うまくすると、あと数十年も生きることになるわけで、たまには、自分の一生についても考えてみたほうが良いかもしれない。今朝は、変な時間に目覚めてしまい、あれこれいろんな心配事が浮かんできて眠れなくなってしまった。たまに、こういう事もある。脳天気にホームページを更新しているのだが、一応、人並みに悩みもあるのだ(笑)。ついでに蚊にさされた足も痒い。先日の未来博のナイトファンタジアを見ている時にさされたのだろう。あのような自然の中で素足をさらしてじっとしているのだから、さぞかし、蚊も血を吸い易かったことだろう。蚊は、呼気中の二酸化炭素などを感知して動物を探し、皮膚にとまると超音波センサーで血管の位置を探し、のこぎりのような口を皮膚に挿しこみ(微細だし麻酔機能もあって痛みを感じさせないのだそうだ)血を吸う。人間の手など危険が迫っても風圧センサーで素早く検知して逃げるらしい。良く出来ていると感心。痛みを感じさせないで血を採る仕組みは、健康診断や病院での採血にいかせたら良いのになと思った。・・新幹線を待っていると、後ろに、母娘が並ぶ。娘は東京へ、母は見送りにきたという訳だ。生徒手帳は持ったか?などと確認していた。新幹線が入線してくると、停まる前から列を抜け出しドアに向かって歩きだしたりして、母親に注意されていた。新幹線に並んで乗る経験も無いのかもしれない。車内は、通勤客以外の方が通常より多く窓側の席も空いていない。通路側に座って椅子を倒したところ、窓側のオバサンが、どうやって椅子を倒すのか?と聞いてきた。そう、知らない方に取ってはレバーを引いて椅子を倒すということを知らない方も結構いるのだ。考えてみれば、何の表示も無く不親切といえば不親切なのかもしれない。説明が表示してあっても読まずにダメだと匙を投げる人もいる。家のかみさんである。最近は言わなくなったが、コンビニによって異なるオニギリの包装の開け方でことごとく失敗し、嫌っていた(説明を読めば判るんだけどね)。・・息子の工作が完成したようだ。今時の工作は、光ファイバなどを使ったりして手が込んでいる。数日前には、あと、「おゆまる」が必要だが揃わないと言っていた。何のことやら判らずに、Googleで調べてみると、なるほど・・そういうものか。では、調達してきてやるかと思ったが、反面、ある材料が無いとできない工作に少し反感を覚えた。自分達の時代とは違うのだろうが、身近に転がっている材料でガラクタ工作をしていた頃は、創意工夫を最大限に発揮でき精神的に豊かな時代だと思えたからだ。どうやら、「おゆまる」は断念したらしく、自分なりに工夫して完成させていた。なんかホッとした。見かけは劣っても何の問題も無いよ。・・昨晩は、ぎりぎりで新幹線に駆け込む。急いでいる時に、階段の中央で立ちふさがるカップルが居る。何も、こんな場所に立ち止まって抱擁しなくても良いだろうに、これから福島県まで帰るオヤジの通せんぼをして何が楽しいのか。お願いだから、人通りの無い場所で思う存分やって欲しいものだ。八重洲地下街を走っている小太りのオヤジを見かけた場合、それが私である確率は高い。時間帯は、20:44or21:32の数分前である。走る際に、ヤバイなと思うことがある。それは、時々、駆け出す際の一歩目で蹴躓くことだ。気持ちでは十分に足が上がっているつもりなのに、実際は上がりかたが足りないのだろう。・・車内でふうふうしていると、久しぶりに働き者の車販のお姉さんと会う。一生懸命な人は好感が持てる。こんなことを書いていると、子供達から、「お母さんがいながら、浮気だ浮気だ・・」とからかわれそうだ。よその家庭では、どうなのか知らないが、我が家の子供達は、両親が相思相愛で未だに愛し合っていると思っているらしい。まあ、外れてはいないのだが・・と日記には書いておこう。どうにも、どぉやんさんのオノロケを聞いていらい調子が狂っている(笑)。

2001年8月2日(木):事件な人々

一段落しかけた猛暑だが再び盛り返してきたようで昨日は都内でも35度を越えたようだ。依然、シンドイ日々が続く。ただ、7月の暑さが上り調子だとすれば、これからの暑さは次第に翳っていく下り調子の暑さだと思えなくもない。週末で言えば、明日は月曜日だという日曜の午後の気分である。そう考えれば、残り少ない暑い日々を味わいながら少しは楽しめるかもしれない。名古屋空港では猛暑で滑走路に亀裂が発生し1000平方mほど応急補修したらしい。なんでも、積み重ねたアスファルトの層間の雨水が猛暑で沸騰して水蒸気になり膨張したとのこと。こうなると、子供の頃から知っているレールの膨張は大丈夫かなと頭をかすめる。そんなからみどうかは知らないが、レールの継ぎ目部分の点検を行っていて、東北新幹線(一ノ関−水沢江刺間)のレールの一部が欠けているのを発見したとのこと。数cmの傷がついて欠けていたそうだ。予想どおり、安全性に問題はないという見解だが、鉄のレールが欠けるのは珍しいことらしく原因究明に乗り出したとのこと。また、ダムの水位が下がりはじめ、東海、四国での取水制限、都内の公共施設での節水器具取りつけが始まった。一方、東北地方は、停滞した前線の影響で、各地で大雨となっており、気象台は、山崩れや低地での浸水、河川の増水などに注意を呼び掛けている。雨水を日本国内でうまく融通しあえれば良いのだろうが、うまくいかないものである。・・起きる時間はマチマチなのに、何故か、トイレの時間が集中する我が家。準備を終え入ろうかと思うと、起きてきた家内に先を越されたり・・やむなく違うことして、さあそろそろと思うと娘が入っていたり。何故、集中するのか不思議でならない。二階に子供部屋があるのでトイレも付けたのだが、誰も二階には行こうとしない。マイトイレは一階のトイレと各自が決めているらしい・・。最近、事件な人に遭遇してないなあと感じる。事件な人とは、事件を引き起こす、或いは、事件に巻き込まれる人のことである。そして、この日記の性格上、場所は、新幹線車内か駅構内といったところである。事件な人に出会わない理由としては、新幹線通勤に慣れてしまって、多少のことには反応しなくなったこともあるのかもしれない。また、この暑さで乗客の皆さんが、事件を起こす元気も無いのかもしれない。もともと、通勤者よりは一時的な利用者の方が事件の当事者になることが多いわけで、通勤時間帯の新幹線では、事件は起こりにくいのかもしれない。ましてや、終電などに乗れば、お疲れの方が多く、車内の空気もどよーんとした感じ。せいぜい、もっと北まで行ったところで、寝過し者が出るぐらいだろう。適度な事件は、車内を和やかにするので、愛らしい事件が、身近で起こってくれないかなと思ってしまう今日この頃である。

2001年8月1日(水):キリギリス

月曜日は混むから朝一番の新幹線に乗らねばと起きるまで思っていた。そう、今日は月曜日ではなく水曜日なのである。いささか拍子抜け。休み明けの気分は・・そう、アリとキリギリスのキリギリスの気分である。アリのようにコツコツと働いて、御褒美にもらった休みだと良いのだろうが、取りあえず休みを先にもらって、後はひたすら働かねば・・・そんな気分である。尻に火がつかないと頑張れないタイプなのだ。・・数日ぶりに、新聞やニュースを見たら、相変わらず、悲惨な事故や凶悪犯罪のオンパレード。最近、交通事故者が例年に比べて激減という話を聞いたような気がする(確か・・)が、事件の犠牲者や自殺者はきっと、激増しているのではないだろうか。・・(財)日本青少年研究所が昨日発表した四カ国(日本、韓国、米国、仏蘭西)の高校生意識調査の結果によれば、21世紀は希望に満ちた社会になるか?に対して、Yesは、米国86%、韓国70%、仏蘭西64%、日本34%だという。正直なところ他国のYesが多いように思えてしまうが、この差はショックなことだ。きっとオヤジ世代にアンケートをとっても同じ傾向が出るのではないだろうか?天下のP社、N社、F社、S社ですら、IT不況(いつから不況と呼ばれるようになってしまったのか・・こないだまで景気の牽引役だったのに)で大規模な人員削減を打ち出している。我が、Let's noteシリーズの先行きにも影を落とす(それはないかな・・、でも判らない)。まさしく痛みを伴う状況である。今の時代こそ、地道に、そうアリのようにコツコツ頑張ることが肝要なのかもしれない。・・米ホワイトハウスのサーバーを攻撃するウイルスが、日本時間で本日午後1時に感染拡大期を迎えるらしい。感染するのは、WindowsNTか2000とIISを導入しているサーバ。先日、会社のPCをテスト用に、この構成にしたばかり・・気をつけねば。気になる方は、トレンドマイクロ社のホームページの対策を見て欲しい。・・iモードの迷惑メール問題だが、アドレス変更で対策してもメール送信が可能なパソコンソフトが販売されていることが判明したらしい。被害も確認されているとのこと。いたちごっこか・・迷惑メールを送る相手には怒りを覚えるものの、どうやって送るのだろうか?という技術orテクニックに関しては純粋な興味がある。・・DDIポケットが今月29日から導入するPHS常時接続サービス(AirH”、心太さんが導入すると言っていたような・・)だが、月額料金の引き下げが発表された。当初、\7,000と発表されていたのだが、年間契約割引まで適用すれば、\4,930となる。モバイル多用の自分にとっては、俄然、魅力的に思えてきた。残念ながら、主プロバイダのOCNは対応しておらないが、副プロバイダの@niftyでは、今秋対応予定らしい。


Copyright(c) 1998-2000 Mujina All rights reserved.